世界と比較…「医療先進国・日本」とは名ばかりの残念な実情

コロナ禍で「日本は医療先進国なのに……」というフレーズをよく耳にします。本当に日本は医療分野で先進国なのでしょうか。OECD(経済協力開発機構)による統計から考えていきます。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

病院数、病床数も世界トップクラスの日本だが…

新型コロナウイルスのワクチン接種のゴタゴタが続いています。政府は高齢者接種を7月に終わらせたいとしていますが、多くの自治体が「それは無理!」と白旗状態。誰も経験したことがないことですから、初めから上手くいかないことは誰もが薄々感じていたこと。それでもコロナ禍の収束の期待感もあり、多くの人が苛立ちを隠せません。

 

そもそも新型コロナ対策においては、日本は後手にまわるシーンが多くありました。その枕詞には、「医療先進国なのに……」とついて回りましたが、実際のところはどうなのでしょうか。日本と世界を比べてみましょう。

 

まず人口100万人当たりの「病院数」。「日本」は66.21で主要国中、第2位。トップは「韓国」で75.99です。

 

■主要国「人口当たりの病院数」トップ10

第1位「韓国」75.99

第2位「日本」66.21

第3位「オーストラリア」53.94

第4位「フランス」45.43

第5位「フィンランド」43.69

第6位「ドイツ」37.31

第7位「メキシコ」36.94

第8位「ニュージーランド」34.09

第9位「リトアニア」33.91

第10位「ポーランド」33.6

 

出所:OECD

 

次に人口1000人当たりの「病床数」を見てみると、「日本」は12.98で、2位の韓国と僅差ではありますが、主要国中トップです。

 

■主要国「人口当たりの病院数」トップ10

第1位「日本」12.98

第2位「韓国」12.43

第3位「ドイツ」8.00

第4位「オーストリア」7.27

第5位「ロシア」7.12

第6位「ハンガリー」7.01

第7位「チェコ」6.62

第8位「ポーランド」6.54

第9位「リトアニア」6.43

第10位「フランス」5.91

 

出所:OECD

 

では医師の数はどうでしょうか。人口1000人当たり、日本は2.49。38の主要国のうち31位と、下位に甘んじています。

 

■主要国「人口1000人当たりの医師数」トップ10

第1位「オーストリア」5.24

第2位「ノルウェー」4.81

第3位「リトアニア」4.6

第4位「スイス」4.34

第5位「ドイツ」4.31

第6位「スウェーデン」4.27

第7位「デンマーク」4.19

第8位「ロシア」4.09

第9位「チェコ」4.04

第10位「スペイン」4.02

第31位「日本」2.49

 

出所:OECD

 

もうひとつ、看護師の数を見ていきましょう。人口1000人当たり、日本は11.72で主要国で9位。医師に対して看護師は上位にランクインします。

 

■主要国「人口1000人当たりの看護師数」トップ10

第1位「ノルウェー」17.74

第2位「スイス」17.59

第3位「アイスランド」14.67

第4位「フィンランド」14.26

第5位「ドイツ」13.22

第6位「アイルランド」12.88

第7位「オーストラリア」11.92

第8位「米国」11.89

第9位「日本」11.76

第10位「ルクセンブルク」11.72

 

出所:OECD

 

このように見ていくと、ハードの充実ぶりは日本は世界でもトップクラスですが、人的リソースは貧弱、特に医師については不足している状況が見えてきました。

 

新型コロナウイルスのワクチン接種も遅々として進まないのは、“医師不足”という一面があることが、このランキングからも分かります。

 

\ 注目!対話型セミナー/

会社員は給与だけでは老後資金は築けない…副収入を増やすために何をすべきか? 複数日開催

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情2021

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧