普通の家庭で育った子どもは「私立医学部は不向き」という理由

近年、医学部志願者が急増している。その要因として、医師という職業に対する安定志向の高まり、私大医学部の学費値下げ(東京女子医科大学など、現時点では数校値上がりしている大学がある)などがあげられる。これによって、従来からの医師家庭や富裕層にサラリーマン家庭が続々参戦。全国の82医学部入試が難易度が上昇している。では、どうすれば難関の医学部を突破できるのか。わが子の育て方、接し方から入試対策までを明らかにする。本連載は小林公夫著『わが子を医学部に入れる』(祥伝社新書)から一部を抜粋し、再編集したものです。

医師の方はこちら
無料メルマガ登録はこちら

医師国家試験、「合格率」の裏事情

医師国家試験の合格率比較

 

経済的な観点の他に、国公立医学部と私立医学部のどちらを選ぶかで重要なポイントは、医師国家試験の合格率です。一般的に、国公立医学部のほうが合格率が高いイメージがあるようですが、そうとも言えません。

 

実際どうなのか、少々〝裏事情〞を述べましょう。国公立医学部は基本的に6年生全員が受験する傾向にあるようですが、私立医学部は成績の悪い学生は受け控えをする大学があると推測されます。

 

最近の状況はわかりませんが、私が複数の医学部受験予備校で講師をしていた頃、某私立医学部に通う教え子から、高学年のクラスが2クラスに分かれていることを聞いたことがあります。成績が良くて医師国家試験を受けられるクラスと成績がもうひとつで医師国家試験を受けられないクラスです。後者は医師国家試験を受けても不合格になるリスクが高く、そうすると大学の合格率が下がってしまうので受験を控え、翌年にチャレンジするとのことでした。

 

 

このように書くと、私立の医学生は出来が悪いように聞こえるかもしれませんが、けっしてそういうことではありません。私立医学部は学費が高いため、医師国家試験の合格率が低いと、翌年の医学部受験者数がガクッと減ってしまいます。これは、そのような事態を避けるための配慮であり、確実に受かる力のない6年生は医師国家試験の受験を控えてもらうという程度です。

 

逆に言えば、合格率に敏感な私立医学部のほうが、国公立医学部よりも面倒見がいいとも言えます。一例ですが、金沢医科大は6年生の夏に強化合宿があり、医師国家試験対策を行なっているそうです。また、兵庫医科大は大学に医師国家試験予備校の導入を先駆的に行ないました。

 

いっぽう、国公立医学部は「放任」と言うとおおげさかもしれませんが、優秀な学生たちの自学自習に任せています。ところが、なかには努力を怠る者もいるようで、不合格となって合格率を80%台に引き下げてしまうのです。このように見ていくと、ある意味で、管理体制という視点からは、私立医学部に軍配が上がるかもしれません。

 

私立医学部ばかりを持ち上げているようですが、もちろん別の視点もあります。大学の研究に対して、国が出す科学研究費補助金(科研費)が、旧帝大と私立大では段違いである点です。

 

文部科学省によると、2014年度科研費配分額は、東大がもっとも多く約168億円、次が京大の110億円、私立大では慶應義塾大が27億円、順天堂大が7億円となっています。科研費が多いほうが研究の幅が広がるため、この点を揶揄して「腐っても鯛」ならぬ「腐っても国立」と言う人もいるほどです。

 

【オンライン(LIVE配信)】7/17(土)13:00開催
コロナ禍でも満室!「トレーラーホテル」投資の新しい資産運用
「安心・安全」の利回り8.5%の商品力 詳しくはこちら>>>

 

 

作家 医事法学者

東京都出身。一橋大学大学院法学研究科博士後期課程修了、一橋大学博士(法学)。現在は獨協医科大学医学部医学科で医事法制の担当教員のほか、医学部専門予備校クエスト、医学部受験予備校インテグラ、家庭教師のトライで講師を務めている。また、医学部受験情報を発信するFM栃木RADIOBERRY「ハカセ公夫の受験ホットほっとライン」で、DJも務める。主著にシリーズ累計25万部を超える『「勉強しろ」と言わずに子どもを勉強させる法』「オトバンク FeBe版 勉強しろと言わずに子供を勉強させる法」(以上、PHP研究所)など。長く医学部受験を指導しており、『医学部の面接』『医学部の実戦小論文』(以上、教学社)は医学部受験生のバイブルである。なお、東大受験漫画『ドラゴン桜』9巻にも登場している。活動状況は小林公夫のオフィシャルサイト、アメブロ、Facebookなどをご覧ください。著者撮影/佐々木健

著者紹介

連載東大よりも医学部!わが子を医学部に入れる方法

わが子を医学部に入れる

わが子を医学部に入れる

小林 公夫

祥伝社

近年、医学部志願者が急増しています。その要因として、医師という職業に対する安定志向の高まり、私大医学部の学費値下げなどがあげられます。これにより、従来からの医師家庭や富裕層にサラリーマン家庭が参戦。全国の82医学…

メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。カメハメハ倶楽部主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、行動するための情報を厳選してお届けします。

登録していただいた方の中から
毎日抽選で1名様に人気書籍をプレゼント!
会員向けセミナーの一覧