夫の最期を悟った妻…「葬儀費用」引き出し後に待っていた悲劇

相続の現場では、思いもよらぬことがトラブルのもとになることがあります。その一つが「葬儀費用」。何気なく用意したお金が原因で、追徴課税になるケースが後を絶ちません。その理由を、円満相続税理士法人の橘慶太税理士が解説します。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

父親が亡くなる直前に「葬儀費用」を引き出したら…

税務調査が行われた時、相続が発生する直前、特に「葬儀用として引き出した現金」については、税務署は徹底的にマークします。

 

ここには相続税の申告漏れにつながりやすい論点がたくさんあるので、どういった点に注意しなければいけないのか、見ていきましょう。

 

まず、相続税の計算をする上で「葬儀費用」はどのように取り扱われるでしょうか。

 

相続税の計算は、亡くなった人の財産から一定のものを引いて計算していきますが、「葬儀にかかった費用」は財産から引くことができ、残った部分に相続税は課税されます。

 

また相続が発生すると銀行口座が凍結されるというのは、よく知られた話です。銀行に亡くなったということが知られると、その人の口座は凍結されて、お金を引き出すことができなくなるのです。

 

相続が発生する直前、「もうお父さん、ダメかもしれない……」という時に、「このままだとお金が足りない」「口座が凍結されると葬儀があげられないわ」と心配して父の口座からお金を引き出す…このようなことが、世の中ではよく見られます。

 

亡くなる直前にATMに駆け込む……この行動、税務署が徹底的にマークします。誤解してはいけないのが、お金を引き出すこと自体、本人の同意があったり、家族全員が知っていたりすれば、特に問題になることではありません。

 

具体的な事例で説明していきましょう。

 

①ある親娘がいました。「もうすぐお父さんは……」というとき、「口座が凍結されたら困るわ」と、残高1000万円の父の銀行口座から葬儀の準備金を引き出すことにしました。

 

②現金200万円を引き出し、銀行口座の残高は800万円になりました。

 

③この状態でお父さんは亡くなってしまいました。お父さんが亡くなったその瞬間には、預金800万円、手許に現金200万円が存在していたことになります。

 

④このあと、葬儀費用として200万円を支払うと、預金800万円、手許には現金ゼロ円、ということになります。

 

この①~④の流れを、相続税を申告する際にどのように処理すればいいのか、考えていきましょう。

 

まず相続税の申告をするにあたり、「財産申告」をしなければなりません。事例の場合、財産がどれほどあるかというと、まず預金が800万円あります。そして前出の通り、葬儀にかかったお金はマイナスすることができるで、相続税の申告書に「葬儀に200万円かかった」と記します。

 

そして最も重要なことは、事例の場合、相続税申告で預金と葬儀費用を記すだけでは不十分で、預金「800万円」、葬儀「-200万円」に加えて、現金「200万円」も記さなければならない、ということです。ここまで記すことで、相続税が課税される財産は「800万円」となり、税務署も「OK」となるわけです。

 

世の中的には、現金「200万円」を記さないケースが非常に多いです。感覚としては葬儀で200万円を使っていますから、「手許に現金、200万円なんてないよ」という考え方かも分かります。しかし相続税の申告は「相続が発生した、その瞬間に財産はいくらあったか」という観点で財産を見ていきます。そのため「葬儀のために引き出したお金は、相続発生時には現金としてあったはず」と考えられます。そして、このことが原因で追徴課税になってしまうのです。

 

夫を亡くし、税金も取られ…(※写真はイメージです/PIXTA)
夫を亡くし、税金も取られ…(※写真はイメージです/PIXTA)

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

円満相続税理士法人 代表 税理士

大学受験の失敗から一念発起し税理士を志す。大学在学中に税理士試験に4科目合格(法人税法の公開模試では全国1位)し、大学卒業前から国内最大手の税理士法人に正社員として入社する。
勤務税理士時代は相続専門の部署で6年間、相続税に専念。これまで手掛けた相続税申告は、上場企業の創業家や芸能人を含め、通算400件以上。また、銀行や証券会社を中心に、年間130回以上の相続税セミナーの講師を務め、27歳という若さで管理職に抜擢される。
2017年1月に独立開業し、現在7名の相続専門税理士が在籍する円満相続税理士法人の代表を務める。週刊ポストや日本経済新聞、幻冬舎、女性自身など、様々メディアから取材を受けている。また、自身で運営しているYouTubeのチャンネル登録者は6万人を超えており、相続分野では日本一のチャンネルに成長している。

円満相続税理士法人:https://osd-souzoku.jp/

著者紹介

連載円満相続税理士が楽しく解説!「相続の基礎知識」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧