不動産投資の賃貸ターゲットは「女性」にすべき理由

前回は、非公開物件の価格について、具体的にどの程度割安となるのかを説明しました。今回は、不動産投資の賃貸ターゲットを女性にすることで得られるメリットを見ていきます。

「空室率」を限りなくゼロにするには差別化が不可欠

立地のよい場所にある優良な土地を安く入手することができても、それだけではまだ十分ではありません。どんなに申し分のない土地であっても、建物自体が入居者ニーズを満たさなければ、まったく見向きもされないおそれがあるからです。

 

不動産投資では、自分が保有している物件をいかに運用するかによって、現在の、そして将来の利回りが大きく変わってくるという特徴があります。

 

運用においてもっとも重要なポイントとなるのが、入居率もしくは空室率です。不動産投資においては、「入居率を限りなく100%に近づける(=空室率を限りなく0%に近づける)こと」が、必要不可欠となります。

 

空室率を限りなく0%に近づけるためには、マーケットニーズに即した、高いデザイン性や機能をもたせた建築を行い、さらに付加価値をもたせ、他社物件との差別化を図ることが重要となります。

 

女性は住む場所にお金を惜しまない傾向がある

他社物件と差別化するための手法はさまざまに考えられますが、ひとつの非常に有効な選択肢として、ぜひ、お勧めしたいのが20代30代のOL女性を意識したマンションづくりです。

 

女性は男性に比べて、住まいに対するこだわりが強く、快適な住環境づくりにはお金を惜しまない傾向が認められます。また、自分の趣味・嗜好と相容れない物件は一顧だにしませんが、いったん気に入れば、長く住み続けてもらえることが期待できます。

 

つまりは、女性のニーズを上手にとらえることに成功すれば、そのときどきの景気に左右されることなく、安定して高利回りの収益を確保し続けられる可能性が高まるのです。

 

株式会社フェイスネットワーク 代表取締役社長

1988年金融機関に入社。12年にわたり融資担当として5000件以上の案件を扱う。2001年、不動産会社である有限会社フェイスネットワーク(現・株式会社フェイスネットワーク)を設立。2003年、渋谷区松涛に自社物件第一号を建設する。2006年には自宅兼投資マンションを1棟、2007年には自社ビルを建設する。2018年3月マザーズ上場。この18年で城南エリアを中心に200棟以上の新築一棟マンションをプロデュース。著書多数。

著者紹介

連載不動産投資に「向いている物件・向いていない物件」とは?

本連載は、2013年9月20日刊行の書籍『不動産投資は女性が選ぶ新築RCマンションで始めなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧