コロナ禍、飲酒量が増えた人が知っておくべき「深酒と認知症」の恐ろしい関係

認知症はタイプ別に症状が異なり、経過も治療も予後も介護の仕方も違ってきます。2025年には65歳以上の5人に1人が認知症になるといわれる時代。家族や身の回りの人が正しい診断を受けているか判断するためにも、認知症についての知識を深めておきましょう。今回は、医療法人翠清会・翠清会梶川病院、介護老人保健施設、地域包括支援センター会長の梶川博氏、医学博士である森惟明氏が、コロナ禍、飲酒量が増加した人が知っておくべき「深酒と認知症」の関係について解説していきます。

【関連記事】医師「放置しないでほしい」食後に眠い…は脳の危険信号だった

予防や治療が可能な「認知症」が存在する!?

認知症の多くは神経変性疾患に起因するので、その進行を遅らせることはできても、治すことはできないのが現状です。しかし認知症の原因の中には予防、治療可能なものが含まれているので、見逃さないことが大切です。

 

認知症の原因である病気の中で、外科的治療の対象となるものとして、特発性正常圧水頭症(3つの徴候としてもの忘れ、歩行障害、尿失禁を呈します)、慢性硬膜下血腫(高齢者の軽微な頭部外傷後には常に念頭に置く必要があります)、脳腫瘍(高齢者の前頭葉腫瘍、特に髄膜腫)の3つが代表的です。

 

認知症を来すその他の病気としては、てんかん、甲状腺機能低下症、ビタミンB群欠乏症、高カルシウム血症、神経梅毒、HIV感染症、薬物や毒物、進行性核上麻痺、パーキンソン病、ハンチントン病、クロイツフェルト・ヤコブ病などがあります。

 

全身状態を正確に診察し、認知症の原因となる病気を鑑別するための検査項目は、甲状腺ホルモン、カルシウム、ビタミン濃度、梅毒やHIV抗体(エイズ:後天性免疫不全症候群)、電解質、血糖、CK(クレアチンキナーゼ)、心電図、胸部エックス線撮影などです。

「アルコール多飲者」が注意すべき認知症とは?

治癒が期待できる認知症の1つに、「慢性硬膜下血腫」を原因とする認知症があります。これは頭を打ったことを原因として発症する病気で、頭を打ってから1~3カ月後に症状が現れ、患者さんの大部分は50歳以上の壮年から高齢者です。

 

頭蓋骨の直下に硬膜という脳表を覆っている硬い膜があります。その硬膜と脳表をつなぐ静脈(架橋静脈)の損傷による出血に、髄液の混じった貯留液(血腫)が血腫被膜を形成しながら増大するとされますが、詳細な機序は解明しきれてはいません。血液は通常、血管の外に出ると固まっていきますが、慢性硬膜下血腫では固まらないのが特徴です。

 

また高齢者やアルコール多飲者に多いという特徴もあり、脳が萎縮することにより脳と頭蓋骨との隙間が大きくなることが関係していると考えられています。

 

外傷の程度が軽く、脳振盪(のうしんとう)程度の意識障害、あるいは軽いため本人が頭を打ったことすら忘れているというケースも少なくない(約30%)のです。飲酒の機会が多かったり、記憶がなくなるまでの深酒をしたりする人は、注意が特に必要です。

 

\\12/4開催//
「フィリピン×シンガポール」世界の富裕層が実践する資産保全術

医療法人翠清会・翠清会梶川病院、介護老人保健施設、地域包括支援センター会長
日本脳神経外科学会認定専門医
日本脳卒中学会認定専門医
日本神経学会・日本認知症学会会員
広島県難病指定医、
広島県「もの忘れ・認知症相談医(オレンジドクター)
日本医師会&広島県医師会
日本医療法人協会&全日本病院協会広島県支部所属。

広島県広島市出身 1957年修道高等学校卒業、1963年京都大学医学部卒。

1964 聖路加国際病院でインタ−ン修了、医師国家試験合格、アメリカ合衆国臨床医学留学のためのECFMG試験合格、1968年京都大学大学院修了(脳神経外科学)医学博士。
1970年広島大学第二外科・脳神経外科(助手)、1975年大阪医科大学第一外科・脳神経外科(講師、助教授)。
1976年ニューヨーク モンテフィオーレ病院神経病理学部門(平野朝雄教授)留学。1980年梶川脳神経外科病院(現医療法人翠清会・翠清会梶川病院、介護老人保健施設、地域包括支援センター)開設。医学博士。1985年槇殿賞(広島医学会会頭表彰)、1996年日本医師会最高優功賞。

著者紹介

医学博士

大阪府立北野高校を経て、1961年京都大学医学部卒。大阪北野病院でインタ−ン修了。

1961年アメリカ合衆国臨床医学留学のためのECFMG試験合格。
1967年京都大学大学院修了(脳神経外科学)医学博士。1968年日本脳神経外科学会認定医。1969年京都大学脳神経外科助手。
1971年シカゴノースウエスタン大学脳神経外科レジデント。1975年京都大学脳神経外科講師。1979年京都大学脳神経外科助教授。1981年高知医科大学(現高知大学医学部)脳神経外科初代教授。
1992〜1999年厚生省特定疾患難治性水頭症調査研究班班長。1992年第2回高知出版学術賞受賞。
1996〜2000年高知県医師会理事。1999〜2001年国際小児神経外科学会倫理委員会委員長。
2000〜2001国際小児神経外科機関誌「Child's Nervous System」編集委員。2000年高知大学名誉教授。著書多数。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『認知症に負けないために知っておきたい、予防と治療法~改訂版』より一部を抜粋したものです。最新の法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

脳梗塞に負けないために 知っておきたい、予防と治療法

脳梗塞に負けないために 知っておきたい、予防と治療法

梶川 博 森 惟明

幻冬舎メディアコンサルティング

高齢になるにつれて発症のリスクが高まる脳梗塞。 国民病ともされる脳梗塞の種類や予防法、治療法を知ることで、ならない工夫、なってからの対応を身に付けましょう。 「三大疾患に負けないシリーズ」第1弾!

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!