80歳になれば大差ナシ…50代で見えてくる「最終的な着地点」 (※画像はイメージです/PIXTA)

50代にもなると、自分が人よりかなり置いて行かれていると感じる局面が増えてきます。しかし、面白いことに、長い目で見ると、学歴がスゴイ人、大手企業にいる人、デカイ家に住んでいる人、巨万の富を得ている人、それぞれ80歳くらいの最終的な着地点にそう大きな差はないようです。焦らず、威張らず、腐らずの気持ちが大事だという。※本連載は松尾一也著『50代から実る人、枯れる人』(海竜社)の一部を抜粋し、再編集したものです。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

「その時々の季節を愛でる」という習慣

▼枯れる人=今を生きていない「モチベーション」

 

これは現代では重要なキーワードです。

 

生きる動機づけ、生きる意味、心のモーターをどう回すかを常に工夫していかないと心身ともにもたない時代になってきました。

 

昔は自然とともに生き、あまり悩まずとも自分の天命を生きられたのではないでしょうか。

 

そこでもう一度、大切にしていきたいことに「歳時記」があります。

 

歳時記とは古来から、四季折々の季節の言葉と心を集約した、和歌や俳句などに使われる実践的な用語の集大成、いわば日本人の季節のバイブルです。

 

人生には嬉しいこともありますが、悲しいこと、悔しい思いをすることもたくさんあります。

 

気持ちが乗らない日だって山ほどあります。

 

しかしそんな中でも、日本人は美しい四季とともに生きています。

 

風の音、光の具合、緑の匂においなどで季節のうつろいを感じて、日々心あらたに希望を見出すところに人生の妙味があります。

 

私の心には、父の葬儀を終えた翌日、仕事に行く真冬の朝、「父はもうこの世にはいないんだ」という寂寥感の中、突き抜けるような青空と冬木立を見上げて「きっと桜が咲くあたたかい春が来る……」という小さい希望を胸に駅までの道を歩んだ記憶が今でも鮮明に浮かびます。

 

日本人は特に季節の変化に癒されるものです。

 

私の好きな書家の紫舟さんの詩をご紹介します。

 

春が優しくて日々に喜び有り
夏はまぶしくて日々に楽しみ有り
秋は香り高く日々に感動有り
冬は空を仰ぎ日々に幸有り
あたたかな太陽が心を解かし
光輝く月は未来を照らす
──紫舟

 

めぐる季節を味わい、今を生き切る精神を取り戻すことに救いがあるものです。

 

まさに「前後裁断」といって過去、未来を断ち切って、「一日一生」今日一日の中に一生がある気持ちで生きることが50代活性化のポイントです。

 

歳時記を手にとり、今日はどんな日かを味わい、二度とない今日を生き切ってみましょう。

「明日の準備を怠らない」シンプルなルーティン

▼枯れる人=あてにならない長期計画に酔う

 

「遠くを見ない、明日だけ見つめる」

 

これは歌舞伎役者の坂東玉三郎さんの言葉です。

 

長年、芸を磨き、大役を演じ続ける玉三郎さんならではの珠玉のメッセージです。

 

いつも明日の舞台で精一杯なのでしょうね。

 

仕事をしているとどうしても中期計画、長期展望を求められて、その答えを考え続ける作業に追われます。

 

株式会社ルネッサンス・アイズ 

1961年東京都生まれ。大学時代より安岡正篤、中村天風のセミナーを受講、あわせて世界各地を旅して「人間教育」に目覚める。富士通を経て、株式会社ルネッサンス・アイズを設立。

26歳で起業以来、「人間学の探求」をライフワークに、日本をリードする人物の講演会などを数多くプロデュース、現在では800名を超える講師陣ネットワークを築く。

また、自身も本物の人物から薫陶を受けた英知をわかりやすく伝え、人間力・リーダーシップ・モチベーション・コミュニケーションなど「人と組織の成長」にフォーカスしたテーマで日本各地を講演している。次世代リーダー育成スクール「Nexting」を展開中。

著書に、『出逢い力─あなたに逢えてよかったと言われる人生』(明日香出版社)、『トップリーダーが実践している奇跡の人間育成─大差を微差に縮め、微差を大差に広げる技法』(きずな出版)がある。

著者紹介

連載人生100年時代で差がつく!50代からの人生マネジメント

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧