上場を目指す起業家が気づかない、IPOの恐ろしいデメリット

未上場企業が証券取引所に上場して、誰もが株を取引できるようにすることをIPOといいます。IPOを目指す起業家は少なくありませんが、意外なデメリットも存在しているのです。M&AアドバイザリーサービスだけでなくM&A後の統合作業や組織再編、事業再生などのサービスを提供する株式会社すばる代表取締役の牧田彰俊氏が解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

IPOに向く起業家は「鈍感力」が強い人

IPOを実現させることを起業家としての目標にしている人も多いでしょう。会社をIPOさせて、プライベートカンパニーからパブリックカンパニーとなり、多くの投資家に株主となる機会を提供すること、また株式市場から調達した多額の資金を用いて事業成長を目指すことは、非常に意義のあることです。

 

上場企業となれば、会社の信用力やブランド価値は一気に高まり、それはビジネス上でもファイナンス上でも有利に働きます。また上場企業の一員というステータスは、役員や社員にとっても幸福感や満足感をもたらし、ストック・オプションのような形で、経済的なインセンティブを与えることもできるようになります。

 

もちろん、起業家自身にとっても、創業した会社を上場させたという事実は最上級の栄誉であり、個人にもブランド価値をもたらします。保有している株式の価値は何十倍、時には何百倍・何千倍にも上昇しますので、資産という点から見ても、一気に大資産家の仲間入りができます。

 

ただし、IPOにはデメリットもあります。その一つが、IPOをした場合はM&Aイグジット※に比べて起業家に入るキャッシュは少ないということです。

※自己資金を投じて会社を起ち上げた起業家が、M&Aでその会社(株式、または事業)を売却すること。起業家はM&Aによって多額の資金を得ることができる。

 

確かに保有株式の価値は高まり、資産価値は上昇しますが、それは現金化がほとんどできない資産です。創業社長は最もインサイダー情報を保有しているといえるので、市場で株式を売買することに制限がかけられるためです。

 

また、創業社長が株を売ったとなれば、それを知った投資家はその会社の株価が下がると判断し一気に売りに回ることがあるためです。

 

IPO時には、公開前のブックビルディングの段階で決定された公開価格で、いくらかの保有株式を売却することはできますが、M&Aイグジットで全株を売却することに比べれば、10分の1程度のキャッシュしか得られないことも普通です。

 

それでも、数億円・数十億円の現金と、その数十倍の株式資産価値が得られるのならそれでいいという考え方もできるので、そこは起業家の考え方次第でしょう。

 

\\10/16(土)開催//
入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

株式会社すばる
代表取締役
公認会計士 

有限責任監査法人トーマツ入所、各種業務の法定監査、IPO支援に携わる。その後、ファイナンシャルアドバイザリーサービス部門にてM&A アドバイザリー業務・財務デューディリジェンス業務・企業価値評価業務等に従事。組織再編によりデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社に異動し、主に国内ミドルキャップ案件のM&Aアドバイザリーとして、豊富な成約実績を収める。
2018年、これまで以上に柔軟に迅速に各種ニーズに応えるべく株式会社すばるを設立。 2019年、M&Aクライアント企業やオーナーへのサービスライン拡充として株式会社保険のすばるを設立し、現在に至る。 2020年、新たな層の獲得のためYouTuber「M&Aの殿堂すばる」としても活動中。

著者紹介

連載売却と起業を繰り返し、自由と金を手にする

シリアルアントレプレナー 連続起業家

シリアルアントレプレナー 連続起業家

牧田 彰俊

幻冬舎MC

日本でも脚光を浴びつつある『連続起業家』という生き方。 150件を超えるM&Aのサポートをした著者が、連続起業家になるための失敗しない起業・会社売却の成功サイクルを解説する! 最近広く知られるようになってきた「連続…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧