金融相場から業績相場へのシフトが進む株式市場 (※画像はイメージです/PIXTA)

2020年は主に予想PER(株価収益率)の拡大が株式市場の上昇をけん引する「金融相場」となったが、今年の株式市場ではむしろ予想PERは縮小傾向にある。その一方で、予想EPS(一株あたり利益)は今年に入ってからも上昇基調が続いており、足元では利益成長が株式市場の上昇をけん引する「業績相場」へのシフトが進んでいる。

インデックスファンドより高いリターンを狙う!
「アクティブファンド特集」を見る

先進国株式市場は引き続き堅調な展開

MSCI先進国株指数のチャートから明らかなとおり、先進国株式市場は昨年3月のコロナショック後は堅調な展開となっている(図表1)。この要因として一般的に挙げられるのが、主要各国地域における①大規模な財政支出、②積極的な金融緩和、そして③新型コロナワクチンの接種拡大だ。

 

日次、配当込み、米ドル建て、19年12月31日=100で指数化 期間:19年12月31日~21年7月9日 MSCI先進国株指数:MSCI World Net Total Return(USD) 出所:ブルームバーグのデータを基にピクテ投信投資顧問作成
[図表1]MSCI先進国株指数の推移 日次、配当込み、米ドル建て、19年12月31日=100で指数化
期間:19年12月31日~21年7月9日
MSCI先進国株指数:MSCI World Net Total Return(USD)
出所:ブルームバーグのデータを基にピクテ投信投資顧問作成

 

しかし、②の積極的な金融緩和が「現在進行形」で行われているにもかかわらず、予想PERは年初来で低下傾向にある(図表2)。昨年3月のコロナショックの際には予想PERが12倍台まで低下し、その後は昨年6月にかけて21倍台まで急上昇するなど、2020年は予想PERの拡大が株式市場の上昇を主にけん引する「金融相場」となった。だが、今年に入ってからの株式市場では、むしろ予想PERが幾分低下する逆転現象が起こっている。

 

日次、単位:倍、コンセンサス予想(ブルームバーグ集計) 期間:19年12月31日~21年7月9日 
MSCI先進国株指数:MSCI World Net Total Return(USD) 出所:ブルームバーグのデータを基にピクテ投信投資顧問作成
[図表2]MSCI先進国株指数の予想PER(12ヵ月先)推移 日次、単位:倍、コンセンサス予想(ブルームバーグ集計)
期間:19年12月31日~21年7月9日
MSCI先進国株指数:MSCI World Net Total Return(USD)
出所:ブルームバーグのデータを基にピクテ投信投資顧問作成

利益成長が株式市場の上昇を牽引する「業績相場」へのシフトが継続中

一方、予想EPSは昨年3月にボトム(底)をつけた後、右肩上がりで上昇基調となっている(図表3)。予想PERの急上昇からも見て取れるように、コロナショック直後の先進国株式市場は期待先行型で上昇していた(予想EPSは低迷)。

 

日次、米ドル建て、コンセンサス予想(ブルームバーグ集計) 19年12月31日=100で指数化、期間:19年12月31日~21年7月9日 
MSCI先進国株指数:MSCI World Net Total Return(USD) 出所:ブルームバーグのデータを基にピクテ投信投資顧問作成
[図表3]MSCI先進国株指数の予想EPS(12ヵ月先)推移 日次、米ドル建て、コンセンサス予想(ブルームバーグ集計)
19年12月31日=100で指数化、期間:19年12月31日~21年7月9日
MSCI先進国株指数:MSCI World Net Total Return(USD)
出所:ブルームバーグのデータを基にピクテ投信投資顧問作成

 

しかし、新型コロナワクチンの開発が急ピッチで進められる中、経済正常化のシナリオが徐々に現実味を帯びていく過程で、その後は企業業績の見通しも上方修正が進んだ。そして、主要各国で新型コロナワクチンが緊急承認され、ワクチン接種が拡大していくにしたがって、予想EPSはさらに上昇傾向が強まり、その傾向は現在でも続いている。つまり、株式市場では上昇のけん引役が予想PER(金融相場)から利益成長(業績相場)へシフトしていることがうかがえる。

テーパリングはすでにコンセンサス化。今後はバリュエーションよりも企業業績が重要に

すでにFRB(米連邦準備制度理事会)によるテーパリング(量的緩和縮小)についてはコンセンサス化しており、年内にFOMC(米連邦公開市場委員会)又はジャクソンホール会議においてテーパリング実施に向けた言及があったとしても、大きなサプライズにはなりにくい状況だ。この状況を反映して予想PERが年初来で低下傾向にあるのであれば整合性が取れる。今後の相場を見通すうえでは、企業業績の見通しがより一層重要になるだろう。

 

 

※当レポートの閲覧に当たっては【ご注意】をご参照ください(見当たらない場合は関連記事『金融相場から業績相場へのシフトが進む株式市場』を参照)。

 

(2021年7月12日)

 

田中 純平

ピクテ投信投資顧問株式会社 ストラテジスト

 

\PR/ 年間延べ7000人以上が視聴!
カメハメハ倶楽部
「資産運用」セミナー

 

【カメハメハ倶楽部のイベント・セミナー】

【8/11開催】後継者の納税負担まで考慮!社長の「自社株承継」の準備とその着手方法

 

【8/11開催】フィデリティ投信による「世界株式市場」の見通しとこれからの分散投資

 

【8/11開催】毎月のインカムゲインも狙える小型航空機・ヘリコプター投資とは

 

【8/12開催】どうなる?生前贈与の税制改正と生命保険活用<最新知識編>

 

【8/12開催】オルタナティブ投資の新潮流!「プライベート・アセット」投資とは

 

【8/12開催】個人でも取り組める「非上場企業」投資の進め方とは?

 

【8/13開催】手残り最大化を目指す!資産管理会社の「役員報酬」の決め方

 

【8/13開催】地主の方必見! 相続税の「払い過ぎ」を回避する不動産の評価術

ピクテ・ジャパン株式会社
運用・商品本部 投資戦略部 ストラテジスト 

日系運用会社に入社後、14年間一貫して外国株式の運用・調査に携わる。主に先進国株式を対象としたアクティブ・ファンドの運用を担当し、北米株式部門でリッパー・ファンド・アワードを受賞。アメリカ現地法人駐在時は中南米株式ファンドを担当し、新興国株式にも精通。ピクテ入社後は、ストラテジストとしてセミナーやメディアなどを通じて投資家への情報提供に努める。日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)

著者紹介

連載PICTETマーケットレポート・Deep Insight

【ご注意】
●当レポートはピクテ投信投資顧問株式会社が作成したものであり、特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではなく、また特定の銘柄および市場の推奨やその価格動向を示唆するものでもありません。
●運用による損益は、すべて投資者の皆さまに帰属します。当レポートに基づいて取られた投資行動の結果については、ピクテ投信投資顧問株式会社、幻冬舎グループは責任を負いません。
●当レポートに記載された過去の実績は、将来の成果等を示唆あるいは保証するものではありません。
●当レポートは信頼できると考えられる情報に基づき作成されていますが、その正確性、完全性、使用目的への適合性を保証するものではありません。
●当レポート中に示された情報等は、作成日現在のものであり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
●投資信託は預金等ではなく元本および利回りの保証はありません。
●投資信託は、預金や保険契約と異なり、預金保険機構・保険契約者保護機構の対象ではありません。
●登録金融機関でご購入いただいた投資信託は、投資家保護基金の対象とはなりません。
●当レポートに掲載されているいかなる情報も、法務、会計、税務、経営、投資その他に係る助言を構成するものではありません。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧
TOPへ