世界で進む「EV化」…急成長市場が抱える、2つの不安要素

いま自動車業界は、ガソリン車から電気自動車への転換、「EV化」の動きが世界中で進み、株式市場でも注目を集めています。一方でEV市場には、大きな不安要素も。株式会社WealthLead(ウェルスリード)代表取締役シニア・プライベートバンカーの濵島成士郎氏が解説します。

EV市場が抱える不安要素①:世界的な「半導体不足」

半導体は、スマホやPC等、様々な製品に利用されており、自動車にも約30個使われています。この半導体の受託生産は、台湾が世界シェアの64%を占めているのが現状です。

 

現在、この半導体が世界的に不足しています。その背景には、コロナ禍以降の巣ごもり需要でゲーム機やPCの販売が急拡大し、半導体メーカーが自動車向けの生産ラインをPCやゲーム向けに切り替えたという背景があります。

 

それに加えて、半導体不足に拍車をかけたのが、2021年に発生したサムスンの米国工場の停電と、日本のルネサスエレクトロニクスの那珂(なか)工場での大規模火災です。

 

その影響はかなり広がってきており、トヨタ、日産、海外メーカーは軒並み車の生産台数が減っており、全世界では150万台以上の減産を余儀なくされています。さらに、半導体の値段が軒並み上がり、車載用の半導体は1割~2割値上がりしました。通常は値引き販売していたものでも、一切値引き販売はなくなりました。

 

では、この半導体不足はいつまで続くのでしょうか?

 

世界最大の半導体受託生産メーカーである台湾セミコンダクターは、大規模な設備投資をして増産を急いでいます。ただし、少なくとも年内(2021年)は半導体不足が続くと言われており、車載用半導体は2023年まで生産数が元に戻らないという話もあります。

EV市場が抱える不安要素②:「サプライチェーン」

EVのアキレス腱と言われているのが、「サプライチェーン」です。そのなかでも、レアメタルの不足に関しては注意が必要です。なぜなら、レアメタルは生産している国が限られているからです。代表的なものを【図表3】にまとめました。

 

【図表3】電池用レアメタル世界生産量

 

精錬済みニッケルは、中国が世界の22%以上のシェアを握っています。リチウムはオーストラリアで60%、コバルトはコンゴ民主共和国で7割近くの生産が行われています。

 

また、レアアース(レアメタルの一種で、スカンジウムなど15元素の総称)は中国への依存度が非常に大きく、アメリカでは約8割、日本でも約6割を中国からの輸入に頼っています。

 

さらに世界のリチウムイオン電池の大規模工場の生産能力は、中国が7割を占めています。つまり、EVに欠かせないリチウムイオン電池と、その製造に欠かせないレアアースの生産は、中国をはじめとした特定の国に偏っており、EV市場にとって大きなリスクです。

 

しかし最近では、このリスクに対応する動きも出てきています。日本、米国、オーストラリア、インドの4ヵ国でQuad(クアッド)という枠組みで連携を強化して、サプライチェーンを見直す動きが出てきています。また、米国のバイデン政権は、半導体やサプライチェーンの強化に3,000億ドルの予算を充てる発表をしました。

 

繰り返しになりますが、現状では、台湾が世界の6割以上の半導体を生産しています。中国が台湾へ政治的圧力を強めているので、今後6年以内に中国が台湾に何らかの軍事的仕掛けをするのではないかという見方も出てきています。

 

もしそうなれば、半導体が一気に手に入らなくなる恐れがあるため、バイデン政権は国内生産への舵を切ったと考えられます。

 

日本でも、電池材料確保のために国内企業が連合する動きが出てきています。国内の55社が連携する新団体が、2021年4月に立ち上がりました。リチウムイオン電池の材料を国内企業で連携して確保したり、新しい方法で開発したりすることが狙いです。

 

特に注目するのが、リチウムイオン電池からリチウムイオン電池を作る「リサイクル」です。実用化までにまだ時間がかかりますが、今後の動向に注目です。

 

■まとめ

EVは、今後大きく伸びるマーケットです。その一方、半導体不足やサプライチェーンの問題があります。その動向次第では、関連する会社の株価が大きく上がったり下がったりするケースも出てくると考えられます。

 

しかし、EV関連銘柄への投資に限らず、株式投資は株価の上下そのものではなく、①その企業がしっかり成長するのか、②事業に投資する価値があるか、の2つを見極めて中長期的に判断することが重要です。

 

 

【この記事を動画で見る】

【動画】拡大するEVのアキレス腱~半導体不足とサプライチェーンに要注意~

 

濵島成士郎

株式会社WealthLead

 

 

【7-8月開催のセミナー】

※ 【7/31開催】入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

 

※ 【7/31開催】安定収益&売却益も狙える「豪・ブリスベン不動産投資」

 

※ 【8/7開催】投資すべき国No.1「フィリピン」日本人向け永住ビザ最新情報

 

※ 【8/7開催】ジャルコのソーシャルレンディングが「安心・安全」の根拠

 

※ 【8/7開催】今世紀最大のチャンス「エジプト・新首都」不動産投資

 

※ 【8/8開催】実例にみる「高齢者・シニア向け賃貸住宅」成功のヒント

 

※ 【8/11開催】補助金「10割」!社会貢献と安定収益を両立「児童発達支援事業」

 

※ 【8/17開催】賃貸物件による「超減価償却節税商品」活用術

 

※ 【8/18開催】1事業所売上3,000万円強、利益1,000万円「児童発達支援事業」

 

※ 【8/20開催】「日本一富裕層に詳しい税理士」が教える、相続対策のノウハウ

 

※ 【8/21開催】今が変更前のラストチャンス!ポルトガル「ゴールデンビザ」

 

※ 【8/21開催】利回り20%/売却益2千万円を狙う「中古1棟アパート投資」

 

※ 【8/22開催】成長続ける教育「ECCの個別指導塾」ベストワンという選択

 

※ 【8/22開催】快適住空間と安定収益「賃貸併用住宅」ゆとり暮らし実現化計画

 

※ 【8/25開催】中小企業経営者必見!会社法を駆使した「株価対策」

 

※ 【8/28開催】国内最強の別荘地「軽井沢」のすべてを学ぶ

 

※ 【8/28開催】利回り20%以上の投資能力が身に付く「ダイヤモンド空き家投資」

 

少人数制勉強会】30代・40代から始める不動産を活用した資産形成勉強会

 

医師限定】資産10億円を実現する「医師のための」投資コンサルティング

 

【対話型セミナー/複数日】会社員必見!副収入を得るために何をすべきか?

 

【40代会社員オススメ】新築ワンルームマンション投資相談会

株式会社WealthLead
代表取締役
シニア・プライベートバンカー

1965年神戸市生まれ、千葉県松戸市出身。小学2年生から國學院高校時代までは剣道、信州大学経済学部入学後は夏のバイク、冬のスキーに没頭。

1988年4月、新日本証券(現みずほ証券)入社。生まれ故郷の神戸支店を皮切りに営業店、本社営業企画部門と人事部門、グループ会社での金融プロフェッショナル教育に従事。横浜西口支店等、4店舗の支店長も務める。

2度の合併(2000年新光証券、2009年みずほ証券)はあれど、30年に渡る証券マン人生の大半を富裕層個人と中小企業の資産運用、M&A、IPOに携わる。

駆け出しの頃に飛び込みで開拓したお客さまが後年上場を果たし、そのカッコいい姿を見て「いずれ俺もああなりたい!」と起業を夢見るようになる。

2011年の東日本大震災を目の当たりにして、「やりたいことに挑戦しないまま死んだら絶対に後悔する!」と若いころからの夢である起業を決意。2017年12月末みずほ証券を退職、2018年3月、53歳の時に創業。

全国205名(2021年3月現在)しかいない、日本証券アナリスト協会認定シニア・プライベートバンカー。YouTube『富に導くFAチャンネル』も運営している。

著者紹介

連載豊かな老後を過ごすための「資産形成術」

※本文書は貴社の責任と判断で利用いただくものであり、弊社は、貴社又は第三者が本文書に基づいて行われた検討、判断、意思決定及びその結果について法律構成・請求原因の如何を問わず一切の責任を負わないものとします。

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧