株価10倍!テンバガー株が生まれやすい「業績回復株」、狙い目の5銘柄【四季報の達人が厳選】 (※写真はイメージです/PIXTA)

会社四季報の中から株価がグンと上がりそうな有望企業を見つけるには、どうすればよいのでしょうか? 渡部清二氏の著書『会社四季報の達人が教える 誰も知らない超優良企業』(SBクリエイティブ)より、有望株の一つ、「業績回復株」の実例を解説します。業績回復株を探す条件は、①減収増益、②赤字から黒字転換が見込める、③景気敏感株 のいずれかに当てはまること。一体どんな企業の株が当てはまるのでしょうか? 筆者が四季報2021年秋号から探し出した5銘柄を見ていきましょう。

①テセック(6337)

<減収増益から増収増益>

21年3月期は対前期比で減収減益、22年3月期(予想)は21年3月期比で増収増益

 

業績:

21年3月期 売上34.5億円 営業利益▲4.5億円

22年3月期(予想) 売上77億円 営業利益15億円

23年3月期(予想) 売上80億円 営業利益15.6億円

 

業種:機械

 

■半年で「株価4倍」を達成した優良株

テセックは、大手半導体メーカーに向けて、ハンドラ(選別装置)や車載パワーデバイスのテスター(測定装置)などを出荷。半導体用ハンドラ分野では国内で上位、個別半導体用テスターも世界トップクラスという力のある会社です。

 

直近の業績は、20年3月期は営業利益が▲0.9億円、純利益が▲1.7億円。21年3月期は営業利益が▲4.5億円、純利益が▲2.9億円でしたが、22年3月期(予想)は、営業利益が15億円の黒字化予想。純利益も12.7億円の黒字予想です。その背景にあるのは、半導体投資の活発化。受注が拡大して黒字転換の足がかりになっています。

 

すでに株価も上昇傾向で、2020年のはじめに700円ほどだった株価は1年半で3500円にまで急騰しました。だいたい4バガー。これが赤字から黒字転換に向かう株の威力です。その後、いったん2000円台まで下がりますが、テセックは、商品分野別のシェアで国内上位や世界トップクラスといった優良株の要素をもっています。

②和井田製作所(6158)

<減収増益から増収増益>

21年3月期は対前期比で減収減益、22年3月期(予想)は21年3月期比で増収増益

 

業績:

20年3月期 売上78.6億円 営業利益17億円

21年3月期 売上42.1億円 営業利益2.9億円

22年3月期(予想) 売上67億円 営業利益9.8億円

23年3月期(予想) 売上78億円 営業利益17.5億円

 

業種:機械

 

■減収減益からいきなり増収増益に至るパターンは、株価が大きく上昇する

和井田製作所は、飛騨高山にある工作機械メーカー。切削工具用の機械と金型用の特殊研削盤を扱い、どちらも国内首位です。

 

21年3月期が対前期比で大きな減収減益。売上は約半分、純利益に至っては8割減。しかし、22年3月期はV字回復して増収増益の予想。その幅が大きく、純利益は2.2億円から7億円で約3倍増。来期予想は11.6億円で、さらに1.5倍をめざしています。

 

赤字企業は「減収減益」の状態。黒字化する場合、「減収減益⇒減収増益⇒増収増益」のパターンより、減収増益を飛ばして「減収減益⇒増収増益」のパターン(つまりV字回復)のほうが株価は大きく上昇する 
【図表】企業の収益サイクル 赤字企業は「減収減益」の状態。黒字化する場合、「減収減益⇒減収増益⇒増収増益」のパターンより、減収増益を飛ばして「減収減益⇒増収増益」のパターン(つまりV字回復)のほうが株価は大きく上昇する 

 

和井田製作所は、中小型株、バリュー株、優良株の要素をもっています。時価総額は83億円と小さく、自己資本比率は75%と高め。また、国内首位の機械もあり、機関投資家にも高く評価されています。こうした条件を踏まえると、タイプとしては、2019年からの2年で株価が10倍以上になったレーザーテック(6920)に近いかもしれないと考えています。

③セレスポ(9625)

<減収増益から増収増益>

21年3月期は対前期比で減収赤字、22年3月期(予想)は21年3月期比で増収黒字転換

 

業績:

20年3月期 売上166億円 営業利益12.1億円

21年3月期 売上43.9億円 営業利益▲18億円

22年3月期(予想) 売上120億円 営業利益4億円

23年3月期(予想) 売上110億円 営業利益3.5億円

 

業種:サービス業

 

■コロナ禍で大打撃を受けたイベント会社だが…

セレスポは、スポーツイベントなどの企画や設営を行う会社。コロナ禍によるイベント中止で大きな打撃を受けた業界の1社です。

 

業績は、コロナ禍の影響で21年3月期に大きく悪化しました。21年3月期は、営業利益で18億円の赤字転落です。ただ、ワクチンの普及とコロナ禍の収束を見据えると、イベントは徐々に再開されると思われます。そう考えると、21年3月期の赤字転落は一時的で、再び黒字化が見込めると考えられます。

④JUKI(6440)

<減収増益から増収増益>

20年12月期は対前期比で減収赤字、21年12月期(予想)は20年12月期比で増収黒字転換

 

業績:

19年12月期 売上992億円 営業利益38億円

20年12月期 売上704億円 営業利益▲45億円

21年12月期(予想) 売上1000億円 営業利益53億円

22年12月期(予想) 売上1050億円 営業利益65億円

 

業種:機械

 

■業績回復が期待される世界一のミシンメーカー

JUKIは、アパレル企業向け工業用ミシンの製造販売会社。この分野では世界1位。家庭用でも3位と、業界で力をもっています。

 

赤字と黒字のブレが大きく、20年は、売上高が300億円近く減って704億円になった結果、営業利益は45億円の赤字転落となりました。ただ、工業用ミシンで世界トップの座を占めているなど、実績のある会社。とくにアジアで需要が大きく、中国での業績回復などを通じて21年は黒字転換に向かっています。株価は、2020年に500円を割り込みましたが、21年からは上昇傾向で800円台まで回復しています。実績がある会社で、業績回復も期待できることから、業績回復株の1つに含めました。

⑤ツカダ・グローバルホールディング(2418)

<減収増益から増収増益>

20年12月期は対前期比で減収赤字、21年12月期(予想)は20年12月期比で増収黒字転換

 

業績:

19年12月期 売上611億円 営業利益64億円

20年12月期 売上271億円 営業利益▲115億円

21年12月期(予想) 売上380億円 営業利益▲29億円

22年12月期(予想) 売上530億円 営業利益40億円

 

業種:サービス業

 

■コロナ禍で需要が低迷した分、その反動で売上高が伸びやすくなる

ツカダ・グローバルホールディングは、ホテルや結婚式場を運営する会社。国内だけでなくハワイやバリなどでも事業を展開しています。

 

 

これもコロナ禍直撃銘柄で、結婚式需要が大幅に減ったことで、20年は売上高が半減し、営業利益、純利益ともに赤字に転落しました。21年もコロナ禍が収束しなかったことから業績は低迷。20年よりは売上高が増え、赤字額が縮小していますが、2年連続で赤字継続の予想です。

 

これは言い換えれば、コロナ禍が収束すれば需要が戻ってきて、業績が回復する可能性が大きいということです。2年にわたって需要が低迷しているので、その分が丸ごととはいわないまでも、反動がついて売上高が伸びやすくなると期待できます。

 

 

渡部 清二

複眼経済塾 代表取締役塾長

 

※本稿は株式投資をする際に参考となる情報提供を目的としています。筆者の経験、調査、分析に基づき執筆したものですが、利益を保証するものではありません。投資に関する最終決定は必ずご自身の判断で行ってください。

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

複眼経済塾 代表取締役塾長 

1967年生まれ。1990年筑波大学第三学群基礎工学類変換工学卒業後、野村證券入社。個人投資家向け資産コンサルティングに10年、機関投資家向け日本株セールスに12年携わる。

野村證券在籍時より、『会社四季報』を1ページ目から最後のページまで読む「四季報読破」を開始。25年以上継続中で、97冊以上を読破。2013年野村證券退社。2014年四季リサーチ株式会社設立、代表取締役就任。2016年複眼経済観測所設立、2018年複眼経済塾に社名変更。2017年3月には、一般社団法人ヒューマノミクス実行委員会代表理事に就任。テレビ·ラジオなどの投資番組に出演多数。

「会社四季報オンライン」でコラム「四季報読破邁進中」を連載。『インベスターZ』の作者、三田紀房氏の公式サイトでは「世界一「四季報」を愛する男」と紹介された。

〈所属団体・資格〉
公益社団法人日本証券アナリスト協会検定会員
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会認定AFP
国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト
神社検定2級、日本酒検定3級

著者紹介

連載難しいことは一切ナシ!会社四季報の達人が教える「誰も知らない超優良企業」

※本連載は、渡部清二氏の著書『会社四季報の達人が教える 誰も知らない超優良企業』(SBクリエイティブ)より一部を抜粋・再編集したものです。
※本連載は、株式投資をする際に参考となる情報提供を目的としています。筆者の経験、調査、分析に基づき執筆したものですが、利益を保証するものではありません。投資に関する最終決定は必ずご自身の判断で行ってください。

会社四季報の達人が教える 誰も知らない超優良企業

会社四季報の達人が教える 誰も知らない超優良企業

渡部 清二

SBクリエイティブ

難しいことは一切ナシ! 25年間以上『会社四季報』の全号・全ページを完全読破してきた“会社四季報の達人”が、超優良企業を見つける≪超・簡単メソッド≫を伝授!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ