大阪の下町に「謎のフェラーリ」…誰のもの?友達が指差した先 (※写真はイメージです/PIXTA)

「停まっていたフェラーリを見て憧れ、歯科医を志した」…お世辞にも裕福とは言えない家庭環境から歯科医師になったあづみハッピー歯科医院院長・安積中氏。本記事では、人生を変えることになった同氏の「強烈な体験」について見ていきましょう。

【関連記事】「笑われたことのある人」だけが持つ、「圧倒的な強み」の全貌

「歯医者になったらフェラーリに乗れるんや…」

「めっちゃかっこええなあ」

 

1972年、小学1年生の時のことです。それは運命の出会いでした。

 

友達と一緒に学校から帰る途中、その姿が突然、目に飛び込んできました。

 

輝いていて、一瞬で惚れました。吸い寄せられるように近寄り、気づいたらボディを撫でていました。

 

「こんな形なんや」

「思ったよりも大きいな」

 

友達とそんなことを話しながら、下からのぞいてみたり、中をのぞき込んだりを繰り返しました。私の心を奪った相手、それは紺色のフェラーリ・ベルリネッタ・ボクサー、通称BBでした。

 

当時、小学生の男の子たちを虜にしていたのはスーパーカーです。特に人気があったのが、ガルウイングのランボルギーニ・カウンタックです。ほかにも、ランボルギーニ・ミウラ、デ・トマソ・パンテーラ、ランチア・ストラトス、ポルシェ、ロータス・エスプリ、そしてフェラーリBBなど、名車を挙げればキリがありませんが、子どもたちにはそれぞれ好みのスーパーカーがありました。当然、大人でも買える人はごくわずかで、子どもたちにとっては夢のまた夢だったので、「スーパーカー消しゴム」が大流行し、子どもたちはこぞってコレクションしていました。

 

憧れのスーパーカーの一台が自分の目の前に止まっています。雑誌でしか見たことがなかったイタリアの名車を、まさか大阪の下町で見るとは夢にも思っていませんでした。

 

この日以来、学校に行くのが格段に楽しみになりました。好きな子がいると学校が楽しくなるのと同じように、登下校でフェラーリを見る(たまに触る)のが、なによりも楽しみになったわけです。この出来事は、私の未来を決める出来事でもありました。

 

一緒にフェラーリを見ていた友達が、

 

「歯医者さんて金持ちなんやな」と言います。

 

「なんで?」

 

と私が聞き返すと、友達は「だって、ほら…」と、歯科医院の看板を指差しました。私は、フェラーリに夢中で気づかなかったのですが、そこは近所の歯科医院の駐車場だったのです。

 

「歯医者さんか…。歯医者になったらフェラーリに乗れるんや…」

 

そして、私は決心しました。

 

「よし、歯医者になろう」

 

なんとも単純過ぎる動機ですが、このときから約20年かけて、私は歯医者を目指すことになったのです。

 

目標達成には「笑うこと」が不可欠

歯医者になるという目標ができたことで、私の人生は変わり始めました。貧乏暮らしの日常は何一つ変わっていませんが、いつの日かフェラーリを乗り回す姿を妄想することで、自然と笑顔がこぼれるようになりました。

 

笑うと人は前向きになれます。目標達成では、これが大事です。どんなことであれ、「どうせ自分なんて…」「きっと無理だろう…」と、ふてくされて取り組むより、「やったるで」「見せたるで」と前向きに取り組むほうが良い成果が出るはずだからです。

 

また、生きていればそれなりにつらいことや苦しいことがあるものです。思いどおりにいかないこともありますし、失敗も多かれ少なかれ必ずあります。

 

「もうあかん」「これ以上は無理や」

 

目標に挑戦する過程では、そんなふうに考えてしまう場面が必ずやってきます。私自身、大学受験では二浪し、在学中は一年留年しました。それ以前にも、歯学部に行く学力が足らず、学力をつけるための塾に通うお金もなく、「歯医者は夢で終わるのか」と諦めかけそうになったことが何度もありました。

 

そんなときに助けてくれたのは周りの人たちです。そして、彼らを呼び寄せてくれたのも「笑い」です。「笑う門には福来る」といいますが、まさにそのとおりで笑顔でニコニコしている人のところには人が集まり、知恵、勇気、自信、元気など、目標達成に必要なものも自然と集まってくるのです。

 

笑うチカラは、いわば目標達成の基礎体力です。前向きに考える意識と、苦境にめげない抵抗力と免疫力をもたらしてくれるのです。

 

笑うチカラを身につけるために私が重要だと思うことは次の3つです。

 

1.他人と比べない

人はつい自分と他人を比べてしまいます。うまくいっていないときは「あいつはええなあ」「羨ましいなあ」「それに比べて自分は…」と考え、過度に落ち込んだり、自分を卑下してしまいます。こういう思考に陥るそもそもの原因は他人と比べるからです。その考えを捨てることで、嫉妬や自己憐憫の気持ちが消えます。

 

2.感謝する

「ありがとう」と言われるのは誰でも素直にうれしいものです。一方で、自分から「ありがとう」と相手に感謝を述べるときも、同じくらいうれしい気持ちになります。笑うためには気持ちが満たされていることが大事です。自分に何が与えられ、自分が何をもっているかを認識することで、感謝の気持ちが生まれ、笑顔になります。

 

3.目標に向けて一歩を踏み出す

未来の楽しいことや目標を達成した自分の姿を妄想すると、思わずニヤけてしまうことがあります。

 

「歯医者になったら、きっとみんな驚くやろなあ」

 

当時の私もそんなことを妄想し、自然と顔がニヤけました。

 

ただ、ニヤニヤするだけでも笑いの効果はあるのですが、目標達成に近づいている実感があると、さらに気分が良くなり、笑えるようになります。そのためにも、小さなことでもいいので行動を起こし、積み重ねていくことが大事です。

他人と比べる思考が薄れていった「母の口癖」

1つ目に挙げた「他人と比べない」という思考を、私は母から学びました。学んだというより、刷り込まれたといったほうが正確かもしれません。事あるごとに、母に「よそはよそ、うちはうち」と言われて育ったため、その繰り返しによって人と比較する思考が薄れていったのです。

 

私の家が貧乏であることは幼い頃から分かっていました。ただ、そうはいっても子どもです。2Kの風呂なしの団地だったので、銭湯通いが日課でしたが、そこで友達がコーヒー牛乳を飲んでいれば、自分も飲みたいと思います。しかし「よそはよそ、うちはうち」です。

 

「オカン、俺もコーヒー牛乳飲みたい。買(こ)うて」

 

風呂上がりに母親に頼みますが、答えは決まって「アカン」です。

 

「家に帰ったら麦茶があるやろ」

 

と一喝されます。

 

友達が「新しいおもちゃを買ってもらった」と自慢すれば、自分も欲しいと思います。

 

「オカン、みんなこのおもちゃもってんねん」

 

そう言っておねだりすると、答えはもちろん「アカン」です。

 

「みんな、とちゃうやろ」と言います。

 

「みんな」がもっているわけではない。もっていない人もいる。だから、買わない。この理屈でピシャリ、です。

 

そう言われてしまうと、私はそれ以上何も言えません。確かに、みんながもっているわけではなく、クラスの何人かがもっているだけで、もっていないのは私だけではないからです。

 

こういうやりとりを日常的に繰り返していくと、あらゆる事柄において、友達と自分を比べることが少なくなっていきます。誰かを羨ましく思う気持ちや自分の境遇を恨む気持ちは、誰かと自分を比べることから生まれます。それがなくなっていくことで、やっかみが消え、妬む気持ちが消え、自分の不遇を恨むこともなくなっていったのです。これは今思えば、笑うチカラの下地づくりでした。

 

人は2つの感情を同時にもつことができません。笑って楽しい気分になるためには、まずは妬んだり卑屈になったりする気持ちと、そのようなネガティブな気持ちを生み出す、人と比較してしまう思考を変える必要があります。

 

私は、母からの日常的な「よそはよそ、うちはうち」の刷り込みにより、友達を羨んだり、自分の境遇を卑屈に感じることがなくなりました。結果、楽しいことを「楽しい」と感じたときに、素直に笑えるようになったというわけです。

 

また「よそはよそ、うちはうち」という刷り込みは、突き詰めていえば、自分のことに集中しなさいという教えだったとも思います。その教えがやがて、人と比べることなんてせずに、「歯医者になる」という自分の目標を大切にして、自分のことだけに集中して取り組んでいくことにもつながっていきました。

 

 

安積 中

あづみハッピー歯科医院院長

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

あづみハッピー歯科医院 院長

生まれ育った家庭は裕福でなかったが、小学生時代に近所の歯科医院に停まっていたフェラーリを見て憧れ、歯科医を志す。

1981年大阪府立北野高校に入学するものの、学業に身が入らず大学受験に失敗。浪人時に一念発起して勉学に励み、福岡県立九州歯科大学に合格。

1993年大学卒業後、5年の勤務医と3年の雇われ院長を経て、2002年大阪市平野区にてあづみハッピー歯科医院を開業。

気取らない、庶民感覚の対応を心掛ける「町の歯医者さん」を目指している。

著者紹介

連載人生を切り開く笑いのチカラ

※本連載は、安積中氏の著書『人生を切り開く笑いのチカラ』(幻冬舎MC)より一部を抜粋・再編集したものです。

人生を切り開く笑いのチカラ

人生を切り開く笑いのチカラ

安積 中

幻冬舎メディアコンサルティング

人生における失敗や挫折を「笑い」に転換するための思考法とは? 日本人の4人に1人は何かしらの不満を抱えています。 老後の未来には年金不安と健康不安が待ち受けており、それに加えて、昨今ではコロナ禍での鬱々とした…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧