「昨日どうしてゴミを捨てなかったの!?」では険悪に…夫婦関係も改善する「リーダーのコミュニケーション術」 (※画像はイメージです/PIXTA)

「物事を唐突に頼まない」、「投げかけはHowにする」、「接触頻度を高める」、「言い方に気をつける」……リーダーとして知っておきたいコミュニケーション術を見ていきましょう。※本記事は、都丸哲弘氏の著書『どんな時代でも生き残る リーダーの仕事』(株式会社かざひの文庫)より一部を抜粋・再編集したものです。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

部下にいきなり「急ぎの仕事」を頼んだとしたら…

●人は唐突に言われるとストレスを感じる

 

コミュニケーションにおける「唐突感」をなくすだけで、人間関係の問題による離職率を半分くらい解消できます。一例を挙げましょう。

 

「ちょっとストレスがかかりそうな仕事があって、それをあなたにやってほしいと思っている。いままとめていて、明日30分使って説明したいけれど、時間をとれるかな?」

 

このように1日空けることで、相手にストレスなく用件が伝わるのです。

 

人には、物事を唐突に頼まれるとできなくなるという習性があります。

 

業務内容や負荷ではなく、唐突感にストレスを感じてしまうのです。

 

前もって早めに伝えておくことで、相手のストレスは激減します

 

もし明日までにやってほしいことをいきなり頼んだら、皆やりたくない分、思わしくない結果になってしまいます。

 

●何事も事前に伝え、直前にもリマインドする

 

もしタイムマネジメントに優れているリーダーならば、たとえば3日前に

 

「○○日までにやってほしい仕事があるんだ。整理してから伝えるから」

 

と言うだけで、相手のアウトプットの質が10倍ほど違ってきます。社内の面談もそうです。

 

大切な面談をするときには、たとえば半年前から告知しておきます。

 

早ければ早いほどいいでしょう。

 

メンバーに心の準備をする猶予を与えない人が多いのは、「自分は上司だから」と考えてしまっているからです。仕事は部下が自分で考えるものだと思うのでしょうが、それでは仕事の成果が下がってしまいます。

 

取り組む内容と時期を意識させる。それも、長い時間をかけて行う──。

 

筆者は、このように唐突感を与えずにメンバーに仕事してもらうことが、チームマネジメントにおいてもっとも大切なことであると考えています。

 

もしこれをトップやリーダーが実践すれば、皆そのように仕事をするようになります。事前に伝え、直前にリマインドするということに慣れてくるのです。

 

●唐突感をなくすだけでメンバーとの関係はよくなる

 

筆者が清掃会社の代表をしていたころ、現場で働いている人たちと本社の人間とのあいだでコミュニケーションが必要だなと思い、月に一度現場を訪れることにしました。そのとき、社内で長く働いてきたメンバーも連れていこうとしました。

 

雨の日も風の日も現場で頑張っている人たちに会ったほうがいいと思ったのです。

 

筆者はその本社メンバーに、「来月行きませんか?」と提案しましたが、返事は「忙しいから行けない」とひと言。行きたくなかったからでしょう。

 

筆者は、なぜ断られたのかを考えました。そして、「1ヵ月前に言われても急すぎたのかもしれない」と思い至ったのです。そこで11月くらいに

 

「来年の4月から3ヵ月に一度、皆さんと現場に行こうと思うので、予定しておいてもらえますか?」

 

と伝えるようにしました。これならNoとは言えません。

 

なんとなく「行きたくないな」「嫌だな」と思っても、先の話だから「まあいいか」となります。そして、時期が近づいてくるとその予定が心に徐々に馴染んできて、結果として「行ってよかった」という感想に変わりました。

 

あのとき筆者が我慢したことは、「来月」から「半年後」に時期を変えたことだけ。行う内容は変えていません。そこにあった壁は「唐突感」だったのです。

 

唐突感をなくすだけで、チームのコミュニケーションは格段によくなるはずです。

 

\\1/22開催//
【賃料6~8%保証&物件維持費ゼロ!】
カンボジア・プノンペン「ローカルマーケット投資」の全貌

wedo合同会社代表

1975年千葉県生まれ。
成城大学経済学部卒業後、サッカー用品ネット通販会社にて、年商14億円の売上に貢献。その後、保険の無料相談紹介サービス業に携わる。
2013年に父の逝去を受け、清掃員600名を抱える年商10億円の清掃会社代表取締役に就任。新規事業や、事業コンサルティング業などにも力を入れつつ、古い組織の再編を行う。
2019年に事業の一部を譲渡。「事業をつくり、人を育て、時代を紡ぐ」を理念に、「清く、正しく、美しく、スピーディーに」を行動指針としてさらなる事業に着手。
同年より、シェアオフィス運営、事業コンサルティング業を通じて、若手経営者の育成支援に尽力している。

著者紹介

連載どんな時代でも生き残るリーダーの仕事…必要とされ続けるトップの条件

どんな時代でも生き残るリーダーの仕事

どんな時代でも生き残るリーダーの仕事

都丸 哲弘

かざひの文庫

変化の激しい時代を迎え、多くの企業は生き残りをかけた熾烈な競争を強いられています。 昨日までの「王道」が今日には「時代遅れ」となることも珍しくない現代。正解のわからないゴールに向かって、進み続けるしかないリー…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧