【歯科矯正治療】「大人になったら手遅れでは?」との疑問に現役歯科医師が回答 ※画像はイメージです/PIXTA

「歯科矯正治療を受けたいが、はたして大人になってから満足な結果を得られるのだろうか?」…矯正治療を考える人の多くが、この点に疑問を抱いているのではないでしょうか。確かに成長過程にある子どもと違い、すぐに結果は現れません。しかし、成長過程の考慮が不要な分、綿密な計画を立てられるというメリットもあります。治療の費用感を含め、現役歯科医師が解説します。

【関連記事】【現役歯科医が解説】歴史100年のワイヤー矯正から、マウスピース矯正の時代へ

成長過程の考慮が不要なので、計画的に進めやすい

矯正の相談に訪れる人のなかには「私の親は幼い頃に矯正治療をしてくれなかった……」とか「大人になってからの矯正治療は手遅れと聞いたことがあるのですが……」といったように「いまからでは遅いのではないか」という不安を抱いている人もいます。

 

大人は確かに、成長期の子どもと比べると歯の移動速度は遅いですし、顎の骨も出来上がっているので時間がかかるのは事実です。しかし、見方を変えれば顎の成長発育の過程を考えなくていいので、治療がより計画的に進められるということです。

 

また、子どものうちは矯正器具を装着するのを面倒くさがったり、口のなかの違和感に耐えられずに泣き出したりすることもあり、どうしても大人以上に努力や我慢を強いなければなりません。小児矯正のほぼ100%が親の希望で開始されるのですが、どんなに親がやる気でも本人が消極的な気持ちのままだと途中で諦めてしまうことも少なくありません。

 

ところが大人になり、自ら矯正を希望する人はその治療の大切さや必要性をしっかりと理解したうえで治療に臨むので、非常にスムーズに進みます。また、「絶対に治す」という決意が見られ、治療に前向きに取り組んでいるようにも思います。

 

事実、私のもとにも「この年になってまた気になり始めたのでインビザラインを試したい」という50、60代の方が相談に来られます。ですから、矯正治療を始めるのに「遅い」などということはありません。「矯正をしたい」と思ったその瞬間が、始め時です。

 

\\1/22開催//
【賃料6~8%保証&物件維持費ゼロ!】
カンボジア・プノンペン「ローカルマーケット投資」の全貌

医療法人むらつ歯科クリニック インビザライン・ジャパン公認プラチナステータスドクター

18年間の矯正臨床経験があり、インビザラインを使用した矯正治療のスペシャリスト。矯正治療を広い視野からとらえ、単に歯並びをきれいにするだけでなく、歯並びに影響を与える口周りの筋肉バランスや、噛み合わせのバランスを精密に調整することなどを重要視し、治療の先にある患者さんのハッピーに焦点を当てる治療を行っている。

著者紹介

連載「口元美人」を叶える!インビザライン矯正治療

※本記事は、『口元美人を叶える インビザライン矯正治療』(幻冬舎MC)より抜粋・再編集したものです。

口元美人を叶える インビザライン矯正治療

口元美人を叶える インビザライン矯正治療

三嶋 一平 著
村津 大地 監修

幻冬舎メディアコンサルティング

アメリカで開発されたマウスピース矯正治療“インビザライン"は、患者さんの口腔内を3Dスキャナーで読み取ってオーダーメイドの透明なマウスピースを作成し、マウスピースを取り替えながら歯を動かし矯正していきます。さらに…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧