認知症で施設入所の高齢父が再婚!?…資産家一族に降りかかった「後妻業」トラブル (画像はイメージです/PIXTA)

認知症を患い、施設に入所していた父が亡くなり、相続手続きを進めていると、半年前に再婚していたことが発覚。父亡き後、本人の意思は確かめようがありませんが、状況から見て、遺族である子どもたちは大いに疑念を抱いています。果たして父親の婚姻を無効にすることはできるのでしょうか。長年にわたり相続案件を幅広く扱ってきた、高島総合法律事務所の代表弁護士、高島秀行氏が解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

認知症で施設に入所していた父が「再婚」していた

Aさんには、長男Xさん、長女Y子さんがいます。Aさんの配偶者であるBさんはすでに亡くなっています。

 

Aさんが、自宅(1億円)、貸マンション(2億円)、預貯金(3000万円)、株式等(3000万円)を残して亡くなりました。

 

XさんとYさんは、Aさんが亡くなったので、相続手続をするために、Aさんの戸籍を取ってみると、Aさんが、亡くなる半年前にCさんと婚姻をしていることがわかりました。Aさんは亡くなる1年くらい前から認知症で日常生活がひとりでできなくなり、施設に入所していました。

 

XさんとYさんは、どうしたらいいでしょうか。次の選択肢①②から選んでください。

 

①XさんとY子さんは、Aさんの相続人として婚姻無効確認訴訟を提起し、Cさんとの婚姻を無効とすることができる。

 

②婚姻無効は、婚姻の当事者であるAさんしか主張できないので、Xさん、Y子さんはどうしようもできない。

 

\\12/18開催//
【緊急開催】“小口の好立地不動産投資”で実現する賃貸経営リスクを抑えた「相続対策」講座
シリーズ第6弾「セレサージュ目黒ウェスト」の全貌をいち早く公開!

高島総合法律事務所
代表弁護士 

1965年生まれ。慶応義塾大学法学部法律学科卒業、1994年弁護士登録。第一東京弁護士会所属。現在、高島総合法律事務所、代表弁護士。

不動産会社、個人の資産家等の顧問を務めており、『相続・遺産分割する前に読む本―分けた後では遅すぎる!』、『訴えられたらどうする!!』、『企業のための民暴撃退マニュアル』(以上、税務経理協会)などの著作がある。

「遺産相続・遺留分の解決マニュアル」をホームページに掲載している。

著者紹介

連載相続専門弁護士が解説!よくある相続トラブル実例集

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!