その他 社会問題
連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

色や車種だけで?「あおり運転のターゲットになりやすい車」「なりにくい車」の噂は本当か

軽自動車あおり運転

色や車種だけで?「あおり運転のターゲットになりやすい車」「なりにくい車」の噂は本当か

昨今問題視される「あおり運転」。巷では「白い車はあおられやすい」といった噂が聞かれますが、果たして本当にそうなのでしょうか?

【関連記事】「後ろの車、煽ってきてるな」…危険運転・厳罰化の内容と事前の予防策

白い車があおられやすいという「大いなる誤解」

「うわっ、隣の車、超高級車だ……駐車気を付けなきゃ……」

「後ろのドライバー、さっきから車間距離近くない……?」

「今車線変更するの!?」

 

心当たりのある方も多いのではないでしょうか。イラッとしたり、ヒヤッとしたり、何かと心配になる車の運転。ここ5年ほどで、「あおり運転」は特に関心の高いテーマとなり、2020年6月30日の改正道路交通法では「妨害運転罪」が創設、厳罰化されました。

 

さて、チューリッヒ保険会社の「2020年 あおり運転実態調査」(対象:ドライバー2,230人)では、気になる結果が発表されています。

 

あおり運転された側の車が「軽自動車」28.8%、「コンパクトカー/ハッチバック」22.8%と、サイズの小さい車があおられやすい傾向にあったのです。なお車体の色は「ホワイト」26.3%、「シルバー」25.8%と、白系の車が半数以上。

 

やはり「白い軽自動車」が狙われやすいのでしょうか? 

 

アクサルタが発表した『第68回 「2020年版世界自動車人気色調査報告書』によると、車体人気色1位は「ホワイト」38%、2位は「ブラック」19%、3位は「グレー」15%となっています。

 

白い車があおり運転のターゲットとされているのではなく、①単純に「白い軽自動車」が多いこと、②「あおり運転」のようなマナー違反運転が世間に可視化されてきたこと、が真実といえるでしょう。

 

ちなみにあおった側の車は「ブラック」(27.8%)が最も多いものの、ブラック・ホワイトで半数以上を占める結果となっています。車種は「セダン」(33.5%)、「バン/トラック」(18.3%)など大きめのものが多いことから、大きさには関係があるといえそうです。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ