歯列矯正治療「インビザライン」…具体的な「7つの治療工程」【歯科医師が解説】 ※画像はイメージです/PIXTA

アメリカで開発された、新しいマウスピース矯正装置「インビザライン」。口腔内を3Dスキャナーで読み取り、オーダーメイドの透明なマウスピースを作成し、理想的な歯並びになるまでマウスピースを取り換えながら歯を動かし矯正していきます。ここでは、実際の治療で行われる7つの工程について詳しく見ていきましょう。現役歯科医師が解説します。

【関連記事】「歯が痛い。無料で治療して」…歯科医の無茶クレーム対応は?

まずカウンセリング、その後精密検査を経て治療計画へ

インビザライン治療の流れは7つに分けられます。

 

①カウンセリング

 

初めにカウンセリングを行い、患者さんの歯の悩みや矯正治療への不安、希望などを具体的にヒアリングします。

 

次にiTeroを使って口腔内を撮影し、コンピュータの画面上に口腔内を映し出して、患者さんにお見せします。自分の口のなかを詳細に見る機会はあまりないので、多くの人は「まさかここまでひどかったなんて……」とショックを受けますが、現状を把握することは矯正治療を始めるうえではとても重要なことです。

 

ほかにも医師が口のなかの状態を確認して必要な処置や治療プラン、おおよその治療期間についてもカウンセリング時に説明します。

 

②精密検査

 

カウンセリングのあと、患者さんがインビザラインによる治療を選択したら、治療計画を立てるために次の精密検査を行います。

 

●レントゲン撮影(頭蓋骨や顎の骨、歯根の状態をチェック)

●顔面・口腔内の写真撮影(顔と歯のバランス、歯並びの状態を把握する)

●口腔内のスキャニング撮影(マウスピースの型を取るため)

 

スキャニングしたデータはアライン・テクノロジー社に送られ、3D動画によるシミュレーションが届きます。検査には30~40分ほどかかります。

 

③治療計画を立てる

 

アライン・テクノロジー社から送られてきた動画などのデータをもとに、治療のゴールを設定し、患者さんと共有します。パソコンの画面上で歯を動かす順番や動かす距離、向きなどの計画を綿密に練り、患者さんの合意が取れたらマウスピースの発注をします。

 

【5/28 関連セミナー開催】
10年間「年10%」の利回り保証!「ベトナム初・5つ星スパリゾートホテル投資」の全貌

医療法人むらつ歯科クリニック インビザライン・ジャパン公認プラチナステータスドクター

18年間の矯正臨床経験があり、インビザラインを使用した矯正治療のスペシャリスト。矯正治療を広い視野からとらえ、単に歯並びをきれいにするだけでなく、歯並びに影響を与える口周りの筋肉バランスや、噛み合わせのバランスを精密に調整することなどを重要視し、治療の先にある患者さんのハッピーに焦点を当てる治療を行っている。

著者紹介

連載「口元美人」を叶える!インビザライン矯正治療

※本記事は、『口元美人を叶える インビザライン矯正治療』(幻冬舎MC)より抜粋・再編集したものです。

口元美人を叶える インビザライン矯正治療

口元美人を叶える インビザライン矯正治療

三嶋 一平 著
村津 大地 監修

幻冬舎メディアコンサルティング

アメリカで開発されたマウスピース矯正治療“インビザライン"は、患者さんの口腔内を3Dスキャナーで読み取ってオーダーメイドの透明なマウスピースを作成し、マウスピースを取り替えながら歯を動かし矯正していきます。さらに…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
TOPへ