「ヘッジファンド」と「投資信託」の決定的な違いは?渋沢栄一5代目子孫が解説

「ヘッジファンド」とは、株式市場が上昇局面のときでも下落局面のときでも様々な手法を駆使してプラスの収益を目指すファンドのことです。今回は、「ヘッジファンド」と「投資信託」の大きな違いについて見ていきます。※本連載は、渋沢栄一の5代目子孫、コモンズ投信株式会社会長を務める渋澤健氏の著書『渋沢栄一 愛と勇気と資本主義』(日経ビジネス人文庫)より一部を抜粋・再編集したものです。

投資信託は、親会社の意向に沿って手数料を得る「器」

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

ヘッジファンドは私募ファンドだ。したがって、アクセスできる投資家は基本的に富裕層、金融機関や年金基金という大口投資家である。一方、投資信託(投信)は公募ファンドなので、ヘッジファンドとは異なり、一般個人などが投資できるファンドだ。

 

現在、筆者は投資信託会社を営んでいるが、ヘッジファンドに勤めていた当時は全く興味のない業態であった。その理由は、投信の親会社である日本の証券会社など「販社」の慣行にあった。

 

1999年のIT相場のときに某大手証券系の投資信託会社が設定した大型投信のファンド・マネジャーに、私の友人が任命された。「器」であるファンドを先に設定することを決めて、その後に「魂」であるファンド・マネジャーを注入したわけである。

 

これには違和感があった。

 

本来のファンド・マネジャーの仕事は、投資対象となる会社を訪問して取材し、調査と分析を進めたうえ、銘柄選別して運用ポートフォリオを構築する。しかし、その投信会社は、筆者の友人を大型投信の「顔」として成り立てた。彼は地方の講演会などマーケティングの一環として使われることが多くなった。

 

結果、本来やるべきそうした調査活動に専念できなくなった。それだけではなく、投資銘柄を選別するときにも、周囲から横槍が入ってきて色々と注文がついたようだ。つまり、本人の判断では投資したくない銘柄まで、買わされてしまったのだ。

 

投資という仕事は難しい。神経も磨り減る。したがって、運用担当者には投資の業務に100%神経を使わせるのがベストだ。ファンド・マネジャーに組織的な雑用を押しつけていては、本来得られる利益を逃しかねない。

 

ただ、投信会社は親会社が当てにしている3%の販売手数料のためにカネ集めの大型の器を作り、その後にファンド・マネジャーという魂を入れた。だから、ファンド・マネジャーはカネ集めのために多くの時間を使うことが当たり前という慣習になっていた。

 

しかし、運用担当者が運用に専念できないようであれば、良い運用実績は期待できない。そして、良い運用実績が続かないのでは、いずれ投資家は離れていく。投資家が解約すると、ファンド・マネジャーはファンドの現金化に迫られ、手放したくない保有銘柄まで市場で売却する必要もでてくる。

 

一方、投信の運用成績が良くて収益が出ると、買い増しを進めるのではなく、逆に売却という短期さや取りの商品としか考えていないことが当時の日本の投資信託の状況だった。回転売買した方が販社の親会社が儲かるからだ。

 

当時も、長期的な投資戦略として新たな投信ブームを騒ぎ立てていたにもかかわらず、「日本の証券会社も、投資信託も、投資家も、ちっとも前と変わっていない」と友人が頭を抱えて吐いた言葉が印象的だった。

ヘッジファンドにはファンドマネジャーの「魂」が宿る

ヘッジファンドは逆だ。基本的に金融ベンチャーであるうえ、「魂」がなければ、「器」の存在は必要ない。と言っても、起業段階のヘッジファンドは、ファンド・マネジャー自身がカネ集めのマーケティングに従事する。大組織のサラリーマン・マネジャーは運用資金が用意されているが、ベンチャーである上、自分自身がマーケティングに積極的に関与しなければ、そもそも運用する資金がない。

 

また、投資家の視点からも新規ファンドに運用を託す場合、「魂」であるファンド・マネジャーの運用能力、そして、それ以上に、人間としての動機付けやインテグリティの判断が重要であるうえ、本人との面接を要求することが通常である。

 

一方、現在でも日本で販売されているほとんどの投資信託は「器」、つまり、看板とその時に旬なテーマしか投資判断となっていない。「魂」が重視されていないファンドに投資することは、ヘッジファンドの世界で育った自分としては本末転倒であり、全く関心が向かない分野が投資信託であった。

 

それが、年月を経て、自分自身が投資信託会社を設立しているとは、当時は全く考えられなかった。ただ、言えることは、ヘッジファンドの世界を体験しなければ、そもそも金融ベンチャーを立ち上げることはなかったということだ。

 

コモンズ投信株式会社
取締役会長 兼 ESG最高責任者

渋沢栄一の5代目子孫。1961年生まれ。87年UCLA大学でMBA取得。JPモルガン、ゴールドマンサックスで金融マーケット業務に携わった後、米ヘッジファンド、ムーア・キャピタルに入社。

2001年に独立し、シブサワ・アンド・カンパニー株式会社を設立。08年コモンズ投信株式会社を立ち上げ、会長に就任。著書に『渋沢栄一 100の訓言』(日経ビジネス人文庫)、『運用のプロが教える草食系投資』(日本経済新聞出版)など。

著者紹介

コモンズ投信株式会社は、渋沢栄一の5代目子孫・渋澤健氏や伊井氏らが集まって2008年に設立した運用会社です。社名は「コモン・グラウンド(共有地)」に由来し、長期投資に共感した投資家に人気です。

著者紹介

連載渋沢栄一から学ぶ「リスクマネジメント」の本質

渋沢栄一 愛と勇気と資本主義

渋沢栄一 愛と勇気と資本主義

渋澤 健

日本経済新聞出版

もし、渋沢栄一が現代に生きていたら、日本の持続的成長を促すファンドをつくっていただろう――。 大手ヘッジファンドを経てコモンズ投信を創業した渋沢家5代目が、自身のビジネス経験と渋沢家家訓を重ね合わせ、目指すべ…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧