書籍詳細

『教室改革』

教室改革

小山 英樹

出版社名:幻冬舎メディアコンサルティング

発行年月:2021年10月

「教育コミュニケーション」を実践すれば教師という仕事をもっと楽しめる

校務分掌、保護者対応、職員会議……次々に仕事が湧き出て時間が足りないーー。

教師の本分である教材研究や、生徒の個別対応に割く時間はどんどん削られ、生徒に勉強の楽しさを教えるどころか、明日の授業案を練ることもままならず、疲弊していく教師たち。

子どもたちが輝き、教師もやりがいを感じる“理想の教室"は「教育コミュニケーション」で実現できる。

かつて高校教師として様々な悩みを抱えていた筆者は、子どもたちへの教育における「対話」の重要性に着目し、授業や面談におけるコミュニケーションの質を徹底的に改善するなかで、子どもたちの生活態度や勉強への向き合い方が変わっていくのを目の当たりにしました。

そして「コーチングと『主体的・対話的で深い学び』が子どもたちの未来を拓く! 」という確信のもと、「教育コミュニケーション」のメソッドを確立し、普及に努め、教育現場を支援してきました。

本書では現代の日本が抱える教育問題について提示するとともに、今後の教育における「教育コミュニケーション」の有効性、メソッド、またそれがいかに教師を支えるかということを、事例を交えて解説します。


株式会社対話教育所 代表取締役
一般社団法人日本教育メソッド研究機構(JEMRO)代表理事
一般社団法人日本青少年育成協会(JYDA)会員

1988年、私立高校の教諭として採用。1994年、同校退職後、民間教育機関に入社。コーチングの有用性に早くから着目し、1999年、「教育コーチング」「パパ・ママコーチング」の研究開始。

2005年、日本青少年育成協会教育コーチング事業(講演・研修・認定制度)開始。2016年、株式会社対話教育研究所設立。

2019年、一般社団法人日本教育メソッド研究機構設立。教育コミュニケーション(コーチング、アクティブラーニング)のメソッドを確立し、教師力向上・能力開発プログラムを展開する一方、学校・塾・教育委員会・プロスポーツ・企業等において講演・研修活動を行う。その参加者・受講者は15万人を超える。

主な著書には『この一冊でわかる!アクティブラーニング』(PHP研究所)や、『子どもの心に届く言葉、届かない言葉』(学研)などがある。

著者紹介

掲載記事

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ