発見!オンライン授業にすると生徒がサボらなくなる意外な理由 (※写真はイメージです/PIXTA)

コロナ禍により、生活のありとあらゆる場面で変化が起こりました。リモートワークやWeb会議、オンライン授業はその最たる例でしょう。これらの変化は、ただ対面形式からオンライン形式になったというだけではありません。大学教授である筆者がオンライン授業を通して発見した、想定外の変化とは? ※本連載は、久恒啓一氏の著書『50歳からの人生戦略は「図」で考える』(プレジデント社)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

コロナ禍により「デジタルシフト」が加速

2020年、世界中に蔓延した新型コロナウイルスの感染拡大は、それまで進行していた社会の変化を一気に加速させました。

 

とりわけ、日本で顕著に現れたのが、デジタルシフト、いわゆるDX(デジタルトランスフォーメーション)の波です。先進国のなかでも日本はDXが遅れていた分、さまざまな分野で対応が求められました。

 

多くの企業で、テレワークによるリモート勤務が始まり、会議もWeb会議やビデオ会議が行われるようになりました。私が講義をしている多摩大学でも、ゴールデンウィーク明けの2020年5月から、オンライン授業が開始されることになりました。

 

システムとして採用したのは、Web会議システムで世界トップシェアのZoomです。IT企業各社が提供するWeb会議サービスが各種あるなかで、Zoomは世界中で注目を集めて、企業・団体の有料契約が大幅に伸び、運営する米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズの2021年1月期通期の売上高は26億5136万ドルと前年同期比4.3倍、純利益は31倍の6億7152万ドルになりました。

 

Zoomを使った授業では、私は春学期は学内のスタジオからオンラインで講義を行い、秋学期は大教室で学生を前にした講義を行い、他の学生にはオンラインで講義の様子を流す形をとりました。

 

オンライン授業を行う際、教員および学生たちが見る画面上に学生の顔は映し出さない方式をとるケースが多いのに対し、多摩大学のオンライン授業の特色は、出席する学生全員が顔出しする方式を採用したことでした。

 

画面上には、100〜200名の学生の顔と名前が映し出されます。この光景を見て、私は世のなかのデジタルシフトは、次のフェーズへと進化したことを確信しました。

多摩大学大学院 客員教授
宮城大学 名誉教授
多摩大学 名誉教授 

1950年、大分県中津市生まれ。九州大学法学部卒業。

1973年、日本航空に入社。広報課長、経営企画担当次長などを歴任した。一方、社外の「知的生産の技術」研究会で活動を重ね、図解コミュニケーションの理論と技術を開発し、1990年に初の単著『コミュニケーションのための図解の技術』(日本実業出版社)を刊行した。

1997年、早期退職し、新設の県立宮城大学教授(事業構想学部)に就任。学生部長、キャリア開発室長、大学院研究科長、総合情報センター長、学長補佐などを歴任。また、国土交通省や経済産業省の環境政策、人材育成の研究会委員、宮城県の行政改革、長期総合計画、農業など27の委員会委員長、委員を務めるなど地域活性化に貢献した。

2008年、多摩大学経営情報学部教授に就任。2012年、経営情報学部長、2015年、副学長、2019年、多摩大学特任教授、多摩大学総合研究所所長を歴任し、2021年より現職。

NPO法人知的生産の技術研究会理事長。「日本人のアタマの革命(図解)とココロの革命(人物研究)」をライフワークとする。両分野の著書は100冊以上、『久恒啓一図解コミュニケーション全集』全10巻(日本地域社会研究所)を刊行中。

久恒啓一図解WEB:http://www.hisatune.net/
図解塾:https://note.com/metakit/m/mf7154ea1785b

著者紹介

連載50歳からの人生戦略は「図」で考える

50歳からの人生戦略は「図」で考える

50歳からの人生戦略は「図」で考える

久恒 啓一

プレジデント社

「人生鳥瞰図」で仕事も人生もうまくいく! 大人のためのキャリアデザインの教科書。 私は日本人の「アタマの革命(図解)」と「ココロの革命(遅咲きの人物伝)」の二つをライフワークとしている──。 こう語るのは、…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧