企業経営者の結婚には「婚前契約」が欠かせないといえるワケ【弁護士が解説】 (写真はイメージです/PIXTA)

企業法務に詳しいAuthense法律事務所の弁護士の西尾公伸氏が、起業家や経営者の結婚には婚前契約が欠かせない理由について解説します。

【関連記事】フェラーリは経費…うるさい税務調査官を黙らせた、意外な一言

ビル・ゲイツ氏の離婚で巨額資産の行方が話題に

ビル・ゲイツ氏は、米マイクロソフト共同創業者ですが、世界長者番付の上位に常にその名が挙がることでも有名で、資産総額は1,240億ドルともいわれています。

 

2021年5月、そのビル・ゲイツ氏が24年間連れ添ったメリンダ・ゲイツ氏と離婚をしたことが報道されました。これにより注目されたのは、ビル・ゲイツ氏の巨額資産の行方です※1

 

婚前契約は交わしていなかった

 

婚前契約とは、仮に離婚となった場合の財産分与の内容などについて、婚前に決めておく契約のことを指します。

 

アメリカでは締結することが少なくない婚前契約ですが、報道によるとビル・ゲイツ氏とメリンダ・ゲイツ氏はこの婚前契約を交わしていなかったようです。

 

離婚にあたり資産分割の合意書を作成した

 

離婚にあたり、ビル・ゲイツ夫妻は離婚合意書を作成したようです。分割の割合や内容は2021年12月8日時点では公表されていないものの、今後はこの合意書を基として資産の分割がなされるものと思われます。

 

ビル・ゲイツ氏は無事に合意ができたようですが、仮に婚前契約もなく当事者間で離婚の合意もできなかった場合には、資産の半分近くが分与された可能性もありました。

 

\\2/10開催//
令和4年度税制改正を徹底解説!「日本一富裕層に詳しい税理士」が教える
経営者・企業オーナーのための「節税対策」2022 

Authense法律事務所 弁護士

第二東京弁護士会所属。中央大学法学部法律学科卒業、大阪市立大学法科大学院修了。
ベンチャーファイナンスを中心とした企業法務に注力し、当時まだ一般的な手法ではなかった種類株式による大型資金調達に関与。新たなプラットフォーム型ビジネスの立ち上げ段階からの参画や、資金決済法関連のスキーム構築の実績も有する。ベンチャー企業の成長に必要なフローを網羅し、サービスローンチから資金調達、上場までの流れをトータルにサポートする。
顧問弁護士として企業を守るのみならず、IT/ICTといったベンチャービジネスの分野における新たな価値の創造を目指すパートナーとして、そして事業の成長を共に推進するプレイヤーとして、現場目線の戦略的な法務サービスを提供している。

Authense法律事務所(https://www.authense.jp/)
Authense企業法務(https://www.authense.jp/komon/)

著者紹介

連載Authense法律事務所の西尾公伸弁護士が解説!サステナビリティ経営に欠かせない企業法務のポイント

本記事はAuthense企業法務のブログ・コラムを転載したものです。

参考文献
※1 BBC NEWS|JAPAN:ビル・ゲイツさんとメリンダ・ゲイツさん、資産分割で合意後に 離婚発表=米報道
※2 法務省:財産分与
※3 裁判所:第32表 婚姻関係事件数《渉外》―申立ての動機別申立人別―全家庭裁判所
※4 WOMAN SMART ライフスタイル:「離婚テック」アメリカで続々登場 AIで円満にお別れ

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧