▲トップへ戻る
一時的な銘柄の「乗り換え」で大きな利益を得た事例

前回に引き続き、資金30万円を元手にした「30万円コース」を例にとり、保有銘柄を売却するか、保有継続するかの判断方法を見ていきます。

少ない資金だからこそ「乗り換え」が重要に

前回に引き続き、今回は、資金30万円を元手にした「30万円コース」を例に取り、売却か保有継続かを判断したポイントを説明したいと思います。

 

②KLab(3656)

 

バンダイを売却して得た資金の一部で乗り換えたのはKLab(3656)という中堅どころのゲーム企業でした。

 

<買い推奨をした日>

 

2013年6月24日

 

<買い推奨株価・株数>

 

792円(6月24日の高値は889円、安値は745円)/100株

 

<買い推奨をした理由>

 

買い推奨日の6月24日の前々日に、5月の月次業種が黒字に転換と発表され、上昇開始。以前から注目していて材料待ちだったため、資金の少ないコースでも少しでも買い推奨した方がよいと判断。最低単位の100株で参戦。

 

☆藤村コメント・・・30万円コースは資金が少ないところからのスタートのため、約8万円でも可能性に賭けたほうが得策と判断。バンダイを売ったからこそ買えた銘柄で、乗り換えが有効に効きました。

 

[図表]バンダイナムコホールディングス

<売買のまとめ>

●買い推奨日・株価 2013年2月21日1500円

●売り推奨日・株価 2013年6月24日1563円

●上昇率 +4.2%

●利益(200株)1万2600円

※売買のタイミングは弊社で扱っているコースの一例です。

乗り換えは「乗り換えたその日」に効果が現れる

<その後の展開>

 

約3週間後(7月16日)売り推奨株価1360円上昇ピッチが速く動きは一方通行で、途中からはバブル状態になったため、短期間で利益を確定することが得策と判断。早めの利益確定となりました。買値からの上昇率は+71.72%

 

<まとめ>

 

バンダイナムコホールディングスとKLabとの比較で、一時的にでも乗り換えを行えば資金効率が上がると判断したことで大きな利益を得られました。株数を少なめにしたからこそ、思い切ることができ、たった3週間でそれまでの停滞を打ち破ることができました。

 

乗り換えは、乗り換えたその日から効果がてきめんに現れます。その典型的なケーススタディと言えます。

 

この話は次回に続きます。

ライジングブル投資顧問株式会社 代表

1965年生まれ。横浜市立大学経営学科卒業。1990年太平洋証券(現・三菱UFJモルガンスタンレー証券)入社、証券営業を経て1996年より投資情報部で証券アナリストとして勤務。合併により2000年よりUFJつばさ証券(現・三菱UFJモルガンスタンレー証券)に勤務し、最終役職はUFJつばさ証券部長代理。独立後、2003年6月にライジングブル投資顧問株式会社を設立。中国株、日本株情報サイトを運営し、会員向けに株による財産形成を総合的にサポートしている。Yahoo! ファイナンス 投資の達人、All About株式ガイド。

著者紹介

連載資金を巨額資産に大化けさせる銘柄「乗り換え」株式投資法

本連載は、2016年2月1日刊行の書籍『資金30万円を巨額資産に大化けさせる銘柄「乗り換え」株式投資法』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。本書のケーススタディと本文で取り上げた銘柄の売買タイミングは、すべて「ライジングブル投資顧問」で提供している売買サポートの一例です。売買タイミングは、各コースで異なります。投資はご自分の判断で行ってください。本書を利用したことによるいかなる損害などについても、著者および幻冬舎グループはその責を負いません。

 

 

資金30万円を 巨額資産に大化けさせる 銘柄「乗り換え」株式投資法

資金30万円を 巨額資産に大化けさせる 銘柄「乗り換え」株式投資法

藤村 哲也

幻冬舎メディアコンサルティング

給料がなかなか上がらない、預貯金をコツコツ貯めてもほとんど増えない――。資産運用の難しい時代です。株式投資は、実は資産を安定的に大きく増やせる“堅実”な運用術です。安定運用のコツはただひとつ。上手に銘柄を「乗り…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧