ビビる大木氏は40歳を過ぎてから「お笑い中間管理職」という意識が生まれてきたという。70代、60代の先輩芸人は元気である。年下の後輩芸人たちは自分を追い越していこうとする。どうしたら芸能界で生き残れるのか。ビビる大木氏が焦りのなかで惹かれた渋沢栄一の言葉とは。

【関連記事】ビビる大木も感動!銀座の天ぷら職人が、跡取り息子に「何も教えない」深い理由

「お笑い中間管理職」の意識が生まれてきた

ビビる大木:進まない自転車をこぎ続ける僕たちの葛藤!?
渋沢栄一:時期を待つという勇気も必要だ 走り出す前によく考えよ

 

僕も40歳を過ぎてから、「お笑い中間管理職」という意識が次第に生まれています。僕の上にはたくさんの先輩がいます。たけしさん、タモリさんは70代、笑福亭鶴瓶さん、明石家さんまさんは60代。実際のところ、70代、60代の先輩芸人の方たちはよほど元気で、当面引退しそうにありません。

 

たけしさんやタモリさんになると、僕は幼稚園の頃から見ていた記憶があります。幼稚園のときに見ていた僕は40代半ばになっても、まだ見ています。先輩芸人の方たちと、まだ仕事で一緒になることがあります。普通の会社で60代、70代の先輩がいる職場はあまりないはずです。

 

また、60代のその下の世代には、とんねるずさん、ダウンタウンさん、ウンナンさんなどの50代の方たちが、その少し下にネプチューンさん、くりぃむしちゅーさんの50代前後の方たちがいるわけで、みなさんもすこぶる元気なんです。

 

徳川家康さんの「ホトトギス 鳴くまで待とうホトトギス トホホ」、字余り!

 

僕には、家康さんの気持ちが痛いほどわかります。先輩芸人がたくさんいますから、「いつも後輩だ、若手だ」という感覚が僕には長くありました。現場に行けば、僕より先輩の芸人の方たちがたくさんいますから、つい後輩気質になってしまいます。

 

しかし、自分よりも年下の後輩芸人たちもさらにいっぱいいます。自分でも知らない間に、結果として中間管理職みたいな存在になりました。35歳の頃に、古舘伊知郎さんに指摘された「大木くんは、お笑い中間管理職だね」に、いつまでも「自分が下っ端、一番下にいる」という感じは通用しないことを理解しました。

 

次ページ渋沢の教え「時期を待つという勇気も必要だ」

あなたにオススメのセミナー

    ※本連載は、ビビる大木氏の著書『ビビる大木、渋沢栄一を語る』(プレジデント社)より一部を抜粋・再編集したものです。

    ビビる大木、渋沢栄一を語る

    ビビる大木、渋沢栄一を語る

    ビビる 大木

    プレジデント社

    歴史好き芸人・ビビる大木が、 同郷の偉人・渋沢栄一の遺した言葉を紐解く! 「はじめまして、こんばんみ! 大物先輩芸人と大勢の後輩芸人の狭間で揺れる40代『お笑い中間管理職』の僕。芸人としてこれからどうやって生き…

    人気記事ランキング

    • デイリー
    • 週間
    • 月間

    メルマガ会員登録者の
    ご案内

    メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

    メルマガ登録
    TOPへ