「まずお前らが食べろ」寿司屋の大将が番組スタッフに仰天提案

テレビ番組の地方ロケで有名な寿司屋の大将は、「まずお前らが食べろ」と番組スタッフに寿司を食べさせたという。「気遣ってくれているのか」と思ったビビる大木氏がその理由を聞くと、大将の返事とは。※本連載は、ビビる大木氏の著書『ビビる大木、渋沢栄一を語る』(プレジデント社、2020年12月刊)より一部を抜粋・再編集したものです。

【関連記事】ビビる大木も感動!銀座の天ぷら職人が、跡取り息子に「何も教えない」深い理由

「一流のもの」を触れることで分かることがある

道義を忘れ、人間は物欲の奴隷になりやすい
人情の弱点として、利欲の念よりややもすれば富を先にして道義を後にする弊を生じ、過重の結果、金銭万能のごとく考えて、大切なる精神上の問題を忘れて、物資の奴隷となりやすいものである。 
【『論語と算盤』仁義と富貴】

 

■高額の逸品を購入する学び

 

僕の物欲は普通かなと思います。何か特定の物に対する執着は、それほど強くないです。

僕の趣味は広く浅いので、いろいろな物を購入します。スニーカーに興味があるし、Tシャツにも興味があれば、歴史や洋楽ロック、プロレスにも興味があるので、書籍やCDを買います。小説も読むし、マンガも買うし、プロレス人形も買う、その程度です。

 

その程度と言いながら、けっこう物が増えるので、ワイフからは「いらないものを捨てれば」と言われました。この自粛期間中、家の整理をして、自分のものを断捨離しました。断捨離をしながら、25歳くらいのときに、芸人の先輩に言われたことを思い出しました。

 

その先輩はいい腕時計をしていました。100万円するような腕時計です。100万円あったら、車は買える、他のものも買える。当然、先輩はそれを買えるぐらいの収入があったから買ったわけです。

 

僕はその先輩に、「そんな高い腕時計をどうして買ったのですか?」と聞きました。先輩は、「おまえ、良いモノをちゃんと買う経験しろよ」と言ったのです。「購入することで見えてくるものがある。勉強できることがあるから、良いモノはちゃんと知っておけ」と…。

 

一流のものに触れることで、何か幅が出るんです。そこで見えてくるものがあります。

 

ワタナベエンターテインメント 芸人

1974年9月29日生まれ。埼玉県春日部市出身。1995年、渡辺プロダクションに所属し、コンビ「ビビる」を結成。2002年にコンビ解散、以後ピン芸人としてマルチに活躍中。

現在、テレビ東京「追跡LIVE!SPORTSウォッチャー」、テレビ東京「家、ついて行ってイイですか?」、中京テレビ「前略、大とくさん」でMCを務める。

趣味は幕末史跡めぐり。ジョン万次郎資料館名誉館長、春日部親善大使、埼玉応援団、萩ふるさと大使、高知県観光特使など、さまざまな観光・親善大使を務める。

【主な著書】
『覚えておきたい幕末・維新の100人+1』(本間康司・ビビる大木著、清水書院)
『知る見るビビる』(ビビる大木著、角川マガジンズ)

著者紹介

連載ビビる大木、渋沢栄一を語る

ビビる大木、渋沢栄一を語る

ビビる大木、渋沢栄一を語る

ビビる 大木

プレジデント社

歴史好き芸人・ビビる大木が、 同郷の偉人・渋沢栄一の遺した言葉を紐解く! 「はじめまして、こんばんみ! 大物先輩芸人と大勢の後輩芸人の狭間で揺れる40代『お笑い中間管理職』の僕。芸人としてこれからどうやって生き…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧