マンションの資産価値を維持するための「メンテナンス」の重要性

前回は、不動産投資のターゲットを女性にすることで得られるメリットを説明しました。今回は、投資マンションの資産価値を維持するために「メンテナンス」が重要となる理由を見ていきます。

競合物件、劣化・・・資産価値はどんどん下がっていく

当初は入居率100%だった優良マンションが、年月が経つにつれて、空室率が徐々に高くなっていき、家賃を下げざるを得なくなる状況に陥ることがあります。周囲に魅力的な新築物件が競合として現れたような場合などは、ことにそうなるおそれが強いでしょう。

 

また、基本的に建物は古くなればなるほど、劣化していき資産価値が下がっていくものです。

 

長期的なスパンで行う不動産投資では、このようなリスクを想定して、入居率や家賃の低下、建物自体の劣化を食い止めるための方策が求められることになります。

 

その大きな柱となるのは、定期的なメンテナンスやリフォームなどの維持管理です。世の中には、たとえば築年数は同じ5年でも、築1~2年程度にしか見えない物件もあれば、10年くらい経っているように見える物件もあります。

 

そうした物件の見た目の印象を大きく左右している要因も、建物の維持管理の巧拙にあるのです。

 

メンテナンスやリフォームは収益安定のために不可欠

「高い実質利回りを維持するためには、メンテナンスやリフォームのコストをできるだけかけない方がよいのでは」と思う人も、中にはいるかもしれません。

 

しかし長い目で見れば、適切なメンテナンスやリフォームを行い、入居者にとって居心地のよい快適な環境を保ち続けることが、より多くの安定した収益を確保し、なおかつ物件の資産価値を守るためのベストの方法なのです。

 

そのため、筆者のような不動産プロデュースに携わる者たちは、経年老化しづらい建物をテーマに日々マンションづくりをしています。

 

株式会社フェイスネットワーク 代表取締役社長

1988年金融機関に入社。12年にわたり融資担当として5000件以上の案件を扱う。2001年、不動産会社である有限会社フェイスネットワーク(現・株式会社フェイスネットワーク)を設立。2003年、渋谷区松涛に自社物件第一号を建設する。2006年には自宅兼投資マンションを1棟、2007年には自社ビルを建設する。2018年3月マザーズ上場。この18年で城南エリアを中心に200棟以上の新築一棟マンションをプロデュース。著書多数。

著者紹介

連載不動産投資に「向いている物件・向いていない物件」とは?

本連載は、2013年9月20日刊行の書籍『不動産投資は女性が選ぶ新築RCマンションで始めなさい』から抜粋したものです。その後の税制改正等、最新の内容には対応していない可能性もございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧