社長の節税の王道「4年落ちの高級外車購入」は本当に得なのか

経営者にとって「節税」は最も重要な課題のひとつです。しかし実際には「税金弱者」ともいうべき、税知識に乏しい経営者も少なくありません。ここでは、税理士YouTuberとして多くの節税動画を公開している田淵宏明氏が、中小企業経営者やひとり社長に向けた節税の基本を解説します。※本記事は『日本一わかりやすいひとり社長の節税』(ぱる出版刊行)より抜粋・再編集したものです。

イラスト:キタ大介

4年落ちの高級外車購入…節税面は有益だが、注意点も

2020年6月30日掲載の記事『社長唖然…商品券を大量購入しても「節税」にならない根本理由』では、「お金がなくなる節税」の7つの具体的活用事例として、「①購入商品の経費性」「②『消耗品』に関する節税の特例」「③減価償却」について解説したが、本記事ではその続きを見ていこう。

 

④「4年落ちの高級外車」の事例から「定率法償却率」を説明

 

中小企業経営者からよく聞かれるのが「4年落ちの高級外車を買えば、節税ができておトクなのか?」という質問。これについての答えは、節税に限って言えばYesだ。しかし、注意すべき点がたくさんあるので、解説しよう。

 

期首(事業年度の初日)に車を買って事業供用した場合、初年度の減価償却費の金額について、3パターンをシミュレーションした(図表1)。

 

※上記例は期首月に購入したケースであり、それ以外の場合は月数按分する必要あり。
[図表1]中古の固定資産の購入 ※上記例は期首月に購入したケースであり、それ以外の場合は月数按分する必要あり。

 

車体価格はいずれも500万円として、Ⓐ新車で購入した場合、Ⓑ3年落ちの中古車を購入した場合、Ⓒ4年落ち以上の中古車を購入した場合で、それぞれ減価償却費を定率法により計算した。

 

結果は一目瞭然! Ⓐは通常通りの償却で初年度償却費として経費に計上できるのは1,665,000円。一方、ⒷやⒸの場合は中古資産であるため、税務上の耐用年数が短縮されるのだ。それぞれ3年、2年での償却計算となる。Ⓑの償却費は3,335,000円であり、Ⓒはなんと5,000,000円! 全額が計上可能なのだ。

 

セツ子★えっ! 何でそうなるの?

 

このカラクリは、法定耐用年数に基づく定率法償却率にある。耐用年数6年の場合、定率法償却率は0.333である。対して、耐用年数2年の場合、定率法償却率は1.000となるのだ。

 

セツ子★普通乗用車の耐用年数は6年だから、4年落ちの中古車だと残り2年ね

 

そう。つまり、100%全額償却が可能になる(なお、年度の途中での購入の場合、月割計算が必要となる)。

 

以上のように、新車で購入するよりは中古車を購入した方が、初年度での節税効果が圧倒的に有利になる。

 

しかし、強調しておきたいのは、トクになるのはあくまでも税務面、それも「購入初年度の節税だけ」を考えたときだけ有利になる点だ。下記のように「トータルコスト」も考慮に入れるべきだろう。

 

●初年度の償却費には大きな差があるが、結局経費に落ちる総額は、ⒶもⒷもⒸもトータル500万円

 

●年数落ちが進んだ車であればあるほど、購入後に多額の修理費用が発生する可能性が高くなる

 

ひとり会社に限らず、会社経営は、決して「節税が全て」ではない。皆さんの目的は、円滑にひとり会社を経営して、利益を獲得すること。その円滑な経営に必要そうであれば、節税対策を検討する。順序を間違えてはいけない。

 

ヒロ税理士★つまり、「経営が先。節税は後!」や

 

もしあなたがボロボロの中古車を買って、その後に修理コストが発生した場合、当然ながらそれは経費となる。節税は可能だが、キャッシュは減る。どちらが良いのか、は言うまでもないだろう。

 

ちなみに、購入ではなくリースの場合、支払ったリース料が経費に落ちる。シンプルでわかりやすい。しかしながら、リース料には金利や税金が含まれるため、トータルのコストは高くなることを覚えておこう。

 

なお、車購入の際、融資を活用することも多いだろう。自動車ディーラーのオートローンを使う人も多いが、一般的に金利が高いものが多く、あまりオススメできない。それなら、メインバンクに相談しよう。一般の設備投資資金として、銀行等からさらに低利で融資を受けることも可能だ。金利コストを削減できる可能性が高いので、オススメする。

ヒロ☆総合会計事務所 代表税理士
株式会社ヒロ経営研究所 代表取締役 税理士YouTuber

“ひとり会社”や中小企業の“節税スペシャリスト”。

大阪府立豊中高校を卒業後、関西学院大学経済学部に進学。大学在学中に税理士試験の勉強を開始する。2000年、大阪市所在・中原会計事務所にて税務申告及び経営コンサルティング業務に携わりつつ、25歳で税理士試験最終5科目合格。2002年、世界4大会計事務所「アーンスト・アンド・ヤング」日本法人にて、国際税務コンサルティング業務を担当。

29歳の時に「ヒロ☆総合会計事務所」を設立。同時に、資格の学校「TAC」の「税理士講座・所得税法」の講師に就任。2017年、『税理士YouTuberチャンネル!!/ヒロ税理士』を立ち上げる。

現在は税務財務のみならず、起業や経営についての講演活動にも注力。

著者紹介

連載最小限の儲けでも最大限にお金を残す!「ひとり社長」の節税術

日本一わかりやすい ひとり社長の節税 〜税理士YouTuberが“本音"で教える〜

日本一わかりやすい ひとり社長の節税 〜税理士YouTuberが“本音"で教える〜

田淵 宏明

ぱる出版

最小限の儲けでも、最大限にお金を残す! これから起業する人も、すでに独立している人も…「ひとり社長」に特化した「節税」の入門書。 所得300万円以上の“個人事業主”は法人化がオススメ!? なぜ、サラリーマンの“…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧