(※写真はイメージです/PIXTA)

本記事は、フィデリティ投信株式会社が提供するマーケット情報『マーケットを語らず』から転載したものです。※いかなる目的であれ、当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。

【関連記事】年明け早々116円超え…「米ドル/円」が118円に到達するための2つの条件

マーケットは「利上げ前」から「利上げ期」フェーズへ

金融市場の変動性が高まっています。しかし、恐れるには足りません。

 

1月21日(金曜日)時点で、ナスダック100指数は最高値から12.9%下落しています。[図表1]は、過去1年の最高値からのドローダウン(=下落率)を見たものですが、10%程度のドローダウンはごく日常的なものです。また、【緑の丸印】で示すとおり、利上げの開始前後ではドローダウンが大きくなりがちです。

 

ナスダック100のドローダウンおよび米国の政策金利
[図表1]ナスダック100のドローダウンおよび米国の政策金利

 

まだまだ強気相場は続くと考えられます。ただし、局面は変わります。「利上げ前」の現在を景気拡大の序盤戦とするなら、今後は「利上げ期」という中盤戦に入ります。

 

野球にたとえると、ここまでは、剛腕の先発投手(=米国大型成長株式)がすごい球を投げ込んできました。しかし、相性が悪いバッター(=引き締め)を前に、疲れがみえます。技巧派のリリーフ投手への交代(=その他の多くの資産への分散投資)を考えたほうがよいかもしれません。

 

資産運用も野球や仕事と同様、チームワークが成功をもたらします。「心配」と「心配する時間」を最小化するためには、分散投資を進めることがよいでしょう。

利上げが続く限り、株価の上昇は続く

景気拡大は続いていきます。上昇相場も続くでしょう。基本に立ち返ると、過去は、利上げが続く限り、株価(S&P 500)は上昇しています。まだ利上げも始まっていません。それは、2000年のITバブルでも同じです。このとき、株価(S&P 500)がピークを付けたのは、利上げが終了した3ヵ月後の2000年8月でした。

 

S&P500
[図表2]S&P500の推移

 

次ページ「利上げが続く限り株価上昇」…利上げはいつまで?

あなたにオススメのセミナー

    【ご注意】
    •当資料は、情報提供を目的としたものであり、ファンドの推奨(有価証券の勧誘)を目的としたものではありません。
    •当資料は、信頼できる情報をもとにフィデリティ投信が作成しておりますが、その正確性・完全性について当社が責任を負うものではありません。
    •当資料に記載の情報は、作成時点のものであり、市場の環境やその他の状況によって予告なく変更することがあります。また、いずれも将来の傾向、数値、運用成果等を保証もしくは示唆するものではありません。
    •当資料にかかわる一切の権利は引用部分を除き作成者に属し、いかなる目的であれ当資料の一部又は全部の無断での使用・複製は固くお断りいたします。

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ