公と私以外の〈わたし〉…コロナ後に問われる「個」の存在意義

デジタルシフトが進み、リモートワークなどが普及した現在は、これまでの時代よりも「個」としての自分を強く問われる時代になります。自分を構成する要素としての「個」とは、いったいどのようなものなのでしょうか。※本連載は、久恒 啓一氏の著書『50歳からの人生戦略は「図」で考える』(プレジデント社)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

〈わたし〉は、公・私・個、3つの軸でできている

民主主義は一人ひとりの「個」としての自立を前提とします。

 

Zoomの世界など、デジタルシフトが進む昨今では、あらゆる制約にとらわれない「個」の存在がこれまで以上に問われるようになります。

 

では、「個」の存在とは、どのようなものでしょうか。現実の世界を生きる〈わたし〉は、3つの軸で成り立っています。それは、「公」と「私」と「個」です(図表参照)。

 

[図表]人生=公人+私人+個人

 

「公」は、国や社会、所属する組織などに関する立場やことがらのことです。ビジネスパーソンの場合、「公=仕事における〈わたし〉」と考えていいでしょう。

 

「私」は「公」を離れた私生活における立場やことがらのことです。結婚をして家庭を持っていれば「私=家庭における〈わたし〉」が中心になるでしょう。

 

結婚しておらず、家庭を持っていなければ、親兄弟姉妹などとの家族関係、恋人や友だちとの関係が大きな比重を占めるでしょう。

 

「公私混同」「公私のけじめをつける」「公私ともどもお世話になっています」といった表現があるように、「公」と「私」は日常的に意識されます。

 

ここに、もう1つ加えなければならないのが、「個」の概念です。公人は「仕事をする〈わたし〉」、私人は主に「家庭のなかでの〈わたし〉」であるとすれば、個人は「自己としての〈わたし〉」といえるでしょう。

 

よく、働き盛りの子育て世代は、「公」と「私」にほとんどの時間とエネルギーをとられ、「個人としての時間がない」などといいます。この場合の個人としての時間の対象になるのは、趣味であったり、自己学習であったりするでしょう。

 

ただ、ここでいう「個」は、もう少し深い意味を持ちます。「自分は何者であるか」というアイデンティティー、「自分は何のために生きるのか」「どうありたいか」という存在意義を表す。ひと言でいえば、「主体的な自己」を意味します。

ポストコロナの時代では、より「個」の自分が問われる

ここで注目すべきは、ポストコロナ社会における働き方の変化は、この「公・私・個」のトライアングルにどのような影響を及ぼすのかということです。

 

テレワークによるリモート勤務が世界的に広まり、日本でも多くの企業が一定割合で継続させる動きを見せています。各種の調査によれば、在宅勤務経験者の9割が継続利用を望み、「通勤がないため時間が有効に使える」と答えています。

 

働き方のニューノーマルとして、リモート勤務や在宅勤務が定着していったときに生じる変化は、自宅で「公・私融合」の状態が生まれることと、自由に使える時間が増えることです。ここで、これまで以上に問われることになるのが「個」の存在です。

 

毎日通勤するこれまでのノーマルでは、職場でn人のなかの1人、すなわち、「n分の1」として仕事をするため、日常的には「個」を意識しなくてもすみます。

 

これに対し、在宅勤務は「1分の1」の世界であり、仕事における「個」を意識させられる機会が増えてきます。テレワークによるWeb会議では前述のような民主主義的な状態が生まれるため、「個」としての発言が問われます。

 

そして、増大した自由時間をどのようなことに投じるか。仕事に使って自分の成果に結びつけるか、日本の企業でも解禁が相次ぐ副業を始めて収入やキャリアのアップを目指すか、家族とともに過ごす時間を増やすか、趣味や自己学習に振り向けるか、地域活動やボランティアなどの社会活動に参加するか…等々。このとき、「自分は何をやりたいのか」という、「個」としての自分が問われることになる。

 

ニューノーマルの時代においては、Zoomの世界に象徴されるデジタルの時空間だけでなく、リアルの世界においても、これまで以上に「個」の存在が問われることになるのです。

多摩大学大学院 客員教授
宮城大学 名誉教授
多摩大学 名誉教授 

1950年、大分県中津市生まれ。九州大学法学部卒業。

1973年、日本航空に入社。広報課長、経営企画担当次長などを歴任した。一方、社外の「知的生産の技術」研究会で活動を重ね、図解コミュニケーションの理論と技術を開発し、1990年に初の単著『コミュニケーションのための図解の技術』(日本実業出版社)を刊行した。

1997年、早期退職し、新設の県立宮城大学教授(事業構想学部)に就任。学生部長、キャリア開発室長、大学院研究科長、総合情報センター長、学長補佐などを歴任。また、国土交通省や経済産業省の環境政策、人材育成の研究会委員、宮城県の行政改革、長期総合計画、農業など27の委員会委員長、委員を務めるなど地域活性化に貢献した。

2008年、多摩大学経営情報学部教授に就任。2012年、経営情報学部長、2015年、副学長、2019年、多摩大学特任教授、多摩大学総合研究所所長を歴任し、2021年より現職。

NPO法人知的生産の技術研究会理事長。「日本人のアタマの革命(図解)とココロの革命(人物研究)」をライフワークとする。両分野の著書は100冊以上、『久恒啓一図解コミュニケーション全集』全10巻(日本地域社会研究所)を刊行中。

久恒啓一図解WEB:http://www.hisatune.net/
図解塾:https://note.com/metakit/m/mf7154ea1785b

著者紹介

連載50歳からの人生戦略は「図」で考える

50歳からの人生戦略は「図」で考える

50歳からの人生戦略は「図」で考える

久恒 啓一

プレジデント社

「人生鳥瞰図」で仕事も人生もうまくいく! 大人のためのキャリアデザインの教科書。 私は日本人の「アタマの革命(図解)」と「ココロの革命(遅咲きの人物伝)」の二つをライフワークとしている──。 こう語るのは、…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧