サラリーマン大家が家賃収入で得た経済的安定以上の喜びとは

不動産投資によって長期・安定的な収入源を持つメリットははかり知れません。単に、経済的な安定や余裕が得られるだけではありません。それ以上のプラスアルファの効用とは何でしょうか。24,000戸以上を管理する不動産会社の代表の重吉勉氏が著書『不動産投資が気になったらはじめに読む本』(金風舎)で明らかにします。

【関連記事】「2000万円」を貯めても老後不安が解決できない根本理由

家賃収入がもたらすプラスアルファの効用

不動産投資によって収入源を作るメリットは、金銭的な安定や余裕を得られるだけではありません。わたしの会社のオーナー様のお話からは、それ以上のプラスアルファの効用があることがうかがえます。

 

■経済的自由を達成して一番良かったことは、心の余裕

 

オーナー様向け調査では、経済的自由を達成した方にある質問をしています。それは、『経済的自由を達成して一番良かったと感じること』です。

 

自由記述で回答いただいたこの項目で、最も多く挙げられたのは『精神的な余裕』で、次いで『時間的な余裕』『金銭的な余裕』となりました。

 

サラリーマンとして働いている以上、自分の気が向かない仕事をすることになったり、上司・同僚・部下・取引先等との人間関係のストレス、会社の業績不振に伴うリストラの不安といった精神的な負担からはどうしても逃れられないのが事実でしょう。

 

家賃収入という給与とは別の収入の柱があることで、耐えられなくなったら「この仕事、辞めます!」というカードをいつでも切れるという安心感は、わたしたちが思っている以上にプラスに働く側面があるのかもしれません。

 

調査概要 ・対象:当社オーナー様(6月末時点 8,602名)・調査期間:2021年6月18日~25日 ・方法:任意回答 メールにてアンケートフォームを送付し、記名で回答 ・有効回答:25歳~94歳の計1254名 ・回答者の年代内訳:20代20名、30代229名、40代382名、50代394名、60代174名、70代47名、80代以上8名
調査概要
・対象:当社オーナー様(6月末時点 8,602名)・調査期間:2021年6月18日~25日
・方法:任意回答 メールにてアンケートフォームを送付し、記名で回答
・有効回答:25歳~94歳の計1254名
・回答者の年代内訳:20代20名、30代229名、40代382名、50代394名、60代174名、70代47名、80代以上8名

 

■ベーシックインカムの実験が示す継続収入がもたらす効用

 

ここ数年、日本でもベーシックインカム(BI)について言及されることが増えてきました。BIとは、年齢・性別・所得の有無を問わず、すべての人に一定額の現金を支給するという制度の考え方です。海外ではすでに社会実験が行われている国もあります。

 

フィンランドでの社会実験では、ランダムに選ばれた失業者2000人に毎月約7万円が支給されました。あくまでも失業手当ではなく、職が決まっても支給されると確約されていたものです。

 

支給の結果、経済的に余裕が出たのは言うまでもありませんが、プラスアルファの効果も確認されています。それは、健康と幸福面です。BIを支給されていない人たちと比較して、参加者は健康やストレス、気分と集中力に関する問題が少ないことがわかりました。

 

また自分の将来への信頼感と、将来を変えられる自信度が高かったことが明らかになりました。

 

つまり、経済的な安定が人生をよりポジティブに捉えるきっかけとして機能しているのです。

 

とはいえ、BIの実行にあたっては、越えなければならないハードルが山ほどあり、日本において導入を期待するのはまだまだ非現実的でしょう。

 

株式会社日本財託 代表取締役社長

1962年生まれ。石川県小松市出身。早稲田大学社会学部中退。
1990年、株式会社日本財託を設立するが、まもなくバブル景気が崩壊。それまで羽振りのよかった不動産会社が次々と倒産。地獄のような苦しみを味わうなか「生き残るには地道な固定収入が大切だ」と気づき、「不動産業の原点は管理業だ」と確信する。
31年間の賃貸経営サポート業務を通じ、失敗した人を多く見たこと、そして自分自身もバブル崩壊で失敗した苦い経験があることなどから「失敗しないための不動産投資法」などのセミナー活動を積極的に行う。「管理を通じてお客様と一生涯のお付き合い」を経営理念として、日本で最も信頼される不動産会社を目指している。
著書に『中古ワンルームマンションで収益を上げる!』『東京の中古ワンルームを3戸持ちなさい』『中古ワンルームは「東京23区」を買いなさい!』『中古ワンルーム2戸からはじめる家賃40万円稼ぐ黄金の法則』『今すぐ東京の中古ワンルームを買いなさい!』『低金利時代の不動産投資で成功する人 失敗する人』(いずれもかんき出版)がある。
2021年8月末現在、オーナー数は8,677名、24,341戸を管理。年間平均入居率98%という、他社には類を見ない高い入居率を維持している。

日本財託グループ
http://www.nihonzaitaku.co.jp/

著者紹介

連載サラリーマンがはじめての「不動産投資」で成功するノウハウ

本連載は重吉勉氏の著書『不動産投資が気になったらはじめに読む本』(金風舎)から一部を抜粋し、再編集したものです。

不動産投資が気になったらはじめに読む本

不動産投資が気になったらはじめに読む本

重吉 勉

金風舎

不動産投資から得られる家賃収入は、あなたに人生の選択肢を増やしてくれます。 不動産投資で失敗しない物件選びからリスクとその解決法、購入後の賃貸管理と効率の良い物件の増やし方までを、具体的かつ再現可能な方法でご紹…

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

低金利時代の不動産投資で成功する人、失敗する人

重吉 勉

かんき出版

空前の低金利で不動産投資がブームになっています。なかには、頭金ゼロを謳っている投資会社も。 でも、本当に今借金しても大丈夫なのでしょうか。頭金ゼロで何億円もの資産をつくった人の将来は安全なのでしょうか? 本書は…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ