「レジのビニールシートは消毒の必要なし」感染症医が語る理由

テレワークや時差出勤、マスク、消毒、手袋…。巷では多くのコロナ感染対策が取られていますが、実はあまり意味を為していないものも存在します。感染対策はシンプルです。なにを優先すべきなのか、対策の基本について感染症医が解説していきます。※本記事は、岩田健太郎氏の著書『僕が「PCR」原理主義に反対する理由』(集英社インターナショナル、2020年12月刊)より一部を抜粋・再編集したものです。

最も単純な感染対策は「人と同じ行動を避けること」

感染症という概念は分かりにくい。

 

しかし、感染を防御する方法はわりとシンプルです。あらゆる感染症には感染経路があって、その感染経路を遮断すればいい。エボラでも、エイズでも、インフルエンザでも、あるいは新型コロナのような未知のウイルスであっても、それは同じです。それが「正しく恐れること」の第1歩です。個人にできる最も単純な感染経路の遮断は、なるべく外出をしないことです。

 

1歩も外に出ず生きていくことはできませんが、人との接触を減らすことは、それぞれの生活の中でできます。人との接触を減らせば減らすほど、感染リスクは減らせます。ですから、テレワークで仕事に支障がない人なら、ぜひともテレワークをするべきです。

 

「上司は出勤しているのだから、自分だけ家にいるわけにはいかない」

 

消毒については、モノではなく「手」を基準に考えると楽になるという。(※写真はイメージです/PIXTA)
消毒については、モノではなく「手」を基準に考えると楽になるという。(※写真はイメージです/PIXTA)

 

そんなことを言う人がわりとたくさんいますが、そうした気配りは非常時にはリスクになります。「上司に合わせる」とか「同僚に合わせる」という理由だけで出勤して、たとえば満員電車で新型コロナをうつされてしまえば、上司や同僚だって感染するかもしれないのですから。

 

大事なのは、「仕事ができるか、できないか」です。「まわりに合わせるかどうか」ではありません。「みんなが出勤しているのに、アイツだけ家で仕事をしているのはおかしい」などという同調圧力に屈しないこともまた、感染経路の遮断であるわけです。

 

人によっては、あるいは職場によっては、それは簡単ではないかもしれません。「自分だけがテレワークなんて、とても無理」という声は、よく耳にします。しかし、そこで思考を止めるべきではありません。できない理由を見つけたからといって、考えるのをやめてはいけない。できない理由は、乗り越えるべきハードルです。

 

どうしても出勤しなければならないのなら、午前中は自宅で仕事をして、電車の空いている時間帯に通勤するとか、せめて1日おきに出勤するとか、方法はさまざまあるのではないでしょうか。

 

いずれにしても、感染が終息するまでは「人と同じ行動」はリスクです。

 

人と違うことに耐える。人と違うことを許す。組織でも個人でも、この2つを徹底するのが大切です。横並びの発想はいったん捨てなければならない。新型コロナを機に、永久に捨ててしまってもいいと僕は思っています。

 

神戸大学病院感染症内科 教授

1971年島根県生まれ。島根医科大学(現・島根大学)卒業。沖縄県立中部病院、ニューヨーク市セントルークス・ルーズベルト病院、同市ベスイスラエル・メディカルセンター、北京インターナショナルSOSクリニック、亀田総合病院を経て、2008年より神戸大学。神戸大学都市安全研究センター医療リスクマネジメント分野および医学研究科微生物感染症学講座感染治療学分野教授。神戸大学病院感染症内科診療科長。著書に『「感染症パニック」を防げ! リスク・コミュニケーション入門』(光文社新書)、『感染症は実在しない』(インターナショナル新書)、『ぼくが見つけたいじめを克服する方法』(光文社新書)など多数。

著者紹介

連載感染症専門の内科医が「PCR」原理主義に反対する理由

僕が「PCR」原理主義に反対する理由 幻想と欲望のコロナウイルス

僕が「PCR」原理主義に反対する理由 幻想と欲望のコロナウイルス

岩田 健太郎

集英社インターナショナル

なぜ、ノーベル賞科学者でさえも「コロナウイルス」が分からないのか? その理由は日本人独特の「検査至上主義」にあった! 人間の体は宇宙よりも謎に満ちていて、素粒子よりも捉えがたい。そのことを知らないで、「机上の…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧