「58歳・モラハラ夫」と離婚したい「51歳・不倫妻」…2人に訪れた啞然の結末【弁護士の実録】 (※写真はイメージです/PIXTA)

「不倫」「浮気」「離婚」「セクハラ」……銀座さいとう法律事務所には、今日も有象無象のトラブルが舞い込みます。本連載では、齋藤健博弁護士が実際に寄せられた事例をもとに、男女の法律問題を解説していきます。

【関連記事】「不倫じゃない、ストーカーされてるんだ!」…“バツ2夫”勝手な言い逃れの末路【弁護士の実録】

モラハラ夫と離婚したくても「強く言えなかった」ワケ

今回、離婚の相談に訪れたのは専業主婦の伊藤由美さん(51歳/女性・仮名)です。

 

由美さんは、伊藤正明さん(58歳/男性・仮名)と20歳のときにお見合い結婚をして以降、長く同居生活を営んできました。

 

成人したお子さんが3人おり、おばあちゃんでもあります。

 

ただ由美さんは、見た目が40代前半くらいに見えることもあってか、通っていたテニスクラブでよく“モテていた”そうです。正明さんはそれをよく思っていなかったらしく、由美さんが「テニスへ行く」と言うと、興味がないように装いつつも「帰りは何時になるんだ」「どんな職業や大学卒のひとがいるんだ」など、いつも色々なことを聞いてきました。

 

決して『行くな』と言われたことはないそうなのですが、なんとなく雰囲気で、行ってほしくないのだろうなとはわかっていた、と由美さんは語ります。

 

由美さんはテニスクラブに通っているように、スポーツ好きの活動的なタイプですが、正明さんは真逆のタイプでした。子どもたちは由美さんの気質を受け継いだようで、揃って快闊な性格だそうです。

 

正明さんとそもそも性格が合うわけではないこと、そして束縛が嫌だったことを理由に、子どもたちが自立したら離婚したい…とはずっと思っていたそうなのですが、なかなか言い出せない事情がありました。

 

その事情とは、由美さんが31歳のときに「不倫をしてしまった過去」があることです。元彼と再会した際に、しつこく誘われて一度関係を持ってしまったそうです。

 

当時、それを知った正明さんは、相手の男性と個別に話して念書を作成しました。念書には『伊藤正明の妻とは二度と会わない』『もしまた会った場合には罰金500万円』と記載されています。

 

自分が不倫をしたとはいえ、「正直、それを見てから夫が怖くなってしまったんです」と語る由美さん。ただ悪いことをした自覚はあるため、念書の内容にどうこう言うことはできなかったそうです。親族に相談をしても「自分が悪いんだから…」と言われていたとのこと。

 

不倫をしたという十字架を背負った由美さん。その後、離婚したいという思いを抱えながら、我慢し続けることになりました。

銀座さいとう法律事務所 弁護士

2010年、慶應義塾大学総合政策学部卒業。2013年、慶應義塾大学法学部法律学科卒業。2015年、慶應義塾大学法科大学院修了。2015年、司法試験に合格。「不倫」「浮気」「離婚」「男女問題」「セクハラ問題」を中心に、債権回収、企業法務・顧問弁護士、詐欺被害・消費者被害、犯罪・刑事事件、不動産・建築、借金・債務整理などの法律業務全般を取り扱っている。

著者紹介

連載壮絶!弁護士・齋藤健博が見届けた…「ドロ沼裁判事例」

※プライバシーに配慮し、実際の相談内容と変えている部分があります。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ