(※写真はイメージです/PIXTA)

25年以上『会社四季報』を1ページ目から最後のページまで読み続け、97冊以上を読破した渡部清二氏。同氏は「四季報を読むか読まないか。その差によって、有望企業を見つけられるかどうかが決まる」といいます。『会社四季報』といえば、約2000ページに及ぶ大著。一見、難しい情報ばかり載っていそうに思われます。ところが、実はたった6ヵ所を見るだけで、どんな人でも、これから株価がぐんぐん上がる優良企業を探すことができるのです。“四季報の達人”が、誰も知らない超優良企業を見つける「読み方」を伝授します。

企業情報の「アベジャパン・デラックス」に注目

四季報の企業情報は14のブロックに分けられています。各企業について知るために14の情報はそれぞれ重要ですが、すべて読み込むのは大変ですし、その必要もありません。有望株探しには14のうち6つのブロックを活用します。

 

14のブロックそれぞれにアルファベット(A~N)を当てはめると、そのうち本連載で有望株探しに使うのは、A、B、E、J、N、Dの6つです(図表1参照)。

 

出所:渡部清二著『会社四季報の達人が教える 誰も知らない超優良企業』(SBクリエイティブ)より
[図表1]企業情報ページの6つのブロックを見る 出所:渡部清二著『会社四季報の達人が教える 誰も知らない超優良企業』(SBクリエイティブ)より

 

この6つのブロックを「アベジャパン(A、B、E、J、N)、デラックス(D)」と覚えてください。

 

有望株探しは、基本的に「アベジャパン・デラックス」の6ブロックで完結します。

 

では、アベジャパン・デラックスから何がわかるのか、6ブロックを説明しましょう。

〈Aブロック〉企業概要

Aブロックは、社名、証券コード、特色が書かれている企業紹介のブロックです。証券コードは、上場企業1社ずつに割り当てられている数字で、四季報には数字が小さい企業から順番に掲載されています。

 

【設立】や【上場】の年もここに書かれていますから、「老舗株」を探す際にはこのブロックを確認します。

 

【特色】は、どんな事業を行っているかを説明している項目です。その企業がどんな市場で事業を展開し、どんな強みをもっているかがわかります。

 

特色の欄に「世界首位」「業界首位」「シェア1番」などと書かれている企業は、その分野で優位性をもっているということですから、「優良株」の可能性を秘めています。唯一の技術をもっていたり、大きなシェアを占めている企業は、その分野で価格決定権をもつことができるため、収益が安定しやすくなります。

 

出所:渡部清二著『会社四季報の達人が教える 誰も知らない超優良企業』(SBクリエイティブ)より
[図表2]Aブロックで企業の概要をつかむ 出所:渡部清二著『会社四季報の達人が教える 誰も知らない超優良企業』(SBクリエイティブ)より
次ページBブロック、Eブロック

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は、渡部清二氏の著書『会社四季報の達人が教える 誰も知らない超優良企業』(SBクリエイティブ)より一部を抜粋・再編集したものです。

    会社四季報の達人が教える 誰も知らない超優良企業

    会社四季報の達人が教える 誰も知らない超優良企業

    渡部 清二

    SBクリエイティブ

    難しいことは一切ナシ! 25年間以上『会社四季報』の全号・全ページを完全読破してきた“会社四季報の達人”が、超優良企業を見つける≪超・簡単メソッド≫を伝授!

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ