中古不動産の問題箇所を探し出す「インスペクション」の重要性

中古物件の不動産広告で「インスペクション」の文字を目にしたことのある方は多いと思います。インスペクションとは、物件にひび割れや雨漏りがないかの調査のことで、日本では、国土交通大臣の登録を受けて講習を修了した、建築士資格の保有者によってチェックが行われます。インスペクションのメリットと、具体的な検査内容について見ていきます。

あなたにオススメのセミナー

    あなたにオススメのセミナー

      インスペクションに関する「ルール」とは?

       

      中古住宅売買において、不動産仲介業者は売主・買主に対して売買対象物件のインスペクションに関する説明を行う義務があります。その具体的な内容は以下の通りです。

       

       媒介契約締結時 

      ●売主または買主に対し、インスペクションを実施するかどうかの意向を確認すること。

      ●不動産仲介業者が、インスペクションを行う既存住宅状況調査技術者を紹介できるかできないかを知らせること。

       

       重要事項説明時 

      ●インスペクションの実施結果を買主に説明すること。

      ●インスペクションを行わなかった場合は、実施していない旨を買主に説明すること。

       

       売買契約締結時 

      ●基礎外壁などの現状を売主と買主がお互いに確認し、その内容を両者に書面で交付すること。

       

      このように、不動産仲介業者は売主や買主に対してインスペクション実施の意思確認と契約締結までのサポートを行うことが義務付けられました。すなわち、インスペクションを行うこと自体が義務ではなく、それを実施するか否かの選択肢があることの伝達と、両者納得のもと契約・引き渡しを終わらせるという任務を不動産仲介業者に負わせるということが、日本における既存住宅インスペクション導入の際に取り決められたルールなのです。

       

       

      あなたにオススメのセミナー

        環境ステーション株式会社が運営するWEBメディア。健康で快適な暮らしの実現には、住まいの安心と安全環境の整備はもちろん、個人のライフステージに合わせた将来にわたる資産形成プランが必要です。ライフプランnaviでは、将来的なお金の不安や心配を減らし、長期的な視点で最適な資産形成プランを実現するための情報を発信します。

        https://lifeplan-navi.com/

        著者紹介

        連載不動産会社だから語れる「投資・資産形成」のオモシロ知識

        ※本記事は、「ライフプランnavi」に掲載されたコラムを転載・再編集したものです。

        メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

        登録していただいた方の中から
        毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
        会員向けセミナーの一覧
        TOPへ