東大に合格する生徒の決定的特徴、「自意識」に驚きの共通点があった (※写真はイメージです/PIXTA)

「うちの子は勉強しないんです」「子どもたちが自ら勉強するようになるにはどうすればいいのですか?」――受験生から「キムタツ」の愛称で親しまれる筆者は、かつて英語教諭として灘校や西大和学園に勤め、500人以上の教え子を東大に合格させました。その経歴から、作家になった現在も、全国の教員や保護者から子どもの学習に関する相談が多く寄せられます。子どもに自主的な学習を促すには、どうすればよいのでしょうか。※本連載は、木村達哉氏の著書『「東大に入る子」が実践する勉強の真実』(KADOKAWA)より一部を抜粋・再編集したものです。

医師限定メルマガ「GGO for Doctor」▶︎▶︎
 
【医師限定/参加特典付】1時間で不動産投資の“すべて”がわかるWEBセミナー
 
【期間限定/参加特典付】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー

東大合格者も…成績優秀な子の勉強場所は「リビング」

成績優秀な生徒に聞くと、多くは中高生になってもリビングで学習をしています。

 

子どもに限らず人間は皆、やっぱり楽をしたいものです。だから第三者の目があったほうが、だらけてしまう気持ちにストップがかかっていいのです。生徒本人もそれに気づき、あえて第三者のいる場で勉強するようです。

 

東大に受かる生徒というのは、「そもそも人間は楽なほうに流れるものだ」とか「自分はあまり頭が良くない」ということを意識しています。その前提で、ではどうすれば勉強できるようになるか、どうすれば記憶していられるかを実践しているのです。東大に受かる子は、自分が完璧ではないことを知っているのです。

リビングを「勉強するのが当たり前」な環境として提供

一人の空間で勉強をやっていると、気づけばスマホを触っていたり、近くにある漫画に手が伸びたりするのは、普通のことです。大人でもそうですよね。人間は一人だと誘惑には弱いものです。

 

一方、近くに親がいる、兄弟がいる。ましてやその人たちも本を読んだり勉強したりしている、となると自然に勉強するしかなくなります。ちょっと休憩を取るときも、一人だったらちょっとゲームでもしようかとなるところが、リビングなどではお茶を飲むぐらいになります。もちろん親がゲームをしたりテレビを見たりしている横で勉強をしても集中できないので、そうすると自然と親も子どもが勉強している横でそれなりに知的な活動(新聞や本を読むなど)をすることになります。

 

「勉強するのが当たり前」という環境こそが大事で、それを作ってあげられるのは家庭です。勉強机を買ってあげて、本棚にたくさん本を入れてあげて、「はい、勉強してください」といっても、子どもは勉強しません。

 

「こんなに与えているのに」ではなく、「人間って楽をしたくなる生き物だ」という前提で、環境を整えてあげてください。

勉強しない子の「親」ほどやりがちな問題行動

沖縄で「おきなわ学びのネットワーク」というNPOを作りまして、もうずいぶん前からボランティア活動をしています。新型コロナウイルス感染症が蔓延(まんえん)する前には、年間に数回は無料勉強会を行っていました。沖縄本島で開催するときは興南(こうなん)中学校・高等学校をお借りし、石垣(いしがき)島で開催するとき八重山(やえやま)高等学校をお借りしています。

 

興南をお借りして、勉強会を行ったある日のこと。終わったあとに質疑応答に入ります。生徒たちからの質問が終わると、今度は保護者からの質問を受け付けます。

 

ある保護者が手を挙げました。「うちの子はまったく勉強しない」とおっしゃいます。私は本稿や著書に書いてあることを、短時間ですので全部は話せないのですが、まとめながら話しました。

 

そうすると「でも勉強しなさいと言わないと、いや、言っても勉強しない! 勉強できる子は自分からするだろうけど、うちの子はしない!」と叫ぶようにおっしゃったんですね。

 

勉強できる子も自分からはなかなかしないということ、勉強しなさいと言うとさらにやる気を失うので言わないほうが良いということを嚙(か)んで含めて話したあとに、このように申し上げました。

 

「ところでお母さん、あなたはどういう勉強をされているんですか?」と。

 

そのお母さんは呆気(あっけ)にとられた表情をして固まっておられます。「周囲の大人が勉強していないのに、子どもが勉強すると思いますか?」と申し上げると、恥ずかしそうな顔をしながら頷(うなず)いておられました。

 

家庭環境って特に大事です。子どもに「スマホばっかり触っていないで」と注意しながら、親自身がずっとスマホを触っているということはありませんでしょうか。親がだらだらとSNSをしているのに、子どもが勉強しないでいると小言を言ってしまうことはありませんか。

 

子どもに勉強してほしいと思っているなら、親ができることは環境づくりというのはお伝えしました。ただ、その環境には親の行動も含まれます。

 

親が遅くまでテレビを見ている家で子どもだけが勉強する気にはなりません。中高生に親が勉強を教えるのは大変だと思いますが、勉強できる雰囲気を作ることならできますよね。家庭が勉強する場になっていることはとても重要です。夜8時ぐらいには親もテレビを消して読書をしているのが普通の家なら、なんとなく子どもも勉強でもするか、となるものです。

忙しい親でも「勉強するのが当然」な環境はつくれる

親自身も勉強している姿を見せるのは効果的ですが、それが難しいご家庭でも心配はいりません。教え子のL君の家は寿司(すし)屋です。夜遅くまでお店をやっているため、家で親がじっくり勉強を教えたり読書をしたりできるという環境ではありません。しかし、親の働いている寿司屋に一歩入れば、一生懸命働く両親が見えます。親ががんばる姿を見ると、子どもだけ遊んでいようとはなりづらいものです。

 

親にとっても教員にとっても、もっとも大切な仕事は努力している背中を子どもたちに見せることです。こんな大人になりたいと思わせることができれば、子どもたちは主体的に勉強をするようになります。

 

 

木村 達哉

作家、元英語教師

 

 

【勉強会/相談会情報】 

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

【医師限定】医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー(※数量限定/参加特典付)

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

作家
元英語教諭

1964年、奈良県生まれ。関西学院大学文学部英文学科卒業。奈良県・西大和学園教諭時代には第1期から東大合格者を出す。

98年、灘中学校・高等学校英語教諭に。東大合格者数トップクラスの灘校で多くの生徒を難関大学へと導き、西大和学園・灘校合わせて500名以上の東大合格者を送り出した。

2021年に灘校を辞め作家業に専念。定期的に生徒向けの英語学習や教師向けの英語指導法についてのセミナーを実施、その熱血ぶりには全国的にファンが多い。2020年よりYouTube「キムタツチャンネル」を開設し、精力的に学習動画を公開中。

オフィシャルサイト:KIMU-TATSU.COM

著者紹介

連載教え子500人以上を東大合格させたキムタツが解説!東大生が育つ家庭の「共通項」

灘校と西大和学園で教え子500人以上を東大合格させたキムタツの「東大に入る子」が実践する勉強の真実

灘校と西大和学園で教え子500人以上を東大合格させたキムタツの「東大に入る子」が実践する勉強の真実

木村 達哉

KADOKAWA

30年を超える指導経験で分かった、東大合格者を出す家庭の共通点とは? 勉強の意味を知り、正しい勉強のやり方を知っていれば、どんな子でも東大は合格できる! 難関大学合格のために欠かせない「勉強体質」を家庭でいか…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧