「確定拠出年金」残高マイナスの悲劇…55歳でもあった対処法

公的年金だけでは心配。老後資金を増やしたい。という方には「確定拠出年金」がおすすめです。3つの税制優遇というメリットがあり、専業主婦でも加入することができます。また、運用する商品をスイッチングできるため、株の先行きが怪しくなった場合にリスクを避けるこのも可能です。確定拠出年金について見ていきましょう。※本連載は、長尾義弘氏、中島典子氏の共著『金持ち定年、貧乏定年』(実務教育出版)より一部を抜粋・再編集したものです。

3つの税制優遇がある「確定拠出年金」で老後資金確保

老後資金はできるだけ確保したいところです。ここでは増やし方を紹介しましょう。

 

「でも、投資なんてやったことがないし、リスクが高そうで不安」という人もいるかもしれません。

 

ご安心ください。そんなリスキーな手段はお勧めしません。

 

もちろんリスクがゼロとはいえないのですが、初心者でも効率的に増やせて、なおかつメリットも多い方法です。

 

確定拠出年金には企業型と個人型があり、企業型は掛け金を企業が負担し、運用の指示は個人が出す。企業年金制度がない会社に勤めていたり、自営業者は個人型になるという。(写真はイメージです/PIXTA)(写真はイメージです/PIXTA)
確定拠出年金には企業型と個人型があり、企業型は掛け金を企業が負担し、運用の指示は個人が出す。企業年金制度がない会社に勤めていたり、自営業者は個人型になるという。(写真はイメージです/PIXTA)(写真はイメージです/PIXTA)

 

「公的年金だけではちょっと心配。もう少しプラスアルファがほしい」

 

そんな人は「確定拠出年金」を利用してはいかがでしょうか。老後資金を増やすために有効な手段です。

 

確定拠出年金には、企業型と個人型があります。企業型は掛け金を企業が負担し、運用の指示は個人が出す形です。企業年金制度がない会社に勤めていたり、自営業者は個人型になります。2017年からは個人型の適用範囲が広がり、60歳以下なら誰でも加入できるようになりました。

 

確定拠出年金のメリットは、3つの税制優遇がある点です。

 

まず、掛け金は全額が控除の対象になります。所得税が10%であれば、住民税の10%と合わせて20%の税金が安くなるのです。

 

たとえば、毎月1万円ずつ、年間に12万円を拠出したとしましょう。この20%ですから、2万4000円の税金が戻ってきます。

 

いわば、年利20%で積み立てているのと同じ。大手銀行の定期預金金利が0.01%の時代に、これはかなりお得です。

 

次に、運用益が非課税になります。一般的に金融商品で得た利益に対しては、20.315%の源泉分離課税が引かれます。しかし、確定拠出年金で得た配当益や譲渡益は非課税です。さらに、受け取るときも税制の控除があります。一時金で受け取れば退職所得控除が、年金形式にする場合は公的年金控除が使えます。

 

とても有利な制度だと思いませんか。

 

ただし、通常の金融商品や預金とは違い、60歳まではお金を引き出すことができません。そもそもが年金を目的としたしくみであるため、これは当然の話なのです。

 

ここはデメリットと見えなくもありませんが、勝手に引き出せないからこそ確実に貯められるともいえます。

 

運用に関しては、自分で詳細を決められます。つまり運用は「自己責任」ということです。途中で運用商品の配分を変更したり、運用商品を変えたりすることが可能です。

 

しかも運用成績は、ネットで簡単に確認できるようになっています。確定拠出年金を利用するなら、最低でも1年に1回以上はチェックしてみてください。

 

ファイナンシャルプランナー
AFP
日本年金学会会員

大学卒業後、出版社に勤務。いくつかの出版社の編集部を経て、1997年に「NEO企画」を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生みだす。お金のしくみ、保険のカラクリについての得する情報を発信している。

著書には『最新版 保険はこの5つから選びなさい』『かんたん!書き込み式 保険払いすぎ見直しBOOK』(河出書房新社)、『コワ~い保険の話』(宝島社)、『保険ぎらいは本当は正しい』(SBクリエイティブ)が、監修には年度版シリーズ『よい保険・悪い保険』などがある。

【ホームページ:http://neo.my.coocan.jp/nagao/

著者紹介

広尾麻布相続センター
中島典子税理士事務所 代表 税理士、社会保険労務士、CFP

起業家の創業から税務会計・資産形成・相続事業承継までのトータルサポート業務、FP関連書等の執筆、講演、子どもからシニアまでの金融経済教育で活動。

著書『会社が知っておきたい補助金・助成金の活用ガイド』(大蔵財務協会)、共著に『いまからはじめる相続対策』(日本実業出版社)、『FP技能士2級AFP 問題集&テキスト』(成美堂出版)などがある。

【中島典子税理士事務所 中島財産コンサルティング:http://tax-money.jp

著者紹介

連載金持ち定年、貧乏定年~55歳から始める「得する準備」

金持ち定年、貧乏定年

金持ち定年、貧乏定年

長尾 義弘
中島 典子

実務教育出版

サラリーマンであれば必ず訪れる人生の大イベント、定年。 手続きが煩雑な上、一歩間違えると大損することも! 失敗すれば、老後資金にもつながる大問題。会社の関連部署が教えてはくれますが、準備は本当に万端ですか?…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!