給与の心配は不要…世間一般と大違い「教師」の特殊すぎる実態 (※写真はイメージです/PIXTA)

私立高校の教諭としてキャリアを積んだ、株式会社対話教育所の代表取締役・小山英樹氏。本記事では、教師という職業の特殊性に焦点を当て、解説していきます。

【関連記事】頑張って早慶に合格しても「打ちのめされるだけ」という現実

教師集団が「特殊」であることを痛感させられた出来事

九州某県教育センター主催の高校教員研修会で、私はこんな問いかけをしました。

 

「一般的な企業で年間1億万円の売上があったとします。いろんなコストを差し引いて、最終的に会社に残る利益はいくらぐらいでしょうか?」

 

この問いに「30%の3000万円」とか「50%の5000万円」とか答える教師が続出したのです。呆然としました。

 

その瞬間も会場の外の社会では、ビジネスマンや商店主が駆け回っています。それは「3%〜5%」の利益を捻り出すためです。30%も利益を出す会社は、独自性の高い爆発的ヒット商品を有しているか、悪徳業者かのどちらかです。

 

そうした現実から見れば、その教師集団は「特殊」だと言わざるを得ません。しかもこの研修会は、進路指導主任の集まりだったのです。この出来事から、公教育が周囲に張り巡らせた壁の高さを痛感しました。

 

壁を造ることで得られるものがあるのでしょう。しかし、そのままでは壁の中で、教師も児童生徒も滅びてしまうような気がしたのです。

 

私はミッションの一つに「公教育と私教育の壁を取り払う」ことを掲げました。それ以降、私たちが開催する研修・講座やイベントはすべて「公私の交流」をコンセプトにしています。

 

喜ばしいことに、ここ数年で状況は変わりました。公立学校でも教育センターでも、抵抗なく民間の知見を活用するようになってきました。

株式会社対話教育所 代表取締役
一般社団法人日本教育メソッド研究機構(JEMRO)代表理事
一般社団法人日本青少年育成協会(JYDA)会員

1988年、私立高校の教諭として採用。1994年、同校退職後、民間教育機関に入社。コーチングの有用性に早くから着目し、1999年、「教育コーチング」「パパ・ママコーチング」の研究開始。

2005年、日本青少年育成協会教育コーチング事業(講演・研修・認定制度)開始。2016年、株式会社対話教育研究所設立。

2019年、一般社団法人日本教育メソッド研究機構設立。教育コミュニケーション(コーチング、アクティブラーニング)のメソッドを確立し、教師力向上・能力開発プログラムを展開する一方、学校・塾・教育委員会・プロスポーツ・企業等において講演・研修活動を行う。その参加者・受講者は15万人を超える。

主な著書には『この一冊でわかる!アクティブラーニング』(PHP研究所)や、『子どもの心に届く言葉、届かない言葉』(学研)などがある。

著者紹介

連載教室改革~「教師」をもっと楽しむために

※本連載は、小山英樹氏の著書『教室改革』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

教室改革

教室改革

小山 英樹

幻冬舎メディアコンサルティング

「教育コミュニケーション」を実践すれば教師という仕事をもっと楽しめる 校務分掌、保護者対応、職員会議……次々に仕事が湧き出て時間が足りないーー。 教師の本分である教材研究や、生徒の個別対応に割く時間はどんど…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧