資産運用 お金の基礎知識
連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

「ゆとりがなくなってきた」「価格が安いことが最重要」先進国ニッポンのあまりに悲惨な暮らしぶり

統計

「ゆとりがなくなってきた」「価格が安いことが最重要」先進国ニッポンのあまりに悲惨な暮らしぶり (写真はイメージです/PIXTA)

先の見えないコロナ禍。「国民の悲鳴」は、データに表れています。日本銀行『生活意識に関するアンケート調査』より見ていきます。

【関連記事】恐ろしい…銀行が「100万円を定期預金しませんか」と言うワケ

日本銀行『生活意識調査』で見えた国民の悲鳴

日本銀行は年4回、20歳以上の個人を対象にした『生活意識に関するアンケート調査』を発表しています。今月11日、2022年最初となる「国民の声」の集計結果が明かされ、この終わらないコロナ禍、日本人の赤裸々な感情が露わになりました。

 

同調査によると、現在の暮らし向き(1年前対比)について、「ゆとりが出てきた」と答えた人は減少。対して「ゆとりがなくなってきた」との回答は増加しました。

 

【現在の暮らし向き(1年前対比)】

2021年6月

「ゆとりが出てきた」5.3%

「どちらとも言えない」56.4%

「ゆとりがなくなってきた」37.3%

 

2021年9月

「ゆとりが出てきた」6.8%

「どちらとも言えない」55.5%

「ゆとりがなくなってきた」36.3%

 

2021年12月

「ゆとりが出てきた」5.8%

「どちらとも言えない」55.5%

「ゆとりがなくなってきた」40.0%

 

9月~12月の調査にかけて「ゆとりがなくなったきた」が3.7ポイント上昇していることがわかります。先月といえば、オミクロン株の感染がまだ確認されたばかりのころ。12月28日時点の全国の新規感染者数(直近の1週間)は10万人あたり約1.3人に留まっており、街も一定の賑わいを見せていました。

 

対する現在。感染者数は過去類を見ないほど急増し、1都15県の地域にまん延防止等重点措置が講じられています。飲食店は再度自粛を要請され、イベント等の中止も相次いでいる今、「ゆとりがなくなってきた」の割合はさらに増加することが推測されます。

 

同調査では収入の状況についてもアンケートを取っています。現在と1年前を比べて「収入はどうなったか?」、日本人の答えは下記のとおりです。

 

【現在と1年前を比べると…】

2021年6月

「増えた」7.1%

「変わらない」52.0%

「減った」39.9%

 

2021年9月

「増えた」9.0%

「変わらない」50.0%

「減った」38.9%

 

2021年12月

「増えた」7.4%

「変わらない」53.5%

「減った」38.3%

 

総務省1月7日公表の『家計調査報告』によると、勤労者世帯の実収入(2人以上の世帯)は、1世帯あたり481,838円、消費支出は277,029円となっています。前述の調査では「変わらない」と答えた人が半数を超えているものの、「減った」と答えた人の割合は3割強をキープする結果に。2021年、依然として苦しい生活を強いられたことは、データを以て表れています。

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドオンライン事例・解説

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ