歯列矯正「ワイヤー」「従来型マウスピース」「インビザライン」どこが違う?【歯科医師が解説】 ※画像はイメージです/PIXTA

歯科矯正は、世界的にも極めて一般的な医療行為として周知されています。また、その技術は日進月歩であり、患者の負担が少なく効果が得られやすい治療方法が日々開発されているのです。ここでは、歯科矯正治療の歴史の中で最も伝統的なワイヤー矯正、シリコンで型を取るマウスピース矯正、そしてインビザラインについて、それぞれの特徴を解説します。

【関連記事】マリー・アントワネットも結婚前に「歯列矯正」を受けていた!?

アメリカの歯列治療はワイヤーが中心だったが…

インビザラインとは、透明なマウスピースで行う歯科矯正です。アメリカで開発され、1999年にアメリカで販売開始、2006年から日本でも販売が始まっています。現在では、世界100の国や地域で導入され、施術を受けた患者は1000万人にのぼっています(2021年5月現在)。

 

よく「インビザラインと従来のマウスピース矯正はどう違うのか」と尋ねられることがあります。双方の違いの一つはマウスピースの型取り・設計が「デジタル」かそうでないか、ということです。

 

ここ数年でアメリカの歯列矯正の主流は従来のワイヤー矯正からインビザラインに変わってきています。

 

従来のマウスピース矯正は1~2週間ごとに通院し、歯の動きを見ながらその都度、歯型を取り直し、取り替えるマウスピースを作製しなければなりませんが、実はこの歯型を取る作業は、患者さんにとっても医師にとっても負担です。

 

まず、どろっとしたシリコン製の印象材を、患者さんの歯に押し付けます。患者さんにはシリコンが固まるまでじっと待っていてもらわなければなりません。なかにはその不快さに気分が悪くなり、嘔吐感を催す人もいるほどです。

 

しかも歯型を取り外すときに変形してしまったり、シリコンがしっかりと歯に密着していなかったりした場合には、一からやり直さなければなりません。患者さん側、医師側双方の負担が非常に大きいのです。さらに、そうまでして出来上がったマウスピースをいざ装着してみると患者さんの歯に合わなかった……といったトラブルもよく起きていました。

口腔内を「デジタルスキャン」するインビザライン

一方、インビザラインでは「iTero(アイテロ)」という3Dスキャナーを使って口腔内をデジタルスキャニングします。スティック状のカメラで1秒間に約6000枚ものスピードで高速撮影されるため、より短時間かつ精密に口腔内の状況を把握することができるのです。しかも、出来上がったマウスピースはシリコンを使ったときよりもはるかに精度が高く、驚くほどフィットします。

 

さらに「クリンチェック」というシミュレーションソフトなら現在の歯並びはもちろん、どのように歯が移動するのかを3D動画を使ってシミュレーションできるため、治療計画が目に見えて分かります。「治療を続け、こんなふうに歯が整うなら頑張ろう」と患者さんのモチベーションアップにつながります。だからこそ、「こんなに痛い思いをしているのに本当に治るのだろうか……」と不安を抱えながらワイヤー矯正を続けるよりも、結果が出やすいのです。

 

また、従来のマウスピース矯正では、通院のたびに患者さんの歯の状態を確認し、何度もマウスピースを作製する必要ありましたが、インビザラインの場合は、初回のデジタルスキャニングで治療完了までのすべてのマウスピースを作ることが可能です。

 

なぜそんなことができるのかというと、過去にインビザラインで矯正治療を行った世界各国の患者の膨大な症例がデータとして集まっているからです。

 

さらにクリンチェックが優れているのは抜歯をした場合としない場合のシミュレーションの比較もできるという点です。個人的にはよほどのことがない限りは患者さんの歯を抜く選択はしたくありませんが、患者さんにとってはパターンの具体例を見せたほうが、よりよい判断をしてもらえます。もともとインプラントが入っている場合などでも、さまざまなシミュレーションが可能です。

 

インビザラインの症例数が増えれば増えるほどクリンチェックの精度も上がっていきます。100年前からあまり変わっていないワイヤー矯正に対し、インビザラインはものすごいスピードで日々進化し続けているのです。

 

【5/20 関連セミナー開催】
不動産価値創造企業「レーサム」不動産小口化商品、待望の第2弾商品説明会

医療法人むらつ歯科クリニック インビザライン・ジャパン公認プラチナステータスドクター

18年間の矯正臨床経験があり、インビザラインを使用した矯正治療のスペシャリスト。矯正治療を広い視野からとらえ、単に歯並びをきれいにするだけでなく、歯並びに影響を与える口周りの筋肉バランスや、噛み合わせのバランスを精密に調整することなどを重要視し、治療の先にある患者さんのハッピーに焦点を当てる治療を行っている。

著者紹介

連載「口元美人」を叶える!インビザライン矯正治療

※本記事は、『口元美人を叶える インビザライン矯正治療』(幻冬舎MC)より抜粋・再編集したものです。

口元美人を叶える インビザライン矯正治療

口元美人を叶える インビザライン矯正治療

三嶋 一平 著
村津 大地 監修

幻冬舎メディアコンサルティング

アメリカで開発されたマウスピース矯正治療“インビザライン"は、患者さんの口腔内を3Dスキャナーで読み取ってオーダーメイドの透明なマウスピースを作成し、マウスピースを取り替えながら歯を動かし矯正していきます。さらに…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ