【現役医師が解説】「アルツハイマー病」患者に有効なケア (※写真はイメージです/PIXTA)

現役医師である中村重信氏、梶川博氏の著書『認知症の人が見る景色 正しい理解と寄り添う介護のために』より一部を抜粋・再編集し、家族や医療従事者が知っておきたい認知症の症状、治療法について見ていきます。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

「アルツハイマー病の症状」に有効な薬はまだないが…

アルツハイマー病の人は異常な考え(妄想)、実在しないものを見る幻視、徘徊などの異常な認識や行動が起こり、周囲の人の迷惑のみならず本人の危険になることもあります。そのようなアルツハイマー病の人の症状に効果のある薬はまだありません。したがって、薬以外の介護、リハビリテーションや環境の調整によるしかありません。

 

しかし、認知症と似た症状が現れる統合失調症、てんかんなどに有効な薬を転用することがあります。しかし、これらの薬にはパーキンソン病や糖尿病などを悪化させるという副作用がしばしば現れます。副作用の少ない非定型抗精神病薬という種類の薬を使うこともあります。その中でもとくにクエチアピンは比較的副作用が少ないようです。

 

しかし、薬はいずれも副作用を伴うので、この薬を使ったとしても短期間に留め、環境の改善やケアによって心理症状や異常行動を良くする努力を優先することが大切です。

 

アルツハイマー病にはうつ状態がしばしば伴うのでうつ病性仮性認知症とアルツハイマー病とは見分ける必要があります。それでもアルツハイマー病初期の人でやる気がないとか、自殺企図を訴える場合、抗うつ薬が効くことがあります。その中でも副作用の少ない、セロトニン再取り込み阻害薬が好まれて使われています。

 

フルボキサミン、パロキセチンなどです。ただ、消化器障害や睡眠障害などの副作用がありますので、注意が必要です。

 

多くのアルツハイマー病の人は睡眠が障害されます。認知症のない人に効くベンゾジアゼピン系睡眠薬はアルツハイマー病の人にはあまり効果がありません。かえって興奮するとか、不眠を悪化させることもあります。こんな場合に抗うつ薬トラゾドン、最近ではより生理的な睡眠を誘導するスボレキサントやレンボレキサントが勧められます。

薬以外の治療法(ケア・リハビリテーション)

アルツハイマー病の治療薬としてわが国で認められているものはドネペジルなどの4剤のみで、これらもアルツハイマー病を完全に治癒させることはありません。

 

そのため、薬以外の治療法-ケア(介護)やリハビリテーション-が行われています。

 

アルツハイマー病の人に対するケアは4つの方向から行われています。行動を介するケア、感情・感覚を介するケア、認識を介するケア、刺激を介するケアの4種類です。これらのケアは経験的に行われてきましたが、認知症の人やその家族にとって有益であることが最近、徐々に証明されてきました。これからも引き続いてもっとケアの有効性を実証して行く必要があります。

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

日本には1億2000万の「LIFE」がある――。幻冬舎ゴールドライフオンラインは、その一つひとつのLIFEに光を当てる、市井(しせい)の人々が主役のWEBメディアです。
掲載ジャンルは、論説、小説、仕事、お金、文化、食、エッセイ、健康など。毎日15本以上の記事をお届けしています。

著者紹介

連載幻冬舎ゴールドライフオンライン人気記事

本記事は幻冬舎ゴールドライフオンラインの連載の書籍『認知症の人が見る景色 正しい理解と寄り添う介護のために』(幻冬舎MC)より一部を抜粋したものです。最新の法令等には対応していない場合がございますので、あらかじめご了承ください。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧