医師の診断「坐骨神経痛ですね」を信じてはいけない理由

日本人の約2800万人が発症している「腰痛」のうち、2~3%は「椎間板ヘルニア」だといわれています。しかしいざ病院を受診してみても、対処法が少なく、困っている人が多いのです。本連載では、現役医師である伊東信久氏が、「椎間板ヘルニア」の症状や治療法についてわかりやすく解説します。

【医師限定】節税、開業、資産形成…全部叶える!
資産家ドクターになる「不動産投資」講座 開催中>>

日本人の約5人に1人は「腰痛」に悩んでいる

今や腰痛は“国民病”といわれるほど日本人に多い疾患の代表です。厚生労働省研究班の調査(2013年)によると、約2800万人が腰痛に悩んでいることが分かりました。割合でいうと、なんと5人に1人、40〜60代では2人に1人が腰痛もちなのです。そのうちの2〜3%が腰の椎間板ヘルニアだとされています。

 

日本人の8割は一生のうちに一度は腰痛を経験しているといわれています。一過性の腰痛の人もいるのですが、先の調査結果のように多くの人が慢性化してしまっているのが現状です。

 

(※写真はイメージです/PIXTA)
(※写真はイメージです/PIXTA)

 

実際に、働き盛りで腰痛もちの30〜40代の男女(2万3391人)を対象にした腰痛の実態調査(※1)を見ても、腰痛歴が男性で約10.4年、女性で約9.5年と長く、慢性化していることが分かりました。

 

この調査結果の興味深いところは、腰痛を感じる時間帯が18時から20時台(52.3%)が最多で、次いで15時から17時台(49.3%)となっており、一日の疲れを感じる夕方から夜にかけてが、痛みのピークになっていること。また、56.3%の人が腰痛で日常生活に支障があると答えていた点です。

 

(※1:第一三共ヘルスケア株式会社「30代・40代の全国47都道府県男女50000人に聞く、肩こり・腰痛調査もしも、肩こり・腰痛がなくなったなら日本人の幸福度は4割増」2016年9月7日)

 

ところが、腰痛対策となると、ほとんどの女性がなんらかの対処をしているのに対し、男性は3割近くの人が放置しています。さらに、慢性化した人の8割(男女)は腰痛になっても放置し続け、痛みがひどくなってからようやく医療機関に駆け込むといった傾向があるようです。

 

 

\\9/25(土)開催//
【相続税対策】人気不動産小口化商品「セレサージュ」シリーズ新商品、情報解禁!

伊東くりにっく、医療法人社団眞愛会 伊東くりにっく院長、医療法人社団眞愛会理事長

神戸大学医学部医学科卒業後、大阪市立大学大学院医学研究科に入学。
修了後、大阪市立大学形成外科医局を経て、麻酔科、脳神経外科、整形外科など多岐にわたる医療現場で活躍する。
「腰痛の悩みを抱える患者が、原因や病名を正しく認知し適切な治療に臨めるように」と椎間板ヘルニアをレーザーで治療するPLDD(経皮的レーザー椎間板髄核減圧術)専門クリニックとして、2006年に開業。また、がんの最先端治療の一つであるNKT細胞がん治療にいち早く着目するなど、「人生100年時代」を見据えた最前線の医療の提供に尽力する。

著者紹介

連載椎間板ヘルニア治療のウソ・ホント

椎間板ヘルニア治療のウソ・ホント

椎間板ヘルニア治療のウソ・ホント

伊東 信久

幻冬舎メディアコンサルティング

多くの現代人の悩みである腰痛・首痛。 その原因の一つである椎間板ヘルニアには、さまざまなウワサがあります。「手術しても完治しない」「安静にしていれば自然に治る」など…。 本書では、そんなウワサの真偽を椎間板…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!