相続税対策で不動産を買ってはいけません!税理士が理由を解説

相続税対策として不動産を購入しませんか? このような文句をよく聞きますが、円満相続税理士法人の橘慶太税理士は「相続税対策を目的とした安易な不動産の購入はすすめられない」といいます。なぜなのでしょうか。不動産購入が相続税対策になるといわれている理由、そしてその対策がすすめられない理由を見ていきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

なぜ不動産購入で相続税額は下がるのか?

今、「相続税対策」というのはある意味ブームみたいになっているところがあります。その対策の代表といえるのが「相続対策として不動産を購入しましょう」というものです。

 

ただ筆者は税理士という中立的な立場でいうと、基本的に相続対策として不動産購入はおすすめできません。

 

そもそもですが、「不動産を買うと相続対策になるのは本当」です。効果も大きく、劇的に相続税は下がります。

 

なぜ相続税が劇的に下がるのかといえば、「時価と評価額の差」。時価というのは不動産を購入するときの金額で、評価額は相続税を計算するときに使う金額です。そこに大きな差があります。評価額のほうが低いです。

 

たとえば1億円でタワーマンションの1室を買ったとすると、評価額は2000万円程度になります。タワーマンションに限らず、1億円の不動産を買ったとしたら、どんなに高い評価額がついても8000万円、ものによっては5000万~6000万円といった、低い評価額がつきます。

 

決して間違い、というわけではなく、国が定めている計算方法に基づいて計算すると低い評価額が算出されるのです。この購入金額と評価額の差が大きければ大きいほど、相続税対策になります。

 

さらに「時価と評価額の差」だけでなく、「小規模宅地等の特例」という、人に貸すアパートや駐車場など、賃貸不動産で使える制度で、土地200㎡まで50%にできるという特例もあります。この特例を使えば、さらに評価額を低くすることができるので、かなり大幅な相続税対策ができます。

 

このように不動産業者が「不動産を購入すれば相続税対策になる」という文句は本当です。ただし「借金をすれば相続税対策になりますよ」という金融機関もありますが、これは間違いです。

 

多くの方が誤解しているのですが、借金をするから相続税対策になるわけではなく、不動産を買うから相続税対策になります。たとえば、手持ちのお金が結構ある人がいたとして、手持ちのお金で不動産を買おうが、借金をして不動産を買おうが、減らすことのできる相続税額は同じです。相続税対策のために、無駄な借金をする必要はないのです。

 

節税効果が高いとされるタワーマンション(※画像はイメージです/PIXTA)
節税効果が高いとされるタワーマンション(※画像はイメージです/PIXTA)

 

\\10/16(土)開催//
入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

円満相続税理士法人 代表 税理士

大学受験の失敗から一念発起し税理士を志す。大学在学中に税理士試験に4科目合格(法人税法の公開模試では全国1位)し、大学卒業前から国内最大手の税理士法人に正社員として入社する。
勤務税理士時代は相続専門の部署で6年間、相続税に専念。これまで手掛けた相続税申告は、上場企業の創業家や芸能人を含め、通算400件以上。また、銀行や証券会社を中心に、年間130回以上の相続税セミナーの講師を務め、27歳という若さで管理職に抜擢される。
2017年1月に独立開業し、現在7名の相続専門税理士が在籍する円満相続税理士法人の代表を務める。週刊ポストや日本経済新聞、幻冬舎、女性自身など、様々メディアから取材を受けている。また、自身で運営しているYouTubeのチャンネル登録者は6万人を超えており、相続分野では日本一のチャンネルに成長している。

円満相続税理士法人:https://osd-souzoku.jp/

著者紹介

連載円満相続税理士が楽しく解説!「相続の基礎知識」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧