(※写真はイメージです/PIXTA)

本記事は、マネックス証券株式会社が2022年1月21日に公開したレポートを転載したものです。

あなたにオススメのセミナー

    あなたにオススメのセミナー

      各経済予測…いまが一番苦しい時期

      1.先般、12月のFOMCでの経済見通しでは、PCEの中央値が2021年5.3% ⇒ 2022年2.6% ⇒2023年2.3%と低下する予想を示した。

       

      2.米国で最も古い四半期マクロ経済予測であるフィラデルフィア連銀のThe Survey of Professional ForecastersではヘッドラインCPIは2021 Q4の4.6%をピークに、2022年はQ1からQ4にかけて、3.0%、2.6%、2.5%、2.4%と年間で徐々に沈静化する見通し。

       

      3.IMFの世界経済見通しは以下の通り述べている。「我々の予測では、先進国の年間インフレ率は、年末の数か月で平均3.6%のピークに達した後、2022年前半には中央銀行の目標に沿って2%に戻ると考えている。」

       

      4.OECDのインフレ予測は以下の通り。2021年Q4がピークだ。

       

      出所:OECD
      [図表2]Inflection forecast…Total Annual growth rate(%),Q4 2019-Q4 2023 出所:OECD

       

      5.最後にBloombergのインフレ予測である。

       

      出所:Bloomberg
      Peak Inflation?…Inflation is expected to top 7% at the end of 2021-then fall steadily 出所:Bloomberg

       

      要は、今が胸突き八丁で一番苦しい時期なのだ。この苦しいところを過ぎれば、楽になるだろう。

       

      1月20日は大寒の入り(今年は2月3日まで)。一年で最も寒い時期だ。寒さも、コロナ感染拡大も、そして相場も、ここが堪えどころだろう。

       

       

      広木 隆

      マネックス証券株式会社

      チーフ・ストラテジスト 執行役員

       

       

      【関連記事】

      税務調査官「出身はどちらですか?」の真意…税務調査で“やり手の調査官”が聞いてくる「3つの質問」【税理士が解説】

       

      年収600万円「家賃20万円タワマン暮らし」の36歳男性…住まいに関する「2つの悩み」

       

      夫婦合わせて収入「月48万円」だが…日本人の「平均的な暮らしぶり」の厳しい現実

       

      恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

       

      親が「総額3,000万円」を子・孫の口座にこっそり貯金…家族も知らないのに「税務署」には“バレる”ワケ【税理士が解説】

       

      「儲かるなら自分がやれば?」と投資セミナーで質問すると

      あなたにオススメのセミナー

        人気記事ランキング

        • デイリー
        • 週間
        • 月間

        メルマガ会員登録者の
        ご案内

        メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

        メルマガ登録
        TOPへ