【医師の実録】まるで他人事…余命僅かでも平静保った「80代・がん患者の男性」の最期 (※画像はイメージです/PIXTA)

現在、新型コロナ感染拡大の影響で、在宅医療がスタンダードになりつつあります。麻酔科医から在宅医へと転身した矢野博文氏は書籍『生きること 終うこと 寄り添うこと』のなかで、「最期までわが家で過ごしたい」という患者の願いを叶えるために、医師や家族ができることは何か解説しています。

【関連記事】家族の希望が苦しい…「もう十分生きた」80代のリハビリ地獄

80歳・男性患者の要望「年をとったので楽にしたい」

事前の情報ではIさんは医者の前ではあまりしゃべらないとのことでしたが、初診時のIさんは多弁でした。今まで通っていた病院では世間話をしないので楽しくなかったけれど、ここでは何でも聞いてくれて楽しいとのことでした。

 

ただ、話し好きの人が話し出してどうにも止まらなくなったというのではなく、自分のことをとつとつと静かに語るという感じでした。

 

肺がん手術の後遺症で反回神経麻痺があり、声がかすれていましたが、ぽつりぽつりと多くを語ってくれました。

 

毛髪がないので帽子は脱ぎたくない。入院は嫌だった。今後は自宅で過ごしたい。排便はもう一週間ないが、出る気がしないので薬は飲まない。以前は月2回競輪に通っていたが、使うのは5000円までと決めていた。たばこもお酒も好きだったが今はやめている。高校時代はサッカーで全国大会に行った。今は特にやりたいことはないが、年をとったので楽にしたい。あとは死ぬだけ……。

約4年前に甲状腺がんで甲状腺を全摘、その後も…

私たちとかかわる以前に、Iさんには多くの病歴がありました。約4年前に甲状腺がんを患い、甲状腺を全摘出しました。

 

約1年前に肺がんとなり、右肺上葉切除術+リンパ節郭清術を実施しています。そしてその手術から四カ月後に膵尾部がんと多発肝転移が見つかりました。

 

病院で化学療法を続けながら、私たちのクリニックの外来にも通院するという形でのスタートとなりました。病状は病院主治医より本人にも説明されており、余命に関しても「そう長くはない」と説明されていたようです。

食事や排便には無頓着だが、重要な意思決定は淡々と

この初診の2週間後、Iさんは予約時刻より早く、突然外来にやってきました。Iさん宅を訪問した娘さんが、自宅リビングで動けなくなっていたIさんを発見し、外来に慌てて連れてきたのです。

 

聞けば同居している息子さんの用意する食事がほとんど食べられず、ここ数日は満足な食事ができていませんでした。排便は5日なく、ここ1カ月ほどは入浴もしていない状況でした。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

たんぽぽクリニック 医師

1957年7月徳島市生まれ。1982年川崎医科大学を卒業。以後病院で麻酔科医として勤務。

2005年3月よりたんぽぽクリニックで在宅医療に取り組む。休日は釣りなどをして海で過ごすことが多い。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『改訂版 認知症に負けないために知っておきたい、予防と治療法』より一部を抜粋し、再編集したものです。最新の税制・法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

改訂版 認知症に負けないために知っておきたい、予防と治療法

改訂版 認知症に負けないために知っておきたい、予防と治療法

梶川 博、森 惟明

幻冬舎メディアコンサルティング

「脳梗塞・認知症・運動器症候群」 三大疾患 徹底解説シリーズの改訂版! 三大疾患「脳梗塞・認知症・運動器症候群(ロコモ)」を治療・予防することで「寝たきり」と「認知機能低下」を防ぎ、高齢者が自立して健やかな老後…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!