2022年、グローバル市場の見通し(REIT/不動産関連株式)

本記事は、シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社の『マーケット情報』を転載したものです。

【関連記事】2年連続1兆円超え…海外投資家が「日本の不動産」に積極投資を続ける理由

2022年の不動産市場は、特定のサブセクターが牽引

【本記事のポイント】


・原材料価格の上昇と労働力不足が物価を押し上げています。これらの費用を販売価格に転嫁できない企業は苦しむことになるでしょう。
・継続的な供給不足と需要の高まりから、2022年の不動産市場は、特定のサブセクターが牽引するでしょう。
・パフォーマンス水準はサブセクター間で多様化すると予想されます。住宅セクターは、予想を上回るインフレの上昇に直面しても、十分な価格決定力をもち、実質リターンをもたらすでしょう。

価格決定力が2022年の鍵に

サプライチェーンの混乱は商品のインフレを引き起こし、これは現在、労働市場に影響を与えています。不動産市場ではどのセクターでも原材料を使用し、人材を雇用しており、これらのコストを顧客に転嫁できない場合には悪影響を受けます。

 

ただし、貸倉庫、物流施設、データセンター、住宅などの特定のサブセクターでは供給不足が続いており、新規の価値がある供給が限定的なことから、2022年に成長する可能性が高いセクターとなるでしょう。

 

これらの4つのセクターは、現在の環境で良好なパフォーマンスになるとシュローダーでは考えています。これらのセクターは、コストプッシュ型インフレの影響を受けておらず、継続的な需要の恩恵を受けています。

 

住宅

 

住宅セクターは2022年に最も強力なパフォーマンスを上げる可能性があるとシュローダーでは考えています。需要は供給を上回り続けており、金利の上昇は住宅の購入価格および建設費用のさらなる上昇を引き起こします。これは、住宅の新規供給の抑制につながり、手頃な価格での住宅は、資本コストが相対的に低い住宅関連機関を通じてのみ提供されます。 

 

賃貸事業も、すべての市場セグメントで力強い成長を遂げるはずです。米国の戸建住宅の供給は1970年代以来の最低水準となっており、住宅価格は急激に上昇しています。

 

物流施設

 

物流施設セクターには充足できないほど強力な顧客のスペース需要という追い風があります。多くの市場でeコマースは売上高の40%以上を占めており、ラストマイルデリバリーを可能にする立地の良い都市部の物流施設は不足しています。堅調な株価のパフォーマンスは、さらなるリース需要の高まりを背景としていますが、運営ファンダメンタルズも堅調です。

 

デジタル・インフラストラクチャー

 

2022年は、デジタル・インフラストラクチャーが重要な焦点となるでしょう。インターネット接続されたデバイスの急増とソフトウェア需要の増加により、これらの資産は世界経済のデジタル化の中心となります。

 

貸倉庫

 

貸倉庫には多くのポジティブな特性があります。 現在の低水準の供給、強力な価格決定力、および優れた運営プラットフォームにより、このセクターの多くの企業は、ビジネスにコストをかけることなく、より高い販売価格を提示することができます。すなわち強力なインフレヘッジになりえます。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社 執行役員
プロダクト統括

1994年より、国内系、外資系の資産運用会社で年金資産および投資信託運用に従事。主に計量株式、債券、通貨戦略を担当。 2008年、シュローダー・インベストメント・マネジメントに入社。年金基金、金融法人および個人投資家向けに最適なマルチアセット運用プロダクトの紹介を積極的に行い、マルチアセット運用の普及に努めるとともに、投資家向けに幅広く資産運用に関する情報を発信。

シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社のホームページはコチラ

著者紹介

連載【シュローダー・インベストメント・マネジメント】マーケット情報

【ご留意事項】
・本資料は、情報提供を目的としてシュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社(以下「弊社」といいます。)が作成した資料であり、いかなる有価証券の売買の申込み、その他勧誘を意図するものではありません。
・本資料に示されている運用実績、データ等は過去のものであり、将来の投資成果等を示唆あるいは保証するものではありません。投資資産および投資によりもたらされる収益の価値は上方にも下方にも変動し、投資元本を毀損する場合があります。また外貨建て資産の場合は、為替レートの変動により投資価値が変動します。
・予測値は将来の傾向を例示することを目的とするものであり、その実現を示唆あるいは保証するものではりません。実際には予測値と異なる結果になる場合があります。シュローダーは予測値、前提となる仮定、経済および市場状況の変化、予測モデルその他に関する変更や更新について情報提供を行う義務を有しません。
・本資料中に含まれる第三者機関提供のデータは、データ提供者の同意なく再製、抽出、あるいは使用することが禁じられている場合があります。第三者機関提供データはいかなる保証も提供いたしません。第三者提供データに関して、本資料の作成者あるいは提供者はいかなる責任を負うものではありません。
・本資料中に記載されたシュローダーの見解は、策定時点で知りうる範囲内の妥当な前提に基づく所見や展望を示すものであり、将来の動向や予測の実現を保証するものではありません。市場環境やその他の状況等によって将来予告なく変更する場合があります。
・本資料は、作成時点において弊社が信頼できると判断した情報に基づいて作成されておりますが、内容の正確性あるいは完全性については、これを保証するものではありません。
・本資料を弊社の許諾なく複製、転用、配布することを禁じます。シュローダー/Schrodersとは、シュローダーplcおよびシュローダー・グループに属する同社の子会社および関連会社等を意味します。
シュローダー・インベストメント・マネジメント株式会社 
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第90号
加入協会/一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人投資信託協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ