不審者侵入や放火、不法投棄…全国的に深刻化する空き家問題

高齢化、人口減少…全国で問題になっている空き家問題。大阪経済法科大学経済学部教授の米山秀隆氏の書籍『限界マンション 次に来る空き家問題』(日本経済新聞出版社)より一部を抜粋・編集し、空き家が増えることの問題点について解説します。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

全国の空き家率は過去最高を記録…13.6%の衝撃

5年に1度行われている総務省「住宅・土地統計調査」によれば、2018年の全国の空き家数は848万戸、空き家率は13.6%と過去最高を記録した。

 

空き家には、「売却用」「賃貸用」「二次的住宅(別荘等)」「その他」の4つの類型がある。このうち特に問題となるのは、空き家になったにもかかわらず、買い手や借り手を募集しているわけではなく、そのまま置かれている状態の「その他」の空き家である。たとえば、親の死亡後、そのままにしておくケースがこれに当たる。

 

「その他」の空き家の大半は木造戸建てである。そのほか、募集を止めた賃貸住宅や分譲マンションで空室化したものなど共同住宅の空き家も含まれる。住まなくても維持管理を行っていれば問題はないが、放置期間が長引くと倒壊したり、不審者侵入や放火、不法投棄の危険性が増すなど周囲に悪影響を及ぼす問題空き家となる。

 

2015年5月に全面施行された空家法では、「倒壊等著しく保安上危険」「著しく衛生上有害」「著しく景観を損なっている」などの状態の空き家を「特定空家」と指定し、立入調査のほか、指導、勧告、命令、代執行などの措置をとることが可能になる。腐朽・破損ありのもののうち特に状態の悪いものが、これに該当する可能性が高い。

 

(写真はイメージです/PIXTA)
(写真はイメージです/PIXTA)

 

一方、住宅全体に占める「その他」の空き家の割合は13.6%と、これも5年前(5.3%)に比べ上昇した。都道府県別では、山梨(21.3%)、和歌山(20.3%)など過疎で悩む県が上位となっている。これに対し都市部では低く、東京は10.6%である。

 

「その他」の空き家率は、高齢化率との相関が高く、高齢化率の高い都道府県ほど、「その他」の空き家率が高くなっている。今後、高齢化率が上昇していくにつれ、「その他」の空き家率も上昇していくことが予想される。

 

都市部では「その他」の空き家率は低いが、低いから問題が少ないというわけではない。都市部では「その他」の空き家率は低くても、「その他」の空き家の数は多い。「その他」の空き家の数が一番多いのは東京で、次いで大阪となっている。

 

また、都市部では住宅が密集しているため、問題空き家が1軒でもあると近隣への悪影響が大きいという問題がある。

 

\\10/16(土)開催//
入居率99%を本気で実現する「堅実アパート経営」セミナー

大阪経済法科大学経済学部教授 

経歴
2020年9月~ 大阪経済法科大学経済学部教授
2020年8月~ 総務省統計局「2023年住宅・土地統計調査に関する研究会」メンバー
2019年10月~2020年8月 国立研究開発法人勤務
2019年4月~2019年9月 株式会社シンクダイン
2016年6月~2017年10月 総務省統計局「2018年住宅・土地統計調査に関する研究会」メンバー
2009年4月~2017年3月 高崎商科大学非常勤講師
2007年7月~2010年3月 慶応義塾大学グローバルセキュリティ研究所客員研究員
2004年2月~2019年9月 「ESPフォーキャスト調査」フォーキャスター
1996年4月~2019年3月 株式会社富士通総研
1989年4月~1996年4月 株式会社富士総合研究所
1989年3月 筑波大学大学院経営・政策科学研究科修了(経済学修士)
1986年3月 筑波大学第三学群社会工学類卒業

著者紹介

連載「マンション限界時代」スラム化していくマンションたち

限界マンション 次に来る空き家問題

限界マンション 次に来る空き家問題

米山 秀隆

日本経済新聞出版社

進む、建物の老朽化と住民の高齢化。 老朽化マンションの放置・スラム化は不可避なのか? マンションは終の棲家にならないのか? ▼老朽化したマンションの末路は、スラムか廃墟か。居住者の高齢化と建物の老朽化という「2…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧