コロナ禍で「椎間板ヘルニア予備軍」が激増した理由とは?

現代日本人の約2800万人が発症している「腰痛」のうち、2~3%が「椎間板ヘルニア」だと言われています。しかし医師に相談しても、具体的な対処法がなかったり、一生治らないといわれたり、困っている腰痛患者が多いのではないでしょうか。本連載では、現役医師である伊東信久氏が、コロナ禍に急増している「椎間板ヘルニア」の原因について解説していきます。

【期間限定/参加特典付】
医師だけしか買えない「不動産投資物件」ご紹介WEBセミナー 

働き盛りの40〜50代は「椎間板ヘルニア」に要注意!

腰痛を医者に訴えても真剣に取り合ってもらえず、年齢的なことや坐骨神経痛と診断されるなど、はっきりした原因が分からないままの状態で、痛み止めや湿布で対処されている人は少なくありません。

 

しかし、このような人をMRIで撮ってみると、ほとんどの場合で腰の椎間板ヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)が見つかっているのです。

 

腰椎椎間板ヘルニアというと、高齢者が発症する病気だと思われるかもしれませんが、実際には働き盛りの40〜50代にピークがあり、男性には女性の約2倍の頻度で見られる病気なのです。

 

だからこそ腰痛の患者さんに対し、椎間板ヘルニアを疑って検査をする必要があるのですが、そこまで親身になってくれる医者は少ないように感じてなりません。

 

(画像はイメージです/PIXTA)
(画像はイメージです/PIXTA)

スマホの使い過ぎで「頸椎椎間板ヘルニア」が急増

椎間板ヘルニアというと、以前は圧倒的に腰に多い症状でしたが、ここ数年は若者を中心に首の椎間板ヘルニア患者が増えています。

 

その原因は、スマートフォンの使い過ぎにあると考えられています。スマートフォンを見るときは、長い時間深くうつむく姿勢を取るようになるので首にかかる負担が大きくなり、利用頻度が高いほど首の椎間板ヘルニア(頸椎椎間板ヘルニア)になるリスクが高くなります。

 

現代はスマートフォン1台で、日常生活の大半のことは済ませられる便利な時代になりました。それだけに片時も手放せなくなり、浴室に持って入ったり、寝る際には枕元に置いていたりする若者が多いと聞き及んでいます。

 

その代償として頭痛、首・肩の凝りや痛み、眼精疲労、不眠、めまい、耳鳴りといったさまざまな身体の不調に悩まされている人が増えています。

 

数年前になりますが、新聞に「韓国若者に首の異常急増」「スマートフォンやり過ぎ一因か」という見出しの記事が出ていました。

 

小さな記事ではありましたが、専門医である筆者としては見過ごすわけにはいかず、いずれは日本も同じ状況になると危惧していました。それが、とうとう現実となってきたようです。

 

実際に、米国の研究でスマートフォンを使用する人は、使用しない人に比べて背中の上部、首の痛みを訴えることが多いことを、『The Spine Journal』誌に掲載の研究結果を引用してロイター通信社が報じていました(※1)。

 

(※1:スプートニク日本「スマホ利用者になぜ椎間板ヘルニアが多いのか?科学的根拠が明らかに」2017年4月16日)

 

それによると、整形外科医のトッド・ランマン氏とジェイソン・クエラル氏が、若い患者さんのなかに背中に強い痛みを訴える人が増え、椎間板ヘルニアになる人が増えたことに気づき、レントゲン写真を分析した結果、これらの患者さんの首に普通では見られない湾曲があることを発見したというものでした。

 

これは毎日数時間にわたって不自然な姿勢でスマートフォンを使用することから生じた、異常な湾曲だったとしています。

 

\\11/2(火)開催//
2023年3月末日まで 投資金額4,200万円 ⇒ 2,900万円の 「一括償却」 “コインランドリー事業”

伊東くりにっく、医療法人社団眞愛会 伊東くりにっく院長、医療法人社団眞愛会理事長

神戸大学医学部医学科卒業後、大阪市立大学大学院医学研究科に入学。
修了後、大阪市立大学形成外科医局を経て、麻酔科、脳神経外科、整形外科など多岐にわたる医療現場で活躍する。
「腰痛の悩みを抱える患者が、原因や病名を正しく認知し適切な治療に臨めるように」と椎間板ヘルニアをレーザーで治療するPLDD(経皮的レーザー椎間板髄核減圧術)専門クリニックとして、2006年に開業。また、がんの最先端治療の一つであるNKT細胞がん治療にいち早く着目するなど、「人生100年時代」を見据えた最前線の医療の提供に尽力する。

著者紹介

連載椎間板ヘルニア治療のウソ・ホント

椎間板ヘルニア治療のウソ・ホント

椎間板ヘルニア治療のウソ・ホント

伊東 信久

幻冬舎メディアコンサルティング

多くの現代人の悩みである腰痛・首痛。 その原因の一つである椎間板ヘルニアには、さまざまなウワサがあります。「手術しても完治しない」「安静にしていれば自然に治る」など…。 本書では、そんなウワサの真偽を椎間板…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧