サマージャンボ 何を狙うか?…一攫千金か、それとも5万円以上の当せん金か (写真はイメージです/PIXTA)

本連載は、ニッセイ基礎研究所が2021年7月26日に公開したレポートを転載したものです。

要旨

現在、新型コロナのワクチン接種は進んでいるが、デルタ株(インド型)などの変異株の拡大もあり、コロナ禍の収束は見通せない。東京では、4回目となる緊急事態宣言が発令され、オリンピックが無観客で開催されている。他にも、さまざまなイベントが中止や、観客数の制限などに追い込まれており、昨年に続いて“楽しめない夏休み”となっている。その分、エンターテインメントとして、宝くじへの注目度が高まっているはずだ。

 

7月13日から発売されているサマージャンボ宝くじは、最高当せん金が1等前後賞合わせて7億円と高額だ。この7億円という金額は、5つあるジャンボ宝くじのなかでも、年末ジャンボの10億円に次ぐもので、まさに宝くじの“夏の陣”が、盛況を迎えているといったところだろう。

 

今回のサマージャンボ宝くじには、昨年から変更されている部分もある。その変更点をみながら、今年は何を狙うべきか考えてみよう。

ジャンボは1万円以上の当せん本数が6割以上増加

サマージャンボ宝くじには、他のジャンボ宝くじと同様、「ジャンボ」と「ジャンボミニ」の2つがある。「1等前後賞合わせて7億円」のうたい文句で発売されているのは、サマージャンボだ。これに対して、サマージャンボミニの当せん金の最高額は、1等前後賞合わせて5000万円となっている。

 

それでは、サマージャンボは昨年と比べて、何が変更となったか。主な変更点は5つあげられる。

 

(サマージャンボの主な変更点)

 

(1)3等(当せん金100万円)の当せん本数が、1ユニット(=1000万本)あたり30本から10本に減少

(2)4等(当せん金5万円)が新設され、当せん本数は1ユニットあたり100本とされた

(3)5等(当せん金1万円)の当せん本数が、1ユニットあたり6000本から1万本に増加

(4)これらの結果、1ユニットあたりの当せん本数は110万6134本から111万214本に増加

(5)1枚300円に対する当せん金の平均受取額は、141.99円から144.49円に2.5円増額

 

この中で特に目を引くのが、(3)の5等1万円の当せん本数が増加した点だ。これにより、1万円以上の当せん金が当たるくじの本数は、1ユニットあたり、昨年の6134本から、今年は1万214本へと、6割以上増加している。

 

ただし、1万円以上の当せん金が当たるには、平均して、くじを980枚(29万4000円)も買う必要がある。やはり、サマージャンボは当せん金1万円を目指すというよりも、1等前後賞合わせて7億円を狙うための宝くじと位置づけられるだろう。

ニッセイ基礎研究所 保険研究部 主席研究員

1992年:日本生命保険相互会社入社
2014年:(株)ニッセイ基礎研究所へ

【加入団体等】
・日本アクチュアリー会 正会員

著者紹介

連載ニッセイ基礎研究所レポート・インサイト

本記事記載のデータは各種の情報源からニッセイ基礎研究所が入手・加工したものであり、その正確性と安全性を保証するものではありません。また、本記事は情報提供が目的であり、記載の意見や予測は、いかなる契約の締結や解約を勧誘するものではありません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧