小・中・高校生が憧れる職業1位「会社員」平均年収を聞いたら

大人になったらなりたいもの……親世代であれば、野球選手や歌手・芸能人など、夢のまた夢、というような職業が上位を占めていました。ところがいまの子どもたちは「大人になったら会社員になりたい」といいます。毎日、汗水流して働いている会社員としては、嬉しい限りですが、「本当か?」という疑念も。子どもたちが憧れる会社員の現状を見ていきます。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

いまや「会社員」は、子どもがなりたい職業No.1

今年の3月、第一生命保険株式会社から毎年恒例の「大人になったらなりたいもの」調査の結果が発表されました。全国の小学生・中学生・高校生3000人を対象にアンケート調査を行ったもので、今回で32回目を数えます。

 

小学生・男子の「大人になったらなりたいもの」第1位はというと……その答えは「会社員」。

 

中学生・男子の「大人になったらなりたいもの」第1位はというと……その答えも「会社員」。

 

高校生・男子の「大人になったらなりたいもの」第1位はというと…またまた「会社員」。

 

なんと「会社員」が小・中・高で三冠を達成したのです。さらに小学生・女子の第1位は「パティシエ」ですが、中学生・女子、高校生・女子の第1位もやはり「会社員」と、いまや子どもが憧れる職業といえば「会社員」なのです。

 

憧れの的…(※写真はイメージです/PIXTA)
憧れの的…(※写真はイメージです/PIXTA)

 

「大人になったらなりたいもの」といえば、「野球選手」や「サッカー選手」、「歌手・芸能人」など、ひと握りの人しかなれない職業が人気だった親世代からしたら、「誰もがなれる会社員に憧れるなんて……」と不思議に思うでしょう。第一生命では会社員人気の理由を以下のように分析しています。

 

・コロナ禍の在宅勤務の広がりにより、親の背中を見るようになった

・AI等技術革新により、いまは想像できないような会社が創られ、新しい職業が生まれる可能性があり、子どもなりに「新しい会社員像」を思い描いている

大卒会社員の平均給与…50代前半で823万8100円

このように、子どもが憧れる「会社員」ですが、その現実は……見ていきましょう。

 

大学を卒業して最初に手にする初任給。厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』によると、会社員の初任給は「大学卒」で22万6000円。独身であれば、手取り額は17万7000万円程度です。

 

会社員の平均年収(男女計・学歴計)は、487万2900円(平均年齢43.2歳、平均勤続年数11.9年)。会社員の年収は年齢と共に上がり、大卒の場合「50~54歳」で823万8100円でピークを迎えます。

 

■大卒会社員の平均年収の推移

「20~24歳」328万4900円

「25~29歳」422万3900円

「30~34歳」495万4300円

「35~39歳」572万2400円

「40~44歳」640万8600円

「45~49歳」713万6100円

「50~54歳」823万8100円

「55~59歳」799万7500円

「60~64歳」557万5800円

「65~69歳」487万8600円

 

出所:厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査』より推計

 

\ 7/29(木)開催/

コロナ禍でも「高賃料×空室ゼロ」24時間楽器演奏可能・防音マンション『ミュージションの全貌

GGOとは、GENTOSHA GOLD ONLINE(幻冬舎ゴールドオンライン)の略称。『あなたの財産を「守る」「増やす」「残す」ための総合情報サイト』を掲げ、企業オーナー・富裕層を主要読者ターゲットとして運営している(写真は編集長の立本正樹)。

著者紹介

連載統計から紐解く日本の実情2021

参照:「第一生命『大人になったらなりたいもの』アンケート」

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧