(※写真はイメージです/PIXTA)

高齢化が急速に進み、いまや世界に類をみない長寿国と呼ばれている日本。人生90年ともいわれ、第二、第三の人生を歩む人も少なくないなかで、健康問題は常にその計画を阻む障壁となります。特に深刻化しているのが「認知症の増加」で、日本が高齢化のピークを迎える2025年には、患者数は700万人を超えるという試算も…。認知症をひとごとにしてはいけません。ここでは、認知症にまつわる看過できない問題を見ていきましょう。認知症の専門医・旭俊臣医師が解説します。

認知症を「ひとごと」にしてはいけない

認知症にまつわる問題は社会的にも見過ごせないほど多岐にわたります。それでも、私たちは認知症をひとごととして見がちです。

 

それは、「自分が自分でなくなる」という恐怖感、家族に大きな負担をかけるという遠慮、治療困難な進行性の病気であるという絶望感などが重なって、認知症から目をそむけたい、認知症を自分自身の問題として考えたくないといった気持ちがあるためと考えられます。

 

まずは認知症を正しく理解すること、疑いが出てきたら早期診断・早期ケアを受けることが個々人においては重要です。

 

さらに、介護負担を軽くするため介護サービスを積極的に利用すること、専門職や介護体験者などと交流することなど、前向きに対応することにより、介護の混乱が軽くなり、認知症の人の状態も落ち着くことは、医療者としての私の今までの経験からも明言できます。

 

 

旭俊臣

旭神経内科リハビリテーション病院 院長

 

【関連記事】

税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

 

年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

 

夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

 

恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

 

親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

 

「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は、旭俊臣氏の著書『増補改訂版 早期発見+早期ケアで怖くない隠れ認知症』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

    増補改訂版 早期発見+早期ケアで怖くない隠れ認知症

    増補改訂版 早期発見+早期ケアで怖くない隠れ認知症

    旭 俊臣

    幻冬舎メディアコンサルティング

    近年、日本では高齢化に伴って認知症患者が増えています。罹患を疑われる高齢者やその家族の間では進行防止や早期のケアに対する関心も高まっていますが、本人の自覚もなく、家族も気づいていない「隠れ認知症」についてはあま…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ