平均寿命50歳未満の時代に…「90歳」で生涯を終えた葛飾北斎の健康法とは? (画像はイメージです/PIXTA)

米国のグラフ雑誌『ライフ』が1999年に企画した「この1000年で最も重要な功績を残した世界の人物100人」で、第86位ながら、日本人としてただ一人ランキング入りしているのが江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北斎です。享年90。平均寿命が50歳にも満たなかった当時、その倍近い長さの人生を全うした北斎は何か特別な健康法を取り入れていたのでしょうか。伝えられる資料や専門家への聞き取りで、その秘密に迫ります。

旅券や新紙幣にも採用された北斎の仕事

北斎の創作欲は人並外れていて、生涯に約3万点の作品を残したと言われています。絵師としての地位を決定づけたと評される『冨嶽三十六景』に描かれた『神奈川沖浪裏』や『凱風快晴(通称、赤富士)』は誰もが一度は目にしたことがあるはずです。

 

特に波のうねりと富士山を大胆な遠近法で描いた『神奈川沖浪裏』は2020年発給の旅券の査証ページや2024年発行の新千円札の裏面などに採用。海外でも『THE GREAT WAVE』の名で親しまれています。

 

世界に通用する芸術家として夥(おびただ)しい作品を世に問う旺盛な創作活動は卒寿まで生きながらえることができたからに他なりません。では、長寿を保つために、北斎はどのような策を講じたのでしょうか。

 

実は、北斎の長寿には多くの研究者が関心を寄せており、これまでにも、さまざまな説が唱えられているのです。それらが理に適(かな)っているかどうか、国立研究開発法人国立長寿医療研究センター病院長で、神経内科医でもある鷲見幸彦(わしみゆきひこ)医師と共に探ってみました。

遺伝的な素因も働いている可能性が

北斎の生涯を語るときの外せない拠り所とされる『葛飾北斎伝』(1893年)には柚子を用いた“特効薬”の作り方が図解入りで詳しく説明されています。実際、北斎は柚子を好んで取ったと言われていますし、それにまつわる逸話も残されています。

 

では北斎の長寿を支えたのは柚子だったのか、というと、事はそう単純には片付きません。柚子をはじめとする食材については後で触れるとして、まずは鷲見医師の大変に興味深い仮説に耳を傾けることにしましょう。

 

鷲見医師によれば、北斎の生きた江戸時代後期の平均寿命が50歳に満たないのは乳幼児死亡率の高さが尋常ではなかったから。当時は痘瘡(とうそう)や結核、コレラなどで多くの人が命を落としていました。要するに幼くして亡くなる人が多いので、平均寿命は必然的に短くなる。これが第一の仮説です。

 

また、北斎の家系が遺伝的に長生きだったのではないかというのが第二の仮説です。疫学的に、長生きの家系は本人ばかりでなく、親戚縁者も長命の傾向にある。従って、寿命に関わるなんらかの遺伝的素因が長寿を左右したのではないかと鷲見医師は見ています。

伊藤公一事務所 代表/ジャーナリスト

元新聞記者、雑誌編集者。新聞、雑誌、フリーペーパー、webなど、さまざまな媒体に関わりながら、一貫して取材、執筆、編集業務に従事してきた。現在はメディカル分野に軸足を置き、フリーランスの立場で活動を続ける一方、各種出版物の編集受託や自費出版などのコンサルティングなどにも携わる。東北大学大学院医工学研究科「医療工学技術者創成のための再教育システム」修了。日本メディカルライター協会正会員、認定自費出版アドバイザー、文章セミナー講師。1956年、愛知県生まれ。

著者紹介

連載医師のためのお役立ち情報

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ