歯科矯正治療「インビザライン」…よい歯科医師を選ぶ裏ワザ【歯科医師が解説】 ※画像はイメージです/PIXTA

アメリカで開発された、新しいマウスピース矯正装置「インビザライン」。口腔内を3Dスキャナーで読み取り、オーダーメイドの透明なマウスピースを作成し、理想的な歯並びになるまでマウスピースを取り換えながら0.25mmずつ歯を動かし矯正していきます。導入する矯正歯科も増えていますが、よい歯科医師を選ぶには注意も必要です。現役歯科医師が解説します。

【関連記事】歯列矯正「ワイヤー」「従来型マウスピース」「インビザライン」どこが違う?【歯科医師が解説】

インビザライン希望者に覚えておいてほしいこと

インビザラインを希望する人に絶対に覚えておいていただきたいのは、インビザラインドクターのなかには世界共通のランクがあるということです。

 

このランクはインビザラインによる症例数をもとに分けられているので「症例数が多い先生のほうが安心できる」といった方などには、医師選びの指針になると思います。矯正認定医であり、かつインビザライン公式の称号をもっている先生を見つけることが望ましいでしょう。

 

ただし、注意しなければならないのはこの症例数は1年ごとにリセットされるという点です。

 

例えば、2019年に21症例の実績があったとしても、翌年には11症例に減った場合には「ゴールド・プロバイダー」から「シルバー・プロバイダー」に下がってしまいます。

 

[図表1]インビザライン・ドクター世界共通の7ランク

 

また、信じがたい話ではありますが、治療計画を自分でつくらず、外部に委託して症例数だけ稼いでいる医師や、治療を途中でやめてしまった患者さんの症例も数に含めている医師もいます。数字だけ見ればランクは上がるので、これをアピールして患者さんに治療をすすめるのです。

「過去の症例をできるだけたくさん見せてください」

こういった罠を見破る方法は簡単です。カウンセリングを受ける際に「過去の症例をできるだけたくさん見せてください」とお願いしてみることです。きれいに改善されている症例写真がたくさん出てきた場合は、一定の水準で治療をしてくれると判断できます。あるいは「治療計画はどなたが立てるんですか」という質問も有効でしょう。自分の言葉でしっかりと治療計画を説明してくれる医師でなければ信用してはいけません。質問したことに対して、少しでも言葉を濁すようであればやめておいたほうがいいと思います。

 

歯科矯正にかかる期間は決して短くありません。何年も通院するのは意外と大変なので、本人の強い意志がないと矯正は続かないのです。そして、強い意志を維持してもらうためには、医師が患者さんのモチベーションを上げることも大切です。

 

もしも「この先生は本当に私の口元のことを一緒に考えてくれているのだろうか……」とか「この先生はいつも無愛想で一緒に治療を頑張ってくれる感じがしない……」と少しでも違和感を覚えた瞬間があれば、別の医院を受診することをおすすめします。治療にかかる費用は決して安くはありませんから、後悔しないためにも実績とランク、そして医師の人柄や相性もふまえて、検討してください。

 

ちなみに、インビザラインはほかの矯正と同様に「保険外治療(自由診療)」のため金額は医院によって異なります。つい「治療費が安いほうがいいや」と考えがちですが、よりよい医療を追求するにはどうしてもコストがかかってしまうものです。

 

また、腕に自信のある医師であれば、わざわざ技術を安売りして患者さんを集めるようなことはしません。ほかと比べて極端に安い場合は、よい治療をするために必要なコストまで削減している可能性も考えられます。金額だけに左右されずに、自分が本当に求めているものはなんなのかを考えたうえで、納得のいく医院や医師を見つけられることを願っています。

 

 

三嶋 一平
医療法人むらつ歯科クリニック勤務医

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

医療法人むらつ歯科クリニック インビザライン・ジャパン公認プラチナステータスドクター

18年間の矯正臨床経験があり、インビザラインを使用した矯正治療のスペシャリスト。矯正治療を広い視野からとらえ、単に歯並びをきれいにするだけでなく、歯並びに影響を与える口周りの筋肉バランスや、噛み合わせのバランスを精密に調整することなどを重要視し、治療の先にある患者さんのハッピーに焦点を当てる治療を行っている。

著者紹介

連載「口元美人」を叶える!インビザライン矯正治療

※本記事は、『口元美人を叶える インビザライン矯正治療』(幻冬舎MC)より抜粋・再編集したものです。

口元美人を叶える インビザライン矯正治療

口元美人を叶える インビザライン矯正治療

三嶋 一平 著
村津 大地 監修

幻冬舎メディアコンサルティング

アメリカで開発されたマウスピース矯正治療“インビザライン"は、患者さんの口腔内を3Dスキャナーで読み取ってオーダーメイドの透明なマウスピースを作成し、マウスピースを取り替えながら歯を動かし矯正していきます。さらに…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ